移り恋

一歩前ヘススム08

 その夜は淳が満足するまで身体を繋げて、ベッドに転がった頃に腹を空かせて起きた。体力勝負、みたいなところは男同士ならではな気がする。腹を満たしてもう一度風呂に入って、深夜と呼ばれる時間にまたベッドに潜り込んだ。 さすがに疲れたのか、二人はす…

一歩前ヘススム07

 あのあとの淳はすっかりのぼせて、意識を飛ばしてしまった。それにはさすがに雅之も驚いたが、あまりにも満足そうな顔をしているので、可愛いという感情しか湧かなかった。 ただほぼ身長や体格の変わらない成人男性を運ぶのは骨が折れる。意識がない時の人…

一歩前ヘススム06

 思いがけず玄関先でたっぷりと彼を堪能してしまい、そのあと慌てて食料と飲み物を冷蔵庫へしまった。これを出すのは、きっと夜が更けてからになりそうだと思いながら。「お湯が溜まるまでに身体を洗っちゃおう」「あ、はい。……んっ」 浴室を覗くと、淳が…

一歩前ヘススム05

 夕刻を過ぎ、夜の時間帯になってしまったが、二人の時間はこれから始まる。明日のお昼まで希を預かってもらえるので、それまではフリータイムだ。 せっかくだから美味しい店でディナーを――そう雅之は考えていたけれど、今日は家でゆっくり過ごしたいとい…

一歩前ヘススム04

 今日は朝から晴れ間が広がりお出かけ日和。動物園は家族連れで賑わっていて、お目当てのサンドイッチはあとわずかだった。新発売の動物のイラストが入ったペットボトルも購入して、先に園内を歩いている希と淳を追いかける。 どこへ行ってもゆっくりなので…

一歩前ヘススム03

 眠りから意識が浮上すると、すーすーと穏やかな寝息が聞こえてきた。それにまだ重たいまぶたを持ち上げれば、胸元に希がぴったりとくっついて眠っている。さらに視線を動かした先には、あどけない顔で眠る淳の姿があった。 いつもこのパターンだな――そん…

一歩前ヘススム02

 知らぬ間に筒抜けになっていた。それにはひどく驚いたものの、義昭が好意的であったので、早い段階で知られたのはかえって良かったのではと思えた。こそこそと付き合っていくのはやはり限界がある。 男としても歳の離れた恋人に大して、責任は持つべきだ。…

一歩前ヘススム01

 春はなにかと忙しい季節だ。年度が替わって社内も慌ただしくなるし、不慣れな新入社員たちがあれこれと問題を持ち込んで、そのフォローにも追われる。しかしいまの部署に異動して三年目の雅之には、もうすっかり慣れた業務だった。「すみません。社員証にひ…

移り恋03

 軟膏を塗りたくり何度も蕾を指先で撫でほぐしていくと、次第に焦れてきたのか淳の腰がいやらしく揺らめく。それでも丹念にそこを優しく開いていくと、入り口のあたりや奥を指先で触れるたびに淳が涙を目尻に溜めながら小さな声を漏らして喘ぎ出した。「淳く…

移り恋02

 希をあいだに挟み、まるで親子のように小さな手を繋いで家路に就くと、キッチンに立った淳が雅之と希のために晩御飯を作る。それは雅之にとって最近はよく見る光景だ。 幼い頃から父子家庭だったという淳の料理はどれも美味しく、希に至っては最近、雅之の…

移り恋01

 時計の針は十八時ジャスト。退勤記録を入力してパソコンの電源を落とす。勤務時間は九時から十八時まで、残業はほとんどしない。 高遠雅之はデスク周りを綺麗に片付けると、腰掛けていた椅子からすっと立ち上がった。そんな雅之に周りの同僚たちは「お疲れ…