始まりの日03

 シャンパンを二杯も空けて四、五十分近くをこらえたのは我ながら頑張ったと思う。酔いで天井がぐるぐると回るけれど、それでも後悔はしていない。優哉のいろんな話を聞けた。男性は顔が広いのかいろんな人が集まってきて、ほかにも店に携わった人たちの話を聞くことができたのだ。それだけで時間は無駄ではなかったと思える。

「佐樹さん、大丈夫?」

 ぐらつく頭と響くような頭の痛みに顔をしかめたら、額にひんやりとした優しい手が触れた。その心地いい感触に思わず息をついてしまう。閉じていた目を開くと僕の顔をのぞき込む優哉の姿が見えた。

「うん、大丈夫だ。まだちょっと頭がぐらつくけどもう少しすればマシになる」

「無理はしないでくださいね」

「ああ、もう片付け終わったのか?」

 僕が横になっているのは店の二階にある事務所のソファだ。酔っ払って動けなくなった僕を優哉がここまで運んでくれたようだ。後片付けや明日の準備もあるというのに、余計な手間をかけさせてしまった。これだけはいま反省している。

「さっき二人に上がってもらったところです」

「そうなのか、気づかなかった」

 店の二階は事務所のほかに一角を更衣室として使っている。けれど二階にエリオや日笠さんが来たのは気がつかなかった。二人にも迷惑をかけたし、今度顔を合わせる時に謝ろう。

「もう帰れるなら帰ろうか」

「まだ横になっていて大丈夫ですよ。これからタクシーを呼びますから」

 身体を起こそうとしたらそっと肩を押し止められた。目を瞬かせて優哉を見るとやんわりと笑みを返される。そういえばいまは何時になったのだろう。月明かりが窓から射し込むだけの室内は半分くらいは闇に隠れている。僕が眠っているから明かりはつけずにいてくれたのだろうか。

「悪かった。結局迷惑かけちゃったな」

「俺も飲んでるとは気づかなくて、すみません」

「いや、これは自己責任だ。気にするな」

 向こうはそれをアルコールとは知らずに勧めてくれたのだ。僕が無理して飲まなければこうはならなかった。やはり配慮にかけていたのは僕だろう。

「あんまり無茶しないでくださいね。びっくりして心臓が止まりそうだった」

「うん、悪い」

「顔色、少しよくなりましたね」

 長い綺麗な指先がさらさらと僕の髪を撫で梳くのが気持ちがいい。思わずうっとりと目を細めたら、ふいに近づいた優哉の唇が僕のそれに重なる。心が温かくなるような優しい口づけを与えられて、頭に響いていた痛みが少し和らいだような気がした。

「優哉」

「なんですか?」

「うん、今日は楽しかったよ。みんなの笑顔が見られて幸せな気持ちになった」

「そうですか。それはよかった」

 僕の言葉に優哉は至極嬉しそうに笑う。その笑顔はどこか晴れやかで、彼自身もきっと満足いく一日だったんじゃないだろうか。今日店に訪れた人たちは身内ばかりだったけれど、あそこで見た笑顔は嘘偽りないまっすぐな感情だ。
 店の名前の通りに幸せを与えることができた、そんな風に思うのは間違いじゃない気がする。みんな本当に幸せそうに優哉の料理を食べていた。エリオや日笠さんが忙しく走り回ってしまうくらいにだ。

 あの日の夢が現実に変わり、少しずつそれは確かな形になった。目の前に広がる未来がとても眩しくて、そこに立つ優哉を見ていると胸がいっぱいになる。一人きりで戦っていた以前の優哉はもうそこにはいなくて、いまはたくさんの笑顔が彼の周りにあふれている。それがひどく嬉しかった。

「明日からまた大変だろうけど、お前ならきっと大丈夫だって信じてる」

「ありがとうございます。もうここは俺一人だけの場所じゃないから、この場所をなくさないように頑張ります」

「うん、エリオも日笠さんもいる。頑張らないとな」

 頼れる仲間もいて、お店はこれ以上ないくらいに完璧なんじゃないかと思う。あとはどれくらいの人が足を運んでくれるか、それだけだ。最初から順風満帆とは行かないかもしれないけれど、誰かの心に残る場所になればいいなと思う。そしてなにより優哉が笑顔でいられればいい。

「いま、お前の傍にいられることがすごく嬉しいよ」

 旅立つ前は傷つきやすい脆さがあったけれど、離れているあいだに彼はとても強くなった。自分の意志をちゃんと持ち、それを諦めない心を持っている。だからこの先の道も明るく開けている気がした。

「俺も、あなたの傍にいられることがすごく幸せです。またこうしてあなたに触れることができる。それだけですべてに感謝したくなる。佐樹さん、待っててくれてありがとう」

 そっと伸ばされた手に優しく頬を撫でられた。その手に自分の手を重ねてゆっくりと目を閉じると、ぬくもりがじわりと胸に広がるようでひどく安心できる。
 いままでもこのぬくもりを感じて幾度となく胸を高鳴らせ、喜びを感じた。それは言葉にはし尽くせないあふれるほどの感情だ。この先もきっと色褪せることなくその想いは続いていくのだろう。

