初候*款冬華(ふきのはなさく)

 一月も半ばを過ぎ、雪が降り積もる毎日。都会ではお目にかかることができない、銀世界だ。積雪は一メートル、あるとかないとか。
 雪を掻いても掻いても終わらないが、寒さで冬ごもりしたくなる。

 そんなことを考えながら、暁治は居間から見える庭を眺め、息をついた。
 その視線の先には、見た目若人なあやかしたち。縁側のガラス戸を通しても、雪が降る外の世界は寒そうだ。それなのに、揃いも揃って大はしゃぎしている。

「猫はこたつで、丸くなるんじゃなかったのか」

 キイチは朱嶺に雪玉をぶつけて、意気揚々としている。それに負けじと応戦する姿は、本当に少年のようだ。
 河太郎と鷹野はかまくら作りに勤しんでいる。そのすぐ傍には、不格好な雪だるまが二つ。

「妖怪は雪に強いのか? いや、妖怪に限ったことじゃないな」

 先ほどまでかまくら作りに混じっていた、桜小路が楽しそうになにかを作っている。嬉々とした笑顔は、最近よく見るようになった。
 黙っていると厳つい顔をしているが、このところ笑っていることが多いので、穏やかに見える。

 この町に来て、かなり気持ちにゆとりが出たのだろう。
 周りが賑やかだから、それに感化されているのかもしれない。なんにせよ、いいことだ。
 茶をすすりながら、暁治は手元に視線を落とした。

「さむっ」

 一人でこたつを満喫していたが、ふいに冷気が漂う。顔を上げて庭へ視線を戻すと、ガラス戸が開いている。そこには桜小路が立っていて、縁側で彼らを見ていた桃が、満面の笑みで振り返った。
 暁治と目が合うと、彼女はなにかを手にして駆けてくる。そして瞳をキラキラさせて、それを暁治の目先に差し出した。

「雪うさぎ、か。って、手に持ったら溶けるぞ」

 慌てて立ち上がり、暁治は台所から銀トレイを持ってくる。桜小路が作った小さな雪うさぎは、全部で七羽。
 微妙にサイズ感が違うそれらは、この家の家族たち、だそうだ。

「これだけいたら、毎日騒がしいはずだよな」

「宮古、楽しそうだな」

「え? そうか?」

「ああ」

 やんわりと目を細められて、少しばかりくすぐったい気持ちになった。毎日が楽しい――その感情が、暁治の欠けていた部分を埋めたのは、間違いない。

「コウちゃん! この上、固めて!」

「いま行く」

 騒がしい声、賑やかな声、笑い声。それを聞いていると、なぜだか心が優しく凪いでいく。いつの間にかこの空気に、自分が溶け込んでいることに、暁治は気づかされた。

「あのかまくら、何人仕様だよ」

 庭の一角にできたかまくらは、大人が数人は入れそうだ。
 そういえば、と思い出す。子供の頃に作ったかまくらは、朱嶺と暁治が入ってちょうどくらいだった。そんな些細なことが、大人になったのだなと感じさせる。

「雪景色もいいもんだな」

 自然と浮かぶ笑み、暁治はまた手元に視線を落とす。そして手にしたスケッチブックに、鉛筆を走らせた。

 すらすらと手が動く。描きたいものが、どんどんと浮かんでくる。絵を描いていて楽しいのは、こういう時だ。
 ふと息をついて、こたつの上の湯飲みに手を伸ばした。けれどいつの間にか、熱かったお茶は冷め切っていた。随分と時間が経っていたことに気づき、暁治は庭を見る。

 完成した大きなかまくらに、七体の雪だるま。けれどそこには、彼らの姿がなかった。
 不思議に思い首をひねるが、すぐに玄関のほうからわいわいとした、騒がしい声が聞こえてくる。

「駄烏! ちゃんと雪を払うにゃ!」

「ちゃんと落としたよ!」

「兄ぃ、キイチ殿、喧嘩はいけないでござる」

「やあやあ、桜小路殿のおかげで、捗りましたなぁ」

「駄猫は放って置いて、桃ちゃん、行こう行こう。寒ーい」

 どうやら雪を払うために、そちらに回ったようだ。きっと雪合戦が白熱したに違いない。そんなことを思い、肩をすくめる暁治だが、はたと我に返り、床一面に散らばった紙をかき集めた。
 けれどそうこうしているうちに、足音が近づいてくる。

