一歩前ヘススム01

 春はなにかと忙しい季節だ。年度が替わって社内も慌ただしくなるし、不慣れな新入社員たちがあれこれと問題を持ち込んで、そのフォローにも追われる。しかしいまの部署に異動して三年目の雅之には、もうすっかり慣れた業務だった。

「すみません。社員証にひびが入って」

「社食の自販機が動かないけど、どうなってるの?」

「悪い、このあいだ会議室予約したんだけど。変更できなくなってるからなんとかして」

「ちょっとこれ、早急にまとめて欲しいんだけど」

「一人ずつ対応するので順番に待っててください」

 総務部は何でも屋だと称する者がいるが、確かにその通りだ。困ったことがあればまずみんなここへ駆け込んでくる。パソコンスキルも必要な部署ではあるが、一番必要なのはコミュニケーション能力だろう。
 その点において雅之は優れていた。性格は穏やかで、忙しくてもカリカリせず、どんな時でも丁寧に応対をしてくれる。頭の回転もよく、仕事には正確性があった。

 それに加え見た目もまた清潔感があり、優しげな風貌で親しみがある。にこにこと笑みを浮かべられれば、急いていた気持ちもなだめすかされた。
 実際のところ、高遠さんにお願いすればなんとかなる、と言っている社員も少なくない。けれど何でも屋のシャッターは定時時刻ぴったりに閉まる。今日も時刻の五分前に素早く対応を終わらせ、十八時ちょうどに雅之は退勤記録を付けた。

「それじゃあ、また来週」

「高遠さん、お疲れさま」

「お疲れさまです」

 デスクの上を綺麗さっぱり片付けると、パソコンを落として鞄を掴む。すると同僚たちは皆にこやかに挨拶を返してくれた。

「最近、高遠さんは週末になるとご機嫌ですね」

「確かに、なにかあるんですか?」

「ああ、いいこと、ですかね」

 仕事が終わった途端に気分が上がったのは、自分でも気づいていた。それでもそこまでわかりやすかったかと、緩んだであろう顔を引き締める。そして雅之はにっこりと笑みを浮かべて、集まる期待をやり過ごした。

「息子のお迎えがあるので、僕はこれで」

 週末にいいこと、なんて想像が容易い。きっとみんなの頭には『恋人』の文字が浮かんでいるのだろう。女子社員が聞いたら悲鳴を上げそうな事態だ。
 バツイチ子持ちというマイナス点はあったとしても、雅之は優良物件だった。まだ三十二と年若く、顔良し、性格良し、安定収入に持ち家あり。社内でもよく噂に上がっている。

 けれど当人はそういったことには疎く、あまり関心がないので、耳に入っても右から左へ通り抜けていた。そもそもいまは、同僚たちの予想どおり『恋人』に夢中で、耳に届いていないと言ってもいい。
 踏みだす足取りも軽くて、鼻歌でも飛び出しそうな気分になっていた。

 会社から電車で三十分と少し――自宅の最寄りでもある駅で降りて、一番に向かうのは愛息の待つひびきの保育園。お迎えのママさんたちと挨拶を交わしてから、玄関の戸を開いた。

「こんばんはぁ、高遠です」

「はいはーい」

 しばらくそこで待てば、奥から男性の声が聞こえてきた。そしてすぐにトタトタと足音を立てて園児が駆けてくる。一直線に向かってきた彼は、両手を伸ばして瞳をキラキラさせた。
 大きな瞳に雅之譲りのくせ毛の黒髪。愛らしいその顔は女の子に間違えられることもあるが、利発で元気な男の子。もうすぐ四歳になる雅之の愛息、希だ。

「まさっ」

「希、いい子にしてたか?」

「のぞ、いい子だよ!」

「よしよし、いい子だ、偉い偉い」

 褒められるのを待っている息子の頭をぐりぐりと撫でて、きゃっきゃと笑う彼を抱き上げる。ぎゅうっと両手で抱きついてくる希に雅之は相好を崩した。
 希が生まれるまでは、さほど子供好きというわけではなかったが、いまでは目に入れても痛くないほど可愛いと思っている。少しばかり甘やかしすぎて、おねだりが多いこともあるけれど、それも大して気にしていない。

