熱情※

 見つめる視線を感じ、そこを見せつけるように広げていく。したたり落ちてくるローションがぐちゃぐちゃと音を立てるほどに指を抜き差しすれば、目の前でそれを見ている彼の喉元が上下した。

 さらに指を増やして奥へと突き入れていくと、次第に指先は前立腺にまで届く。そこを指で挟み込むようにして擦れば、身体がビクリと跳ね上がった。その気持ちよさに誘われるままに指を何度も動かし、両足を大きく開いて自分で自分を深く追い詰めていく。
 そんな姿がリュウの瞳に映し出されている。しかしいまは羞恥よりも興奮のほうがより強かった。

「宏武、気持ちいい?」

「んっ、気持ち、いい。……でも、まだ足りない、リュウが、欲しい」

 熱情を孕ませた視線で自分を見つめる彼の昂ぶりが、腹に付きそうなほど反り立ち張り詰めている。
 あれを自分の中に突き入れたらどれほど気持ちがいいだろうかと、想像して喉を鳴らしてしまう。指だけでは届かない奥まで突いて欲しい。身体が揺さぶられるくらい激しくかき回して欲しい。

「……リュウ、リュウっ、お願い、早く」

「まだ駄目。そのままイケたら、あげる」

「そんなの、むり、だ。リュウ、触って」

 このままじゃ足りない。お預けなんてできるはずもなく、自分の指だけじゃ満足できない孔は物欲しそうにひくついた。涙を浮かべて懇願すると、リュウは困ったように小さく笑う。そして覆い被さるように身を寄せて口先にキスをくれる。
 でもいまは優しいキスだけじゃ全然足りない。けれど浮かんだ涙がこぼれたら、唇が滑り落ちて首筋を伝い胸元まで落ちた。たっぷりと唾液を含ませた舌先で胸の尖りを撫でられて、背中をゾクゾクとした快感がよぎる。

 そこに吸いつかれるだけでも身体が震えるほどに気持ちがいい。吐息混じりの上擦った声を上げると、彼はやわやわとそこに歯を立てる。そしてぷっくりとした乳首をもてあそぶように舌で弾いた。
 じゅっと音を立てて何度も吸われ、舌先で押し潰すように撫でられて腰がじんと痺れてくる。その快感だけを追いかけて指を動かせば、じわじわと上り詰めていくような気がした。

「んっ、ぁっ、ぁっ、あぁっ……っ」

 気がつけば白濁が腹の上に飛び散り、あっけなく達してしまっていた。しかしずるりと指先を抜き去ってもまだ穴はぽっかり口を開けているように感じる。熱を吐き出したばかりだというのに、早くこの空いた隙間を埋めて欲しいと思ってしまう。
 我慢しきれずに自ら腰を揺すったら、彼の張り詰めた切っ先が尻の割れ目にこすりつけられた。

「リュウ、早く」

 誘うように柔らかく熟れたそこを広げてみせれば、リュウはためらうこともなくそそり立った熱を押し込んだ。指などは比ではない太くて大きなものが小さな孔を押し広げていく。
 息を飲み込みそれが身体に収まっていくのを待った。受け入れた場所が大きく広がりじりじりと熱を持つのがわかる。小刻みに揺すられると、もっと刺激が欲しくなって自分から浅ましいほどに腰を振りたくってしまう。

「んっ、宏武。そんなにしたらすぐに出ちゃう」

「もっと! もっと激しくして」

「だーめ」

 動かしていた腰を大きな両手で鷲掴みにされた。押さえ込まれると身体を動かすことはできなくて、リュウの動きだけが唯一の刺激になる。けれど緩やかな動きはじわじわと熱を高めるが、突き動かされるような快感にはならなくてひどくもどかしい。
 しかし何度ねだってもそれをやめてくれる気配はなく、ねっとりと絡みつくような刺激しか与えてもらえなかった。

「ぁっ、んんっ、いや、リュウ、これはいやだ」

「そう? 宏武、気持ちよさそうだよ」

 ゆっくりと内側を舐るように動かされるのが堪らなくて、感覚を振り払うように首を振る。けれどそんな自分を見下ろし、リュウは口元に笑みを浮かべたまま何度もそれを繰り返す。

