その瞳に溺れる01

 遊ぶ相手は男だろうが女だろうが構わない。見た目がそれなりに良くて後腐れなく遊べるなら誰でもいい。ただし一回寝たやつと二度寝ることはない。遊びは一夜、それは必ずだ。束縛されるなんてことはごめんだからな。

 連絡先を交換なんて絶対にしない。興味もない相手に時間を取られたくない。その日その夜、一晩だけ楽しければそれでいいと思う。
 しかしずっとそんなことを繰り返してそれでいいと思ってきたはずなのに、ある日を境に生活が一変した。時間ができれば夜の街へ遊び歩いていた自分がいそいそと、一人の男の元へ通うようになるなんて数ヶ月前の俺に言っても信用されないだろう。

「九竜さんっ」

「ん?」

「……も、もう無理、無理ですっ」

「竜也のここはまだ元気だぞ」

「あっ」

 しなやかな細い身体。色白で染み一つないなめらかな陶磁器みたいな艶やかな肌。涙を浮かべる瞳は欲に溺れても清廉さを保っているが、こちらはその目を見ているだけでゾクゾクとする。
 どうやってさらに泣かせてやろうかと思ってしまうので、彼からしたらたまったものではないのだろう。いまも散々イかされてシーツにしがみつくのが精一杯になっている状況で追い詰められている。

「竜也のもう無理はおかしくなっちゃうから、もう無理なんだろ? 俺はその可愛い竜也を見たいんだけどな」

「酷い、九竜さん、意地悪だっ……あぁっ、んっ」

 ぽってりとした厚い唇からこぼれる声は甘くていつも縋りついてくるようだ。しかしこちらへ向いていた顔が枕に埋められてしまい声がくぐもる。けれど小さな尻を鷲掴み奥まで突き入れれば何度も声はこぼれてきた。
 いやいやと言うけれど基本的に快楽には従順だ。そしてそれを与えられることが嫌いではない。ただ我を忘れてしまうのが怖いという可愛い言い訳があるだけ。

「もうっ、……九竜さん、身体目当てですかっ」

「なんだ、それは」

 思いがけない単語に首を傾げると、再びこちらを振り向いた竜也は少しふて腐れたみたいに口を尖らせる。その表情はあどけなさがあってひどく可愛いが先ほどの言葉は聞き流せない。会えば必ず組み敷くがそれだけではないつもりだ。

「だっていっつも、こんなにいっぱいっ。もっと、お話とか、したいです」

「セックス以外にもたくさんしてるだろう。あんたのおねだり聞いてディナーもランチも、ショッピングもドライブだって」

「じゃ、じゃあっ、今度は、……映画、観に行きたいです」

「いいぞ」

 しつこい俺のセックスに応える代わりにいつもこれまた可愛い条件を付けてくる。その場所や行動自体には大して興味はないが、竜也が喜んでいるの見るのが楽しいのでほとんどのおねだりは聞いている。そもそもNOと言ったことはこれまで一度もない。

「絶対ですよ」

「もちろんだ」

「次の、土曜日」

「わかった。ならおねだりの前借り分、たっぷりもらっていいよな?」

「あっ、やぁっ、そ、そんなにしたらっ、すぐイっちゃ、うっ」

 感じやすい素直な身体。言葉とは裏腹に飲み込んだ熱を離すまいときつく締まる。自分でさらに受け入れるように腰を揺らしているのに気づいていないのがいやらしくて可愛い。引き寄せるように細い腰を掴むとビクリと身体が跳ねた。

「ぁっ、んぅっ……やっ、あっあぁっ、……九竜、さんっ」

「今度はなんだ?」

「はぁっんっ、う、後ろ、からじゃ、なくて、……前から、前からがいいです。寂しいです」

「竜也はこっちのほうが感じるだろ?」

「でもっ、九竜さんの、顔が見たいです」

「……仕方ないな」

「んっ」

 ずるりと熱を引き抜けば肩が震える。すっかり銜え込むのにも慣れた熟れた窄まりはいやらしくヒクついて物足りなさそうに見えた。また奥まで突き入れたくなるが腰を落とした身体を仰向けに転がせば、涙目に見つめられて口の端が持ち上がる。
 じっと熱っぽい目で見つめてくる竜也は甘えるみたいに両手を伸ばしてきた。それに誘われるように近づいて薄く開いた唇を塞ぐと首元に腕を絡めてくる。

「んんっ、……九竜さんっ」

「ん?」

「好き、好きです」

「ああ、俺もだ」

 頬に口づけて汗ばんだ髪の毛を梳いて撫でれば、嬉しそうにはにかむ。それがまた可愛くて張り詰めたままだった熱を再び押し込むと、身体をのけ反らせて打ち震えた。従順な身体は次第に律動に合わせて腰を揺らす。
 この身体をもう数え切れないほど抱いてきたのに、まったく飽きることがない。それどころか毎日でもと思ってしまうくらいにハマっている。甘い言葉を囁かれるだけで喜んでしまう自分に自分でも驚いている。