「はる~!」

 からりと障子が開かれて、顔を上げた瞬間、ひらりと紙が一枚宙に舞う。とっさに手を伸ばすものの、届かなかった。

「あ、絵を描いてたの?」

「み、見るな!」

 足元に落ちた紙を拾い上げる朱嶺に、制止の声をかけるけれど、その甲斐もなくそれに視線が集まる。彼の後ろから覗き込む一同に、暁治の顔が赤く染まった。

「これは……」

「おれたちにゃ」

「おお、さすがは絵師でござる」

「私もおりますな!」

 感嘆の声が上がるが、身内に見られると恥ずかしいものだ。絵を見れば、暁治の目に彼らがどんな風に映っているのか。それがバレてしまう。
 顔を上げた桜小路は、落ち着きなく視線をさ迷わせる暁治に、意味ありげに微笑んだ。

「もっとほかにもあるの?」

「見たいにゃ!」

 わっと群がってきたあやかしたちに、あっという間にスケッチブックや紙をさらわれる。貼り出すみたいに、床に一枚ずつ並べられて、暁治はいたたまれず、顔を覆う。
 けれどこんな風に、手放しで喜んでもらえるのは、子供の頃以来だと思った。

 感動したように、みんなが笑顔を浮かべている。描いた絵を誰かに褒めてもらえることが、純粋に嬉しいと感じた。
 それとともに、揺れ動いていた気持ちが固まった。

「はる?」

「うん、ちょっと」

 賑やかな彼らを背に、暁治はその場を立つ。訝しげな朱嶺の顔に、片手を上げて返すと、自室に戻った。

「はい、今回は、すみません」

 まず暁治がするべきことは、桜小路が持ってきた話に答えを出す、それ一択だ。
 画廊の担当者に電話をかけて、自分の気持ちを正直に伝えた。

『そうですか。そちらに残られるのですね』

「とても悩んだんですが、……ここで描いていくことが、自分のプラスになると思ったんです」

『確かに、ここ一年で宮古さんの絵は大きく変わられました。残念ですが、自分に納得された時に、また連絡をください』

「ありがとうございます」

『ビジネスとして、今回の話は白紙に戻ります。ですが私は、あなたの絵が好きです。あなたと仕事がしたい。コンテスト、ぜひとも参加してください。宮古さんの可能性を信じています』

 画廊・月葉堂が年に一回行うコンテストは、次世代の画家を輩出する大きな展覧会だ。そこで賞を獲った画家は、大きく飛躍することがほとんどだった。
 期待をかけられることが、こんなにも嬉しいと思うのも、久しぶりだ。

 ここへ来たばかりの頃は、もっとできる、もっと上を目指せと言われ、その重さに暁治は負けかけていた。しかしいまは、前へ進む勇気が湧いてくる。
 心に大きな変化が生まれた証拠だろう。

「はる」

 電話を切ると、小さな呼び声が聞こえた。それに振り向くと、朱嶺が部屋の戸口で、思い詰めたような顔で立っている。
 その顔に暁治は笑って肩をすくめた。

「なんだよ。その通夜みたいな顔」

「決めたの?」

「決めたよ」

「大きなチャンスだよね」

「……ああ、でも俺はここで、絵を描いていくことに決めた。この町に根を下ろすよ」

「え?」

 パチパチと瞬いて、朱嶺は呆気にとられた顔をする。てっきりもう、暁治がここにいる選択をすることに、気づいていると思っていた。
 恋人のその間の抜けた反応を見て、暁治はぷっと吹き出すように笑う。

「なんだよ、俺がお前を置いて帰ると思ってたのか?」

「いや、その、だって。暁治の将来がかかってるって、コウちゃんが言ってたし」

「確かにそうだけど。俺の可能性は、ここで終わるわけじゃない」

 この町にいてもできることがある。いや、この町だからこそできることが多い。天秤はどちらか片方に、傾かなければいけないわけではない。
 それならば夢も、希望も手にしてもいいはずだ。

「そっか」

 ほっとしたように表情を和らげた朱嶺は、へにゃりと笑った。そして近づいてくると、ベッドに腰かけていた暁治に飛びつく。
 勢いのまま二人で倒れ込めば、ぎゅっと力強く抱きしめられた。

「はるはきっとすごい画家になるよ。あんなに優しい絵を描けるんだもん」

「まあ、長年生きてきたお前が言うんだから、信じるよ」

「僕の自慢の恋人だよ」

「そうか、そりゃ良かった」

「知ってる? ふきのとうって、この時期に蕾を出すのに、春の季語なんだよ。雪の下で春を育むんだ。まるでいまのはるみたいじゃない? いっぱい栄養つけて、春に蕾を開くね」

「春に、はるって……ややこしいな」

「僕、もしはるが帰ってしまっても、きっと追いかけてたよ」

 身体を起こした朱嶺は、覗き込むように顔を寄せてくる。視線を合わせると、ふふっと小さく笑って、唇に触れるだけのキスをした。