想い-03

「藤堂はやっぱり笑ってるほうが好きだな」

 どんな時でも藤堂が笑ってくれると幸せな気分になる。胸がドキドキしたり、そわそわ落ち着かなくなったりすることばかりだけれど、それでも彼が笑うと僕も嬉しいと思えるのだ。ずっと見たかった彼の笑みに、僕は誘われるままに腕を伸ばした。

作品ページに戻る