恋のステップアップは急上昇!

恋は急上昇

 年が明けてから、幸司は真澄の住まいに引っ越しをした。 突然のことで、さすがに両親も弟妹も驚いていた。だが珍しく幸司が自分から言い出したことなので、自我の芽生えだと、最終的には手放しで喜ばれた。「真澄、あんまり幸司くんに迷惑をかけたら駄目だ…

二人分の約束

 ベッドが軋む音と、幸司の上擦った甘い声が響く。真澄にしがみついたまま、自ら激しく腰を揺らす姿は、セックスと言うより自慰のように見える。 それでも気持ち良さに飲み込まれた幸司は、自分を止めることができない。「かっわいいな、そんなにいいんだ?…

甘やかな時間

 ベッドへ行く前に、真澄は写真の貼られた壁を隠してくれた。自分に見られているのは、さすがに幸司でも気分が落ち着かない。 だがそれを聞いた彼が、全部剥がすと言い出したので、それだけは慌てて止めた。あの数を剥がしていては朝になる。「こうちゃん、…

求め合う気持ち

 幸司の肩口に顔を埋める真澄の肩が震えている。しばらく黙ったまま抱きしめ続けていると、泣いていると思っていた彼が、小さく笑った気配を感じた。 急な変化に幸司は首をひねるが、覗き込むと彼はぴたりと押し黙る。そして幸司を抱きしめる腕を強くした。…

大切な二文字

 しんとした空間に、幸司の泣き声だけが響いた。泣きすぎて呼吸の仕方もわからなくなり、ひきつけを起こしたみたいに声が震える。 目の前に立つ真澄は、そんな様子を見つめて、ただ立ちすくんでいた。「そんなに泣かないで。なにが駄目なの? なにがおかし…

あいだにある大きなズレ

 駅前でタクシーを拾い、半ば押し込めるように乗せられた。真澄が告げた行き先は、四つほど離れた駅だった。 思っていたよりも、近くに住んでいたことに驚かされる。 さらに言えば、そこは高級住宅地で、地価が高いことでも有名だ。ただの美容師にしては、…