夏日-13

「好き、好きだ。お前が好きだよ」

 湧き上がる感情はどうしても抑えきれなくて、目尻に浮かんだものがとめどなく滑り落ちていく。どうしてこんなに愛おしいのだろう。どうしてこんなに藤堂を求めてしまうんだろう。触れているだけで、心が満たされていく。
 想いと一緒に溢れる雫を藤堂の唇は拭い取ってくれた。そして瞼に触れ、頬を滑り、唇は首筋を伝い落ちる。

作品ページに戻る