 奥まで突き入れられると、彼の硬い熱に前立腺を擦り上げられる。緩やかな中に明確な刺激を与えられて身体が跳ねた。さらにずるりと引き抜かれれば、しゃぶりついた内壁にカリが引っかかり身体の奥からゾクゾクと震えてしまう。
 抜き挿しされるたびにぬちゃぬちゃと粘る音が響いて耳が犯されている気分になる。

「や、だめ、だ……ぁっ、こんなの、おかしくな、る。ぁっ」

 まつわりつくような刺激は高まった快感を身体にとどめて、それを捕らえて放さない。激しく揺さぶられるよりも、長く熱を持ち続けて頭の中がぼんやりとするほど惚けてしまう。快楽に落とし込まれるようにじわじわと刺激を与えられて、思わず涙がこぼれた。
 過ぎるほどの快感に溺れ縋るように目の前にある身体にしがみつく。指の先が食い込むほど強くしがみついても、リュウは奥深くへと押し入り震える身体を追い詰めていくばかりだ。

「んっ、ぁっ、ぁっ、いやだ、リュウ、リュウっ」

「……宏武、可愛い。もっと気持ちよくしてあげる」

 嫌だと繰り返しながらも身体は従順で、彼の動きに誘われるように腰が揺らめいていた。それがさらに快感を高めているとは気づきもせずに自分で自分を追い詰めていく。甘ったるい喘ぎ声が堪える間もなく口からこぼれた。
 潤んだ視界の先にいるリュウはそんな自分をひどく愛おしげに見つめる。けれどその眼差しに見つめられると、胸が締めつけられたように苦しくなってしまう。そんな目で見ないで欲しい。心が勘違いしてしまいそうになる。

 繋がっていられるのはいまだけで、その先はもうないのだから期待をさせないで欲しい。その目で見つめられると、彼と一緒にいられる未来を想像してしまう。叶わない夢なのに愚かな期待が胸に湧く。
 いまだけなのだからそんなに愛おしげに見つめないで――しかしそう思っても言葉には出せなかった。まだ終わりにしたくないのだ。あと少し、もう少しでいい。彼と繋がっていたいと願ってしまう。

「宏武、なに考えてるの?」

「……なんでも、ない」

 一瞬心の内をのぞかれたような気がした。まっすぐな彼の瞳にはなにもかも暴かれてしまいそうだ。それがなんだか少し怖くて目を伏せてしまった。けれど彼はそれを許してはくれず、意識を引き戻すかのように深い口づけをする。

 舌を絡め取られると繋がっている部分がじわじわと熱を帯びてくる。さらに強く揺すられると身体が痺れるような気持ちよさに包まれた。けれど何度も突き動かされているうちに、肌がざわめいて気持ちがどんどんと高ぶってくる。
 内側から湧き出てくる感情が怖くて両手を伸ばしたら、その手をベッドに強く縫い止められてしまった。

「リュウ、あっ、ぁっ、……んっ、はぁっ、ぁっ、ぁっ」

 先ほどまでの緩やかさとは裏腹に激しく腰を突き動かしてくるリュウは、ひどく興奮しているのか何度も首筋に噛みついてくる。けれどその痛みすら身体を疼かせた。なんだか自分の身体が自分のものではないような気分になる。

「や、ぁっ、あぁっ……ひ、ぁっ、ぁっ」

 揺さぶられる身体がガクガクと震える。頭がふわふわとしてきてなにも考えられない。しかし繋がった部分だけは熱を持ち、彼の昂ぶりをきつく締めつけているのがわかる。
 もう身体は限界まで追い詰められているというのに、くわえ込んだそこは彼の熱にしゃぶりついているかのようだ。

「リュウ、もう、むり、溶けそう。ぁっ、やぁっ」

「だったら、溶けて一つになればいい」

「あぁっ、リュウ、だめ、いやだ」

 まっすぐな視線をこちらへ向け、真剣な表情を浮かべるリュウは何度も激しく身体を突き上げてくる。その動きに身体が押し上げられるが、彼はそれを両手で引き留めてさらに奥底まで燃えたぎるような熱を埋め込む。

 ひっきりなしに漏れる声は甘ったるく、やめて欲しいと言いながらも縋りついているようにも思えた。けれど与えられ続ける快感にもう意識が半分飛びかかっている。再び首筋に噛みつかれた感触がしたけれど、痛みはほとんどなくて上り詰めていく感覚だけが身体を痺れさせた。