触れて触って抱きしめて

作者
keyboard_arrow_down

無自覚人たらしな大学生×臆病な天然司書
指先から伝わる想いは心を熱く震わせる

ものに触れると人の心の声が聞こえてしまう天音は、人との関わりに一線を引いてきた。
けれど毎日のように図書館にやってくる、中原の『声』だけは癒やしを感じている。

まっすぐで裏表を感じさせない、綺麗な心。
片想いしている彼をずっと微笑ましく思っていた。
想いが実ればいい――そう思っていたはずなのに、近づくほどに彼の優しさに惹かれてしまった。

  • remove_red_eye 閲覧
    63
  • chat_bubble_outline コメント
    0
  • favorite_border いいね
    1

目次

詳細情報

カテゴリー
タグ
ページ数
25ページ
文字数
70,335文字
作成日
更新日

コメント一覧

    コメント投稿

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Google利用規約 が適用されます。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.