その瞳に溺れる07

 あんな場所で自分の弱い場所をさらしてイかされるなんて恥辱以外なにでもないと思うが、それだけで溜飲が下がるほど自分はお安くはできていない。もし少しでも遅れていたら、もし気づかぬままだったら、そう思うと腹立たしさが増す。
 誰が悪いなどとそんな細かいことを言うつもりはない。ただすべてが悪い方向に噛み合っただけだ。けれどそれだけのことで頭に血を上らせている自分にもいささか戸惑いを覚える。

「九竜さんっ、待って、待ってください! ごめんなさいっ」

「もうあんたのごめんなさいは聞き飽きた」

「……っ! あ、その、えっと」

 早々に店を引き上げて後ろで必死に謝る声を無視して歩いた。けれど不安でたまらないのだろう竜也は何度も言葉を繰り返す。それになおさら苛立ちを煽られた。
 道の途中で拾ったタクシーに押し込むと怯えた目で見つめてくる。それでも黙って前を向いていれば萎れたように俯いてしまった。これは八つ当たりに近い、それはわかっている。自分と一緒にいることで気が抜けてしまったのだろうと言うのもわかっている。

 だからこれは竜也に対して怒りを感じているのではなく、ほかの男に容易く触れさせてしまった自分に対しての怒りだ。
 すっかり俯いてしまった横顔はぽつぽつと涙をこぼしている。泣かせたいわけではなかった。それにもまた苛立って、息を吐いたらそれにビクリと肩を震わせる。

「こっちへ来い」

 震える肩に手を伸ばせば涙を溜めた瞳がこちらを窺うような色を見せる。手を滑らせて腰を掴むと無理矢理に身体を引き寄せた。倒れ込むように腕の中に収まった竜也は驚きに目を瞬かせている。
 さらに抱き寄せて柔らかな髪に口づければ、恐る恐ると言ったように手が伸びてきて背中へ回った。しがみつくみたいに抱きつかれて、髪を撫で梳いて額や目元へも口づけた。

「九竜さん、まだ、怒ってますか?」

「怒ってはいない。腹が立っているだけだ、自分に」

「不注意で、すみませんでした。少し浮かれすぎてました」

「いい、わかってる。もう謝らなくていい」

「嫌いに、ならないでください」

「心配しなくともなりはしない」

 そう簡単に嫌いになれるのならこんなに苛立ちはしない。やはり繋いでしまおうか、そんな考えが浮かんできて自分でも呆れてしまう。望めばきっと彼ならそれを受け入れる。大人しく家で帰りを待っていてくれるだろう。
 けれどそうしたら今日見た笑顔は見られなくなる。それを思うとそんな我慢はさせたくない。いつでも幸せそうに晴れやかに笑うあの顔が好きだ。

「着いたぞ」

「……ここ、どこ、ですか?」

「俺の家だ」

「えっ!」

 腕の中でウトウトしていた瞳が見開かれて正直に輝く。跳ね起きてわかりやす過ぎるくらいにそわそわとして、手を引いて下りればますます表情が明るくなった。子供みたいに顔をそらしてマンションを見上げる姿には思わず笑ってしまった。

「すごい! タワーマンション」

「背が高いだけで普通のマンションだぞ」

「コンシェルジュ? がいるマンション初めてです。セレブな感じ」

 ようやく気分が持ち上がったのか笑顔が戻ってくる。自分で泣かせておきながらそれにほっとしてしまった。興味津々な様子でエントランスの中に視線を向けるその顔が幼くて可愛い。エレベーターが三基もある、なんてことにまで驚くそれがおかしかった。

「お邪魔します」

 部屋に着くと警戒する犬猫みたいな反応でそろそろとあとを着いてくる。しかしリビングに続く扉を開けば感嘆の声が上がり、目に見えない耳や尻尾が立ち上がっているように思えた。パタパタとスリッパを鳴らし、窓際に近づいていくその背中に口の端が持ち上がる。
 高層階から見える景色は隔てるものがなく遠くまで夜空が繋がって見える。街明かりが眼下に見えてなかなかの夜景だと思う。この景色を見ながら酒を飲むのがわりと好きだ。

「お家に居ながらにして夜景が見られるなんて素敵ですね」

「ここへ越してくる気になったか?」

「えっ?」

「今日のことでつくづくあんたを俺の元に繋ぎ止めておきたくなった」

「……九竜さん、……んっ」

 振り向いた顔に唇を寄せてキスを落とす。柔らかな唇を食むように口づければ、持ち上がった手がジャケットにしわを作る。さらに奥へと押し入り舌を絡め取ると、ピクンと小さく震えてその手は背中へ回される。
 いつもよりほんのり熱い口内。食らいつくようにキスを仕掛けたら、それに応えようと必死に舌を伸ばしてくる。いつまで経っても慣れない彼の拙さがやけに愛おしい。