「希くん、忘れ物だよ」

 一生懸命に今日の出来事を報告する希の話を聞いていると、先ほど聞こえた声の持ち主がやってくる。高身長な雅之よりも背が高く大柄で、日に焼けた肌と相まってクマのように見える人だ。
 けれど顔立ちが優しくて、笑った顔はお日様のように明るい。その人は手に希のバッグと絵本を持っていた。

「これパパに買ってもらったばかりのご本だろう」

「それのぞの!」

「はい、パパに渡しておくからね。高遠さん、今日もお疲れさまです」

「園長先生、いつもありがとうございます」

 差し出されたバッグと絵本を受け取り頭を下げると、彼――響木義昭は希の頭を撫でて、希くんはいつもいい子だよね、と笑った。

「来週もまたよろしくお願いします」

「はい、また来週。お待ちしてますよ。希くんまたね」

「ほら、希、バイバイだよ」

 ひらひらと手を振られて、もう一度会釈を返すと、雅之はそのまま踵を返そうとした。しかしその前にネクタイを思いきり引っ張られる。ぎゅっと締まるそれに慌てて小さな手を掴めば、先ほどまで笑っていた希が頬を膨らませていた。

「あっくんは?」

「……あっくんは、忙しいから」

「やだやだ、のぞはあっくんと帰る!」

「ほら、その、また今度」

 やーやーとむくれた希は腕の中でジタバタとする。あっくんこと響木淳は義昭の一人息子で、ここの保育士だ。希の一番のお気に入りで、お願いをしてよく一緒に家に来てもらっていた。
 しかし春先はどこも忙しい。いつもより仕事の遅い親たちを待つ子供たちで手一杯なのだろう。毎週のように一緒に帰ってくれていたが、息子の我がままばかりを聞いてもらうのは無理がある。

「希、我がままは言わない」

「やぁ、あっくんっ」

「すみませんね。いま別の子で手が離せなくて」

「いえ、いいんです。ちょっとうちの子が我がままが過ぎるだけで」

「終わったらすぐに行かせますから」

「え?」

 腕の中で海老反りになりながら暴れる息子をなだめていた雅之は、ふいに囁かれた言葉に時間を止めた。それを飲み込んで頭の中で反芻して、色々な言い訳が瞬時に駆け巡る。

「いえ、わざわざそんな、淳くんも疲れているのに」

「いつもお世話になっててすみませんね」

「えっ?」

「あの子も毎週楽しみにしてるんですよ。週末になるとウキウキして」

 なにやら話が噛み合っていないように感じる。声を上擦らせた雅之に、にこにこと笑う義昭の顔から真意を読み取るのは難しい。それでもなにか失敗してはいけないと、また様々な言葉が頭の中でぐるぐるとした。
 それなのにそんな言葉も消し飛ぶようなことを言われる。

「いやぁ、ずっとあの子が片想いしている様子だったので、ありがたい。まさか実るとは私も思っていなかったので」

「ええっ?」

 あっけらかんと笑ったその人の言葉に、雅之の心臓はきゅっと鷲掴まれたような心地になった。あの子――淳とは、五ヶ月前から確かに付き合っている。しかしいままでこっそりと誰にもわからないように付き合っていたはずだ。
 それがどうして父親にバレているのか。考えがまとまらず視線をさ迷わせたら、軽快な笑い声が響いた。

「高遠さん。息子のこと、よろしく頼みますね」

 笑い返す唇が引きつるような感覚がしたけれど、頭を下げられてハッとする。思いがけず知られていたが、反対や嫌悪どころか、好意的でしかない。
 息子の片想いを知るくらいなのだから、彼の性癖を知っていたのだろう。だとしてもまっさらな経歴とは言えない男に頭を下げてくれる。それをまっすぐに受け止めないわけにはいかない。

「……はい、もちろんです」

「高遠さんなら安心ですよ」

 朗らかに笑う顔を見て少しほっとした。だがそんなにわかりやすく態度に出ていただろうかと首をひねらずにはいられない。付き合う前とあと、あえて日常に変化を持たせないようにしていた。
 手が空いた時にだけ家に来てもらうようにしていたし、淳も週末の仕事終わりにいつも家に来ることは、きっと公言していないはずだ。

 しかしどこから? そう考えて、ふくれっ面を極めている息子に視線を落とす。そしてそれとともに雅之は重たいため息を吐いた。子供の口にはどうしたって戸は立てられないものだ。