街角は恋をする

その瞳に溺れる08

 普段はしおらしく大人しいが、スイッチが入ると淫靡だ。自分から脚を開いて、ねだるように見つめてくる。それに誘われて中へと熱を埋めれば、さらに深くまで飲み込もうとする。いつもよりも熱いそこに我を忘れそうになった。「ぁあっ、……んっ、くりゅ、さ…

その瞳に溺れる07

 あんな場所で自分の弱い場所をさらして、イかされるなんて恥辱以外なにでもないと思うが、それだけで溜飲が下がるほど自分はお安くはできていない。もし少しでも遅れていたら、もし気づかぬままだったら、そう思うと腹立たしさが増す。 誰が悪いなどと、そ…

その瞳に溺れる06

 この店とも長い付き合いだ。加賀原の前のマスター、いまのオーナーの頃から世話になっている。一本気な人で、曲がったことやいい加減なことを嫌う、信頼できる人だった。だからその後を継いだ加賀原も、信用していたのだが。 すまんすまんと謝る目の前の男…

その瞳に溺れる05

 最初のうちは、しゃべりが上手い加賀原につられてよく話しよく笑い、少しばかり機嫌が良くなっているくらいだった。しかし時間が経つにつれて、気持ちが大きく浮き上がってきて、それを表すようにずっとにこにこと笑いっぱなしだった。 そんな竜也の表情に…

その瞳に溺れる04

 その後の竜也と言えば、終始俯きがちに黙々とパンケーキに向かっていた。頬や耳も真っ赤に染めたままで。 そんなウブな反応が面白くて、のんびりとコーヒーを飲みながら、ずっと眺めていた。けれどそうしているうち視線に、耐えきれなくなったのか「見ない…

その瞳に溺れる03

 映画が終わる頃には、ハンカチはくしゃくしゃで、泣き過ぎで目が赤くなっていた。啜る鼻をティッシュで勢いよくかんで、またほろほろと涙をこぼす。その顔が可愛くて、指先で涙を拭えばほんのり頬を赤く染める。 しかしなんとなく話の流れを見はしたが、恋…

その瞳に溺れる02

 大体休日は、デイトレードで値動きを見ながらの一服と読書、さもなくば休日出勤。そして夜には飲みと遊びに向かう。しかし最近は昼間の時間を潰したあとは、竜也の仕事を見計らって、彼の元へ向かうことがほとんどだ。 相手の家で食事をして、のんびりと甘…

その瞳に溺れる01

 遊ぶ相手は男だろうが女だろうが構わない。見た目がそれなりに良くて、後腐れなく遊べるなら誰でもいい。ただし一回寝たやつと二度寝ることはない。遊びは一夜、それは必ずだ。束縛されるなんてことはごめんだからな。 連絡先を交換なんて絶対にしない。興…

街角は恋をする04

 昨日の夜に散々教え込んだ性感帯だ。まだ忘れてはいないのだろう。と言うよりも、この身体は快楽に対してまっさらだ。女相手には勃たなかったので、いままで自慰もろくにしてこなかったと言っていた。 なおさら他人に与えられる快楽はたまらない刺激になる…

街角は恋をする03

 甘露に沈み込むような感覚は一夜明けても抜けきらなかった。夢心地のように目が覚めて、夢でないことを噛みしめて胸を弾ませてしまうほど。「……おい、九竜。なんだか今日は腑抜けてるな」「ああ、野上さん」 ぼんやりと窓の外を眺めていたら、喫煙ルーム…

街角は恋をする02

「だからと言って、いきなり相手を探すのはハードルが高いんじゃないのか?」「ほ、本当にそんなつもりじゃなくて。男性と少しお話がしてみたかっただけなんです」「ゲイの男と話してみて自分の反応を確かめたかったってことか? やめておけ。あんたみたいな…

街角は恋をする01

 仕事が一段落して忙しさから解放されると、人と言うものは気が緩みがちだ。もう頭の中は適当にいい相手を見繕って一晩楽しむことばかり考えている。 常日頃そんなことばかりを思っているわけではないが、大仕事のあとはより一層自由になりたいものだ。しか…