「ぁっ……」

 口の中をたっぷりと愛撫して、唇を離した頃には濡れた唇は赤く色づいて色香が滲み始める。見上げてくる瞳には熱か浮かんで、その先を請うようにも見えた。細い首筋を手の平で撫でると、痕を残した場所にもう一度噛みつく。
 少しキツいくらいに歯を立てたが、鼻先から甘い声を漏らす。

「あんた、意外とMっ気があるよな」

「えっ、そ、そんなこと、ない、です」

「いまここ囓られて感じてただろう」

「……く、九竜さんがしてくれることは、全部、気持ち、いいです」

 恥ずかしそうに目を伏せて、とんでもないことを言い始める目の前の男にめまいがする。こんな美味そうな据え膳を食べ逃してなるものかと少し感情が振り切れそうになった。おもむろに身体を抱き上げると驚きに身を固くするが、構わず腕に収めたまま寝室へ足を向ける。
 そして突然のことに対応できていない可愛い男を広いベッドに転がした。柔らかく沈むベッドの感触に目を瞬かせて見上げてくる、そのどこかあどけない表情も欲に溺れさせたくなる。

「えっ、九竜さんっ! 待って、あっ……」

 横たわる身体にまたがりデニムに手をかけると、小さな抵抗を無視して無理矢理に引き下ろす。細くて白い脚が室内の間接照明の中で際立って見える。それに舌なめずりしてニットの裾から手を忍ばせ小さな尻を覆うボクサーパンツまで引き下ろした。
 慌てて抵抗するように脚を閉じるけれど、それも大した威力はない。簡単に脚からすり抜けたものはデニムと一緒にベッドの下へ放る。

「待って、くだ、さい」

「残念だが待ってやれない」

「やっぱり怒ってるんですか?」

「いま俺が怒っているように見えるのか?」

「……ちょっと、怖いです」

「それはいまあんたが食いたくて仕方ないからだ」

 不安げに瞳を揺らすそれさえもそそられる。荒々しく唇を重ねて、太ももから手を滑らせて中心まで移動していく。怖い、そう言いながらも素直な性格のままに正直な身体は反応を見せていた。
 手の平でじっくり撫でていけば、次第にそれは蜜をこぼし始める。それとともに小さな甘い声が唇からこぼれ出す。扱くたびに腰がビクビクと震えて声が切羽詰まったように短くなった。

「なんだ、もうイキそうなのか?」

「ご、ごめん、なさいっ」

「泣くほど気持ちがいいのか? こらえ性がないな」

「だって、ぞくぞく、して、我慢でき、ないっ、……ぁ、あぁんっ」

「あんたのそのいやらしくて可愛いところ好きだよ」

 溢れてくる蜜をたっぷりと塗り込めるように扱いて、その先の快感を誘うように溢れさせるそこを指先でこじ開ける。すると甲高い嬌声が上がってビクンビクンと身体を震わせて果てた。視線を上げると肌まで赤く染まっているのがわかり、涙の浮かんだ艶っぽい目で見つめ返される。

 まっすぐな目に加虐心を煽られた。身体に力が入らないのをいいことに少し乱雑に身ぐるみを剥ぎ取っていく。あらわになった美しい姿態はひどく艶めかしくて、濡れそぼった熱はいやらしく、ツンと立ち上がった胸の尖りは愛らしい。
 覆い被さるように身体を寄せると肌を舌でたっぷり味わい、胸の尖りを指先で可愛がる。それだけでたまらないのか焦れたように腰を揺らす姿は極上だ。

「んぅっ、く、りゅ、さんっ、……そこだめっ、すぐ、イっちゃう」

「竜也は本当にここが弱いな」

 一番初めに教え込んだ性感帯。胸の尖りは酷くいじめてやるとすぐに達してしまう。さらに突っ込みながらそこをいじれば締めつけがたまらなくて癖になる。けれどいまはそこだけでイかせてやろうと口に含んで吸い上げた。

「んんっ……いや、いやっ、だめっ」

「そんなに嫌なのか? やめるか?」

「あ……、んっ、九竜さんので、イキたい、です。中に欲しいです。中が、寂しい」

「随分と可愛いおねだりだ。あとで嫌だなんて言っても聞かないからな」

 誘うような目で見上げてくる、それにガツンときた。今夜はこの身体を解放してやれそうもない。いまは飢えた獣になった気分だ。誘うように腕を伸ばされて溺れるようにのめり込んでいく。