第二幕

「美味しかったぁ!」

 ぽんぽんっと、朱嶺はお腹をさするとそのまま横になる。テレビからは今夜が初登板だというシンガーソングライターが、最近有線でよく流れている曲を歌っていた。

「お腹いっぱい。いつもお代わり言わないでも、これくらい食べれたらなぁ」

「お前、これ十人前のつもりだったんだが」

 明日みんなで食べようと、かなりの量を作ったつもりの鍋は、ほぼ空になっている。こいつの胃袋はどうなっているのか、一度ぱっかり開いてみたい暁治だ。

「大丈夫だよ、はる。僕なら軽い軽い」

「そういう意味じゃない! お前は食い過ぎだっ!!」

「えへへ、それほどでも」

「褒めてない! ちっとは控えろ」

「食べ盛りなんだよぅ」

「三百歳超えててなに言ってんだこの馬鹿!」

 宮古家の収入を一人で食い潰す食欲魔人、朱嶺。キイチがいたら、張り合ってさらにひどいことになる。今日は一匹でよかった、のだろうか。
 運動してこいと、食器の片付けに追い出すと、その間に食後のお茶を淹れる。

「あ、今日はそば茶なんだ?」

「よくわかったな」

「うん、美味しそうな匂いだもん」

 祖父の家では正治自身がお茶好きだったこともあり、食後にはいつも色々なお茶を入れて楽しんでいた。実の娘である母は特にそういうことはしない人だったのだが、暁治は一人暮らしを始めてから毎食後に淹れるようにしている。
 友人宅でも食後のお茶の習慣は特にないらしいので、この家だけのものかもしれない。

 ちなみに妹はずぼらな母親似、暁治はまめな父親似とよく言われる。母親が祖父の習慣を引き継がなかったのも道理だろう。

 そば茶は崎山さんからのお裾分けだ。親戚が趣味で栽培しているらしい。家庭でも育てやすいと聞いて、春になったら栽培してみようかと思っている。

「なんか、静かだね」

「そうだな」

 なんとなくソワソワとしていると、朱嶺と目が合った。

「どうかしたの?」

「い、いや、なんでもないぞ!」

「そっか」

「うむ、なんでも、ない」

 手にした湯呑みを両手で握る。朱嶺とお揃いの湯呑みは、先日の温泉土産だ。こちらの世界を手本にしているだけあって、土産物は充実している。

 部屋から見える庭には、雪が降っていた。寒いはずである。
 しんしんと、雪の音を表現したのは誰だったろう。この季節は東風が吹くらしいが、風はまだ冷たい。黙ってお茶を飲む二人の間に聞こえるのは、テレビの音だけだ。

 暁治は湯呑みをテーブルに置くと、両手で包み込んだ。静かな夜だ。そう、二人っきりなのだ。そこまで思うと、ぐぐぐっと指に力を入れていたのに気づいて、湯呑みからぱっと手を離す。

「はる」

「なっ、なんだ!?」

「お茶のお代わり、いる?」

「おっ、おぅ! 貰おう」

 でんっと湯呑みを前に出すと、朱嶺が甲斐甲斐しく茶を注いでくれた。
 はいっと笑顔で差し出される湯呑み。
 しばし、静寂の時が流れる。

「はい、おかわり」

「ありがとう」

 礼を言いつつも、受け取った暁治の眉が寄った。キリキリと、コイルのように巻き始める。

「ねぇ、なんかあった?」

 朱嶺が訝しげに訊いてきた。

「別に、なんも、ない」

「え? だって唇がアヒルみたいだよ? むにゅって」

「なんでもないっ!」

 暁治は右手で口元を隠す。なぜだかどんどん不機嫌になる恋人に、朱嶺の首が傾いた。

「でも」

「うるさいなんもないんだよ! 気づけよこの鈍感馬鹿!」

「へ?」

「もういい、寝る!!」

「えっ、ちょっと待って」

 立ち上がりかけた暁治の腕を取る。いつもは能天気な朱嶺も、さすがにここに来てなにかがまずいことに気がついたらしい。

「えぇっと」

 腕を握ったはいいものの、朱嶺はこの先どうしたものかと考える。いつもならここで合いの手を入れてくれる駄猫も、拗ねた暁治を癒やしてくれる桃や雪もいない。
 
「あれ?」

 朱嶺がきょとんっとした表情を浮かべた。なにか、忘れているような。
 目の前には不機嫌そうな暁治の顔。頬が少し赤らんで、潤んだ瞳に朱嶺が映っている。とてもとてもお間抜けそうだ。

「え?」

 きょろきょろ、辺りを見回す。

「放せ」

「え、いやちょと待ってよ。え、誰もいないって」

 まさか、と口が開いた。
 間抜けな声に、ぐぐぐぅっと、暁治の眉が寄る。

「えと、もしかしてもしかしたら据えぜ――」

 ぐいっと腕が引っぱられると、くるりと身体が回転した。背中には畳の感触。上には暁治がいる。のし掛かられて、腹の上に重みを感じた。
 やけに真剣な表情を浮かべていて、朱嶺は知らずこくりと息を呑む。

