ほろ苦くて甘い関係

ベルベット・キャンディー03

「ん? もしかしてそれって、マシュマロチョコ?」「ああ、マシュマロにビターチョコを絡めて冷やしたやつ」「で、どうするんですかそれ」「機械にザラメをセットして」 ピンク色のザラメを、中央の空洞にセットをして、機械のスイッチを入れる。するとブー…

ベルベット・キャンディー02

 この時期は決算があるので、事務仕事もなにかと多い。数字を一桁間違うだけでも大変な問題だ。 経理はピリピリしてるから、小さいミスでもかなりぐちぐちと言われる。 このあいだは、申請が一日遅れた社員のところに、速攻で内線がかかってきたくらいだ。…

ベルベット・キャンディー01

水地咲良という人は本当にイベントごとに疎い。クリスマス、バレンタインデー、誕生日――色々あるけれど、どれも基本的にスルーする。 いや、これは疎いというのには、語弊があるかもしれない。あれはきっとイベントごとが嫌いなのだ。 彼の気持ちを一言で…

チョコより甘いもの02

 学生時代など、義理でもチョコを一つもらうだけで喜んでる級友はいた。おそらくステータスに似たものが、あるのかもしれない。 思えば昔からそういうのが面倒くさかったから、本命だろうが義理だろうがチョコはずっと突っぱねてきた。 なので生まれてこの…

チョコより甘いもの01

 朝が目が覚めて、いつもと変わらぬ調子で台所に立つ背中に声をかけた。するとそいつも、いつもと変わらない様子で振り返って、「おはようございます」と笑みを浮かべる。 別段なにかが違うような雰囲気は、微塵もなかったのに、朝食を食べ終えていざ仕事へ…