コンテスト

まったりのんびり過ごしている今日この頃。
一時はずーんと沈み込んでいましたが、元気と言える毎日を過ごしております。
復活する日もそう遠くないなぁと思った20日目の日です。

そんな中、嬉しいことがありました。
つい先日のことです。
お世話になっている投稿サイトFujossyさまのコンテストで、「おいしい恋が舞い降りる」を一次選考に残してもらえました。
200作品以上の中から30作品の一つに選出されました。
こちらは読者投票も行われるコンテストです。

正直、わたしは宣伝をまったくしていなかったので、票を入れてもらえる可能性を考えていませんでした。
それでもきっと何名様か、入れてくださったのだろうなと思うと、ありがたさしかないです。
いつの時も読者様に支えられているなと思わずにいられません。

このあと二次選考、、最終選考と続きます。
結果発表は10月頃なので、二次は来月でしょうか。
大きな期待はせずに発表を待とうと思います。
今回の一次通過だけでも十分にわたしには嬉しいことだからです。
筆を折ったわたしに、まだ書いてもいいんだよって、だいじょうぶだよって言われた気分になりました。
駄目な結果でも報告しますね。

いつも応援ありがとうございます。
いまは早く復活報告ができるよう英気を養いたいと思います。

わりと元気にしてます

休止宣言から10日過ぎましたが。
わたしはわりと元気にしております。
途中で全部放り投げたことにやるせなさを感じてはいるのですが、少し前向きな気持ちも湧いてます。
各所で休止について温かい言葉をいただきまして、気持ち的にも癒やされました。

いまはもうやめようと思っていた公募も、先のことを考えたり。
もう少し気持ちが落ちついたらなにかリハビリに書こうと思ったり。
ゆっくりですが落ち込みからは抜けてきました。

とはいえまだ胸に刺さった棘が抜け切れていないので、すぐに復活とはいかないかもしれません。
もう少し時間をかけてゆっくり自分と向き合っていこうと思います。
まあ、とはいってもあんまりのんびりしていると腕も鈍るので(笑)
なるべく早い帰還を目指しております。

ご心配とご迷惑をおかけしますが、ゆるりとお待ちいただけると嬉しいです。

8/9のお返事です

本日の記事に拍手たくさんありがとうございました。
いまはだいぶ落ちつきましたのでゆっくりゆっくり頑張っていこうと思います。


黒須様
優しいお言葉ありがとうございます。
こう発作的にもうだめだー!!って思うことよくあるのですがさすがにプツンと切れると駄目ですね💦
しばらくはのんびりゆっくり過ごしていこうと思います。
応援いつもありがとうございます!!

悔しいです

こういう決断しか下せなかった自分が残念でなりません。
正直自分に負けたことが悔しいです。
いまも考えるだけで涙がこぼれてきて。
わたしから書くことを取り上げたらなにが残るんだろうってすごく思います。
苦しい気持ちからは逃れられたけど。
本当にこれで良かったのかなって。

でもいまの気持ちのままではなにもいいものは生まれないと思うのも確かです。
結局今年はやるって言ってたことをなにもできなかった。
そのことでもふがいなさを感じます。

心の底にあるのは矛盾した気持ちで。
書きたかった、まだ書きたいという想いでいっぱいです。
でも気持ちと心はやっぱり別で、なにかを書くことに自信がなくなって。
やっていくことに不安ばかりになって。
もうどうしたらいいのかわからなくなってしまいました。

いまのわたしにとって創作はライフワークです。
執筆を頑張れていたから気持ちも前向きでいられた。
これから先を思うとちょっと不安です。
でもいったんリセットは必要なのだと思うから。
しばらくはインプット期間にしようと思います。

作品を楽しみにしてくれていた皆さまには大変申し訳なく思っております。
元気になったあかつきにはまたたくさんのお話を届けられるよう頑張ります。

執筆活動をしばらく休止します

作品がお届けできていない中で心苦しい決断ですが。
しばらくのあいだ執筆活動を休止します。
1,2ヶ月で帰ってくるかもしれないですし、半年一年かかるかもしれないのですが。
書きたい気持ちが戻ってくるまでしばらくのあいだ休みを頂戴します。
理由は色々あるのですが詳しい理由はここでは割愛させていただきます。

プツンと糸が切れてしまった状況で心身的にも無理だなと感じたので。
お伝えするなら早いほうがいいと思いました。
公募もこの先の予定を全部取りやめます。
今後もう出さないかもしれません。

復活できるだけの気力が戻ってきたらその後のことを考えたいと思います。
おやすみが長くなればなるほど読者さんも離れてしまうだろうな、と思うのですが。
暑中見舞いのSSも途中まで書いていたのですがそれも進まず。
いまは焦りや執筆しなくちゃ、という強迫観念ばかりが先に出て書けそうにありません。

読者さんの存在は励みでした。
本当にありがとうございます。
勝手な決断でがっかりさせてしまったと思います。
しばらくはのんびりお絵描きなどをして気持ちを落ち着けて休養して、心が復活したらまた戻ってきます。
その時はまた広い作品の海から見つけていただけたら嬉しいです。