「優哉」

「なに?」

「……抱きしめて、欲しい」

 瞳を見つめて両腕を伸ばせば、それに応えるように彼はゆっくりと近づいてくる。そしてほのかな期待を宿す心を見透かすみたいに、息さえも絡め取るような口づけが与えられる。
 アルコールでしびれる身体にはそれは少しばかり過ぎた感覚で、鼻先から甘え縋るような声が漏れてしまった。けれどそんな声を漏らせば漏らすほど、優哉は嬉しそうに目を細める。背中を抱きしめる手に力を込めたら、強く抱き寄せられた。

「そんな意地悪い目で見るな」

「すみません。でも佐樹さんがあまりにも可愛いから」

 艶めいた光を含むまっすぐな瞳を向けられて、それを見ているだけで頬が火照っていく。気恥ずかしくなってほんのわずか視線をそらしたら、それを引き戻すように口づけられた。触れる熱に肩を震わせれば、唇を割り滑り込んだ舌に口内を撫でられる。それだけなのにひどく肌がざわめいて、縋るように優哉の背中を抱きしめた。

「佐樹さん、触れてもいい?」

「あ、だ、駄目だ。こんなところでお前に触れられたら、来るたびに思い出しちゃうだろ」

「少しだけ、ほんの少しだけでいいから」

 頬やこめかみに口づけてくる優哉の肩を押したら、甘えるような視線でこちらを見つめてくる。僕がその目に弱いと知っていて、彼はわざとそんな素振りを見せるのだ。ずるい、そう思うのに、やっぱり優哉のその目には弱くて、肩を押す手が遠慮がちになってしまう。

「可愛い。好きだよ、佐樹さん」

「お前はいつもそんな言葉で、僕のことを手のひらの上で転がそうとする」

 不満をあらわにして口を引き結ぶけれど、ひどく幸せそうな顔をして笑うから、それ以上の言葉を紡げなかった。優しい言葉に惑わされて、どうしたって彼には敵わない。好きすぎて、彼のわがままを全部飲み込みたくなる。
 そっと唇をついばまれれば、そこに熱が灯った。滑り落ちた唇が首筋を撫でると、たまらず肩が震えてしまう。

「そんな俺は嫌いですか?」

「……嫌いじゃないから、困るんだよ。馬鹿」

 心の中をのぞき込んで、それを容易く読み取ってしまう目に少し腹も立つけど、これはきっと彼に甘い僕が悪いのだ。背中に回した腕に力を込めて、引き寄せるようにして肩口に頬を寄せた。

「明日から頑張れるように、ご褒美だ」

「佐樹さんは優しいね」

「こんなの、今日だけだからな」

 顔がひどく熱い。きっと一目でわかるほどに紅潮しているのだろう。そんな顔を見られたくなくて、胸元に顔を埋めたままそっと目を閉じる。俯いてしまった僕に優哉は小さく笑った。そしてあやすみたいに優しく髪を撫でてくれた。
 指先にすくい上げられた髪は、その隙間からさらりとこぼれて落ちていく。毛先が頬をかすめるのがなんだかひどくくすぐったい。でも服の上からでも感じる大きな手、それが身体を撫でる感触のほうがずっと心をくすぐる。
 誘われるように視線を持ち上げれば、熱を孕んだ瞳に見つめられた。

「佐樹さん、愛してる。これからもずっとあなたのことだけ」

「うん」

 彼の紡ぐ甘い言葉に容易くほだされてしまう自分は、その言葉に縫い止められて身動きできなくなる。けれどそれが嬉しくて仕方がないとも思う。
 こうして優哉と一緒にいられるいまがすごく幸せなんだ。だから彼にすべて絡め取られてしまっても怖いなんて思わない。それどころか優哉の中に自分がいることに喜びを感じて、きっと心が満たされてしまうだろう。

「僕も、お前だけだ。これから先もずっと」

 まっすぐと瞳を見つめ返せば、目を見開き少しだけ泣き出しそうな顔になる。それがひどく愛おしいと思った。彼は時間と共に大人になったけれど、昔と変わらない部分もある。それに気がつくとなんだかほっとしてしまう。
 なにもかも拭い去るくらいの成長も嬉しいけれど、初めて会った頃と変わらない素顔を見られることも同じくらい嬉しい。両手でそっと頬を包み込んで、感情をこらえるように引き結んだ唇に自分のそれを重ねる。
 目尻を優しく撫でて、何度も触れるだけの口づけを交わした。

「優哉、好きだよ。僕の歩く道はいつだってお前と一緒だ」

 僕たちはこれからもこうして二人で歩いていく。どんな始まりの日も二人で一緒に迎えていくんだ。これは最初の一歩。
 二人分の想いが、色鮮やかに明日の先の未来を描き始めた。

[始まりの日/end]
2018/4/21