「黙れ」

 吐息がかかるほど顔が近づいてきて、噛みつかれた。口元に。

「んぅ……」

 くちゅりと、忍び込んできた舌を、無意識のうちに絡め取る。すっかり慣れた互いの唇から吐息が溢れた。

「はる」

 朱嶺の眼差しが、熱を帯びる。

「ごめん、まさかと思ってた」

 思えばこの家に転がり込んでから、潜り込んだらベッドから蹴り出されるわ、うるさいと部屋から追い出されるわ、この家では恋人同士のお付き合い禁止だと、頭の中に刷り込まれていたらしい。

 どちらと言わなくとも、拒否しまくった暁治が悪い。

「うるさい」

 図星を突かれて機嫌を損ねたらしい。朱嶺の鼻がぎゅうっと摘まれた。くぐもった声が漏れる。
 今日は怒らないイライラしない優しく。先ほどまで唱えていた呪文は、まったく効き目がなかったようだ。

 痛む鼻を押さえる朱嶺は、不機嫌そうな彼の顔を見上げる。
 思えば、キイチはともかく、桃や雪までまとめていないのはおかしい。あきらかに意図的な排除で、それができるのはこの家の家主だけだ。

「今日でちょうど一年なんだよ」

 暁治は、なにをとは言わない。そういえば、ちょうど今ごろだったことを思い出す。

「なるなる、引っ越し記念日かぁ」

「それと再会記念日だ」

 拗ねたような口調に、朱嶺はこの普段は頑固で意地っ張りな恋人が、意外に記念日にこだわるタイプなのを知った。

「そっかそっかぁ」

 ほにゃりと、自然に頬が緩む。
 見栄っ張りな彼が、みんなに穏便に外出して貰うため、どんな言い訳をしたのだろうと思うと、胸がドキドキしてしまう。これは歓喜だ。
 朱嶺は、僕いっぱい愛されてると、見るからに上機嫌になった。

「別にたまたまだ。たまたま今日がそうだなと気づいただけで、たまたまだからな」

「そかそか、覚えていてくれてありがと」

「うむ」

 ちゅーっと、赤くなった頬にキスをする。朱嶺の恋人は、今日はツンテレからツンデレにジョブチェンジしたらしい。口に出したら怒り狂うから言わないが、可愛いマジ可愛い。うっとりする朱嶺だ。
 怒りん坊だけど、意地っ張りですぐ不機嫌になるけど、これも惚れた欲目だろう。
 朱嶺は腕を伸ばして暁治を抱きしめると、ひょいっと横抱きしたまま起き上がった。お姫様抱っこというやつだ。

「朝までいっぱいイチャイチャしようね」

 今日は大人しい恋人を抱え直すと、廊下に出て離れへと向かう。
 暁治は彼の言葉に、口を開く代わりに重々しく頷いた。朱嶺の心臓が大きく跳ねる。

「やっぱり僕、すごーく愛されてる?」

「当たり前だ、馬鹿」

 いささか甘さに欠けるが、朱嶺にとっては十分なご褒美に感じた。日ごろいかに餌を与えられてないかがわかる。ここに石蕗辺りがいたら、不憫なわんこですねぇと、なでなでしてくれたかもしれない。

 ちゅっちゅと、音を立ててキスをすると、ゆっくりと彼をベッドへおろす。
 性急に服を脱ぎながら、二人してシーツの中へと潜り込んだ。
 冷たい指先を絡めると、朱嶺が軽くキスを落とす。

 横目で暁治を見て薄く笑う表情には、いつもの柔らかい眼差しはない。甘く熱を帯びた視線に、暁治はこくりと息を呑む。
 例えるなら、野生動物が獲物を見る瞳のようだ。
 こんなときの朱嶺は、初めて出会ったころのように傲慢で酷薄そうに見える。ただ、視線だけが熱くて、……溶けそうだ。

「あんま見んな」

「えぇ……、ひどい」

 空いていた腕で顔を隠して、憎まれ口をきいてやると、ふにゃりと顔が緩んだ。春のひだまりのような。いつもの朱嶺の表情。

「悪い口は塞いじゃうよ?」

 いたずらっ子のように、はむと口を塞がれた。まだ冷たい指に触れられて、吐息が上がる。いつもならしゅんとしおらしい朱嶺も、閨の中では赦されるのを知っているからだろうか。強気で、貪欲だ。
 返事の代わりに伸ばした手で背中を抱くと、ふっと雰囲気が緩んだ。

「えへへ、はる、だぁいすき」

 身体の中に熱を受け入れる。後はいつものようにただひたすら熱くて、全部が呑まれてしまった。