「竜也、気持ちいいか?」

「ひ、ぁっ、ぁっ、いいっ、いいです。きもち、いいっ、……九竜さんっ、あっ」

「なんだ? もっとか? 素直に言えばもっと気持ち良くしてやるぞ」

「……あ、んっ、……も、もっと、してくだ、さいっ、あっあぁうっ、ぐちゃぐちゃにしてっ」

「お利口さん」

 そのうちこの華奢な身体を壊しそうだと思うが、本人の無自覚なエロさは際限がない。感じすぎて髪を振り乱しているそんな姿まで美味そうに見えてさらに理性を崩したくなる。涙や唾液で汚れた顔まで可愛く見えるのだから大概だ。

「竜也」

「あっ、イクッ」

 結局いやいやしたあとにも三回くらいイかせて、足腰立たなくなった頃に開放した。疲れでうつらうつらしているいとけない顔をしばらく見つめていると、視線に気づいたのか眠たそうな瞳がこちらを向いた。そして頼りない手が伸ばされる。
 その手を掴んで唇に引き寄せるときゅっと指先を握られた。

「シャワー、浴びるか?」

「いまは、いいです」

「水は?」

「……ください」

 ベッドサイドに置いていたペッドボトルを掴むが、ウトウトしている竜也はいまにも落ちそうだ。手渡すのは諦めて口に含んで口の中に流し込む。喉が上下して飲み込んだのを確かめると、もう一度唇を寄せる。

「まだ飲むか?」

「もう大丈夫です」

「寝ていいぞ」

「九竜さん」

「なんだ?」

 ベッドの縁に腰かける俺を引き寄せようとする手は指先にすらほとんど力が入っていなくて、短い爪で微かに引っかかれる程度だ。子猫のような仕草が可愛らしくてしばらく見ていたい気分になったが、瞳が訴えかけてくるのには敵わない。
 足元で丸まった毛布を引き寄せて竜也の肩へかけてやると、その隣に横たわり力ない身体を腕の中に抱き寄せる。するとすり寄るように胸に顔を寄せてぴったりとくっついて来た。

「ベッド買い替えたほうがいいでしょうか」

「どうした急に」

「この小さいシングルベッドだと九竜さん窮屈ですよね」

「まあ、確かに。でもあんたを抱きしめていれば問題ない」

「……最近、引っ越ししようかな、なんて考えるんです」

 少しばかり重たいため息をついて胸元にすり寄る、その理由も仕草も可愛すぎて口元がにやける。髪を梳いてつむじに口づけを落とせば伸ばされた手に抱きつかれた。
 この部屋は1LDKで決して狭くはない。一人暮らしならば十分すぎるほどで、在宅仕事で家にこもっている竜也には丁度いいくらいだ。けれど部屋は一人暮らしを念頭に置いているから二人で過ごすと少し不便な部分もある。
 小さなベッドもそうだが二人で食事をするダイニングテーブルも小さい。ソファもコンパクトで並んで座るには窮屈だ。風呂に至っては3点ユニットバスなので一緒に入ることも叶わない。

「とりあえず家具を買い替えるだけでも十分じゃないのか。好きなのを買ってやるぞ」

「……でも」

「なんなら俺の家に越してくるか?」

「えっ!」

「けどなにもない部屋だから一人で寂しくなるかもしれないけどな」

「……今度、九竜さんのお家に、行ってみたいです」

 投げかけた言葉に勢いよく顔を上げた竜也の瞳は期待を含んでキラキラとしている。それを見るとやはりNOという返事は浮かんでこない。そしてもう一つ、家に他人を入れたことがない、と言う俺の決めごとが覆される。
 とは言えこれはすべてこの男に限ることなので、ほかの人間には適用されない。

「じゃあ、次に会う時にあんたの仕事が片付いてたらな」

「頑張って仕事します!」

「わりと竜也は仕事を詰め込む癖があるから、少しゆとりを持ったらどうだ?」

「一人だと仕事するくらいしかなくて」

「ならなにか生き物を飼ってみるとか」

「九竜さんはなにが好きですか?」

「俺はあんたがいればいいから、好きなものを選べばいい」

 正直言えば生き物を飼って意識がそちらへそれるのだって気に入らない。けれど仕事ずくめの竜也に余裕を与えるには別なものに意識を持たせる必要がある。一人でいる時間も長いし、少しくらいは癒やされる時間はあったほうがいい。
 だがいまは考え込む彼を抱き寄せて、自分にだけ意識が向くように口づけた。