一歩前ヘススム02

 知らぬ間に筒抜けになっていた。それにはひどく驚いたものの、義昭が好意的であったので、早い段階で知られたのはかえって良かったのではと思えた。こそこそと付き合っていくのはやはり限界がある。
 男としても歳の離れた恋人に大して、責任は持つべきだ。淳がずっと親に嘘をついている状況であることも気にかかっていた。彼の家は親一人子一人なので、なるべくなら後ろめたい思いはさせたくない。

 二人の関係を公にするつもりは一切ないけれど、身近な人間は味方に付けておくほうがいい。これから先、雅之だけで解決できないことも出てくるかもしれない。

「こんばんはぁ」

 ぼんやりと考え込んでいたら、玄関のほうから声が聞こえてくる。ちらりと壁掛けの時計を見れば、日付が変わっていた。今日も随分と遅かったのだなと、淳を出迎えるために雅之はソファに預けていた身体を起こした。

「お疲れさま」

 玄関に続く扉を開くと近くまで来ていた淳と目が合う。瞬いた瞳に笑みを返せば、彼はすぐに柔らかい笑顔を浮かべた。

「ごめんなさい。こんな時間になっちゃって。希くんもう寝てますよね?」

「うん、寝かしつけちゃったよ」

 あっくんあっくんと騒いでいた希も、ご飯を食べてお風呂に入るとすぐに睡魔に襲われた。それでもしばらく頑なに寝ようとしなかったのだが、明日になったらあっくんが来るよと言ったら大人しく寝てくれた。

「遅くまでご苦労さま」

「ありがとうございます」

 近づいてきた淳を雅之は両腕を広げて抱き寄せる。腕の中に閉じ込めるようにぎゅっと包み込むと、おずおずと背中へ腕が回されて、首筋に柔らかい髪が触れた。
 すり寄るようにしてくる仕草がひどく可愛くて、お日様色の髪を優しく撫でながら、さらに身体を引き寄せる。

「キス、してもいい?」

 鼻先が触れるほどの距離。じっと瞳を覗き込むと少しだけ目を泳がせてから、淳は小さく頷いた。それを認めて、雅之は期待を含ませた瞳で見つめてくる彼の唇に触れる。
 二人の唇が合わさると、長いまつげに縁取られた瞳がゆっくりと閉じられた。

「んっ……」

 やんわりと唇を食むように口づけながら、たっぷりと柔らかさを味わう。そうするとその先を請うように淳の唇が開かれ、赤い舌がちらついた。無意識の色香がにじみ出して喉が鳴りそうになる。
 誘われるままに雅之が舌を滑り込ませれば、舌先に彼のものが絡んできた。積極的な反応に、さらに深く唇を合わせて水音がするほど舌を絡め合わせる。

「はあっ、……んっ、雅之さん。ぁっ」

 口の中を唾液が滴るほど愛撫して、唇を離すと色づいた彼の唇がやけに目についた。口の端にこぼれた唾液を指先で拭うと、淳の肩が小さく震える。潤ませた瞳で見つめてくる、それに雅之は欲を煽られた。
 これまで雅之の性癖は至ってノーマルだった。どんなに可愛い男の子が目の前にいたとしても、こんな風に手の内に収めてすべてを暴きたくなる、そんな気持ちにはならない。

 ましてや淳は中性的というタイプでもない。平均的な成人男性よりも背が高く、身体つきもしっかりしている。顔立ちは愛嬌があって可愛いが、美しいと言うよりは一般的に格好いいと言われる部類だ。
 けれど雅之は彼を見ているとたまらない気持ちになる。

「ご飯は食べた?」

「食べてきました」

「じゃあ、カフェオレでも淹れてあげようか」

「はいっ」

 耳の縁に口づけると、いつも明るい笑みを浮かべている淳の顔が、ぽっと頬を染めた恥じらう表情に変わった。気持ちはいますぐにでも押し倒してしまいたい。けれどあまりがっつきすぎるのも大人げない。
 彼の前ではできるだけ紳士でいたい、そう常々思っている。それに加えこんな可愛い子を逃してなるものか、そんなことも考えていた。こんなにどっぷりと相手にハマるのは雅之にとっては初めてで、まるで初恋のような気分だった。

「そういえば、淳くんは園長先生にカミングアウトしてたの?」

 キッチンでミルクたっぷりのカフェオレを作りながら、雅之は気になっていたことを問いかけてしまった。どこまで希が話しているのかは定かではないが、楽しそうにしていたからと言って、すぐに付き合っている、とは繋がらないはずだ。
 ふと顔を持ち上げると、ソファに座っていた淳がこちらを振り返っていた。その顔に雅之が首を傾げてみせたら、少し考え込むようにしてから唇が開かれる。

「えっと、言ってたわけじゃないんですけど。なんだか早いうちから気づいていたみたいで」

「ふぅん、そっか、ずっと前から知ってたんだね」

 なにかヘマをしたのかとも思っていたが、自分たちの関係に気づくのが早かったのは、息子のことをよく見ていたからこそか。淳は素直な性格をしているので、余計にわかりやすかったに違いない。
 思えば付き合う以前から、淳の気持ちは疎いと言われる雅之にも丸わかりだった。付き合うようになって、目に見える変化が大きくなったのだろう。疑問がようやく解けた。

 けれど一人納得をした雅之に淳は不思議そうな顔をする。まっすぐに見つめてくるその瞳に、安心させるように笑みを返した。

「ああ、今日の帰りにね。園長先生に、淳くんをよろしく頼むって言われて」

「えっ!」

「あっ、淳くんっ」

 声を上げて驚いた淳は、身体が跳ねた拍子にテーブルに足をぶつけたようだ。ガタンと音が響いて、慌ててそちらへ向かったら、頬のみならず耳まで紅く染まる。

「す、すみません。バレてるとは思わなくて」

「うん、僕もビックリしたけど。すごく好意的だったし、知っておいてもらえると心強い気がしたよ」

「それなら、いいんですけど」

「大丈夫だよ。……はい、これ飲んで落ち着いて」

「はい」

 そわそわとした様子を見せる淳にマグカップを差し出すと、そろりと手が伸びてくる。その手にカップを引き渡して、雅之は彼の隣に腰を下ろした。そして隙間を埋めるように身体を抱き寄せる。

「まあ、僕は園長先生に怒られても、君を手放せる気はしないんだけど」

 まだ熱の引かない耳へ唇を寄せれば、首筋まで赤くなっていく。もう何度も触れているのに、うぶな反応を見せる彼が可愛くてたまらない。けれど無意識に持ち上がっていた口の端に気づき、雅之は努めて冷静を装った。

「淳くん、林檎みたいになってきたよ」

「だ、だって、雅之さんが」

「くっついてるだけなのに」

「ど、どきどきする」

「可愛いね」

 俯きがちになった顔を指先で持ち上げて、うろたえた表情をする彼の唇にキスをする。驚きに瞬いたまつげが頬に触れる感触がした。目を開けば瞳はぎゅっと閉じられていて、必死な様子がまた可愛くて仕方がない。
 先ほどよりも深くねっとりと口づけを交わすと、淳はもじもじと膝を揺らし始める。それに気づいて雅之はそっと手を伸ばした。

「ここキツそうだね」

「え、と、……その」

 羞恥で潤んだ瞳は右往左往と視線をさ迷わせる。それでもきゅっとそこをきつく握れば、上擦った小さな声が漏れた。そしてなにかを言いたげに見つめてくる。

「せっかくカフェオレを淹れたけど。これはまたあとでにしよっか」

「……は、はい」

 彼の両手を塞いでいたものをそっと取り上げて、それをテーブルの上に置く。コトンと小さな音が響くくらい、部屋の中は静寂に満ちていた。黙っていたら淳の胸の音が聞こえるのではないか、そう思えるほどだ。
 手を伸ばしてするりと腰から胸元まで滑らせる。触れたそこからは手の平に伝わるくらいの心音を感じた。その音にまた雅之の口元が緩む。

「雅之さん」

 胸の音を聴いていると、焦れったくなったのか、淳の両腕が伸ばされた。それが首元に絡み、引き寄せられるままに雅之は彼の無防備な首筋に歯を立てた。そしてそのままソファへと身体を押し倒せば、さらに腕に力が込められる。

「ぁっ……んっ、あっ」

 身体をまさぐるたびに鼻先から抜けた甘い声が響いて、もう理性が焼き切れる寸前だ。思わず乱暴にしてしまいそうになって大きく息をつく。

「んっ、んっ、……まさ、ゆきさんっ、欲しいっ、あっ、早くっ」

「淳くん、すっかりおねだり上手になったね」

「あっ、ご、ごめん、なさい」

「いいよ、僕も淳くんが欲しい」

 手を這わせ、シャツの上から胸の尖りを指先で引っ掻く。すっかり刺激を覚えた身体はそれだけで熱を孕ませる。デニムの下で窮屈そうにしている熱を取りだしてやれば、か弱く震えながら蜜をこぼした。

「ぁっあっ、すぐイっちゃ……」

「いいよ。キツいでしょ。一回イっておきな」

 手の平でじっくりと扱いていくと、涙を浮かべてしがみついてくる。それでも身体は正直で、刺激を求めるように腰が揺れていた。熱に浮かされた目で見つめられると、その熱が移る。
 痛いほど張り詰めた自身の熱も取りだして、淳のものに重ねた。そのことに気づいた彼はさらにこすりつけようとする。

「淳くん、すごくやらしい」

「ぁっ、……イ、クっ、イクっ、あっ」

 大きく響いた声を唇で塞いで舌を優しく噛むと、ビクビクと身体を跳ね上げて淳は欲を吐き出した。それに続いてこらえきれなくなった雅之の熱も弾ける。ドクドクと脈打つたびにトロトロと二人分の蜜がこぼれていく。

「淳くん」

「雅之さ、ん、もっと」

「うん」

「まさっ、おしっこっ」

「えっ?」

 シャツをたくし上げて、さらに唇を寄せようとしたところでこの雰囲気にそぐわない声が聞こえた。その声に二人揃って肩を跳ね上げる。身体を起こしてソファの向こうを見れば、開いた扉の傍で希がまぶたをこすっていた。
 慌ててティッシュで汚れを拭い、くつろげたズボンを元に戻す。そして驚いたまま固まっている淳の肩を叩いてから、雅之は急いで息子の元へ駆け寄った。