一歩前ヘススム03

 眠りから意識が浮上すると、すーすーと穏やかな寝息が聞こえてきた。それにまだ重たいまぶたを持ち上げれば、胸元に希がぴったりとくっついて眠っている。さらに視線を動かした先には、あどけない顔で眠る淳の姿があった。
 いつもこのパターンだな――そんなことを思いながら、雅之は幸せの光景に目を細める。あれから淳が来たことに気づいた希は、一緒に寝ると聞かなくて、二人の甘い時間は呆気なく終わってしまった。

 それでも週末は決まってこうして三人で寝ているので、二人だけの時間のほうが異例だったのだ。しかしかなりいいところでのお預けになってしまい、身体のほうは色々なものが溜まっている。
 二人の時間になったらたっぷり味わわせてもらおう。そう心に決めて、ウトウトとまたまどろみの中に意識を沈めた。

 次に目が覚めた時にはアラームが鳴っていて、少しだけベッドが軋み、淳が起き上がったのを感じる。けれど雅之は目を閉じたまま彼の様子を窺った。
 アラームの音が止むと再びベッドが沈み、少しずつ気配が近づいてくるのがわかる。それでも寝たふりをしていると、すぐ傍まで近づき、淳は雅之のこめかみにキスを落とした。

 そして指先で髪を撫で、またそっとキスをしてくる。頬に落とされた唇の感触に、まだ寝たふりをしていようと思っていた雅之の口元が緩む。そうするとそれに気づいた淳が慌てて離れていこうとした。
 けれどとっさに腕を掴み、雅之は彼を引き止める。

「お、起こしちゃってごめんなさい」

「大丈夫、もう起きる時間だし、実は起きてたんだ。ただ淳くんがあんまりにも可愛いから」

 こちらを見下ろす視線に笑みを返すと、じわじわと彼の熱が広がっていくのがわかった。頬、首筋、耳まで赤くて、ほのかに染まる肌がひどくそそられる。逃げ出そうと身体を引かれたので、掴んでいた手首を引き寄せた。

「こっちおいで」

「あっ、の、希くんが、起きちゃいます」

「じゃあ、しーっ」

 ごろんと寝返りを打った希に淳は肩を跳ね上げる。けれど愛息は相変わらずすやすやと、寝息を立てていた。一度寝たら決まった時間まで起きないところがあるので、あまり心配はいらない。
 昨日の夜に起きてきたのは珍しい出来事だ。それでもまだ困ったように眉尻を下げるので、手を伸ばして少し強引に引き寄せる。そして躊躇いがちに近づいてきた身体を腹の上にまたがらせて、するりと腰を撫でると肩が震えた。

「雅之さん、駄目です」

「ごめんごめん、思わず」

 きゅっと唇を噛んで睨んでくるその顔まで可愛い。そう言ったらますます林檎のようになってしまうのだろう。たくさん甘やかして可愛がってあげたいと思う気持ちに、意地の悪い感情が湧いてくる。
 いままで雅之は恋人に対して、こんな気持ちになったことがない。可愛い笑顔もいいけれど、困らせるのもたまらないなんて自分の一面に驚く。しかしそれだけ彼に感情が向いているに違いないと、いまはその答えは横に置いた。

「この眺めいいね」

「え?」

「今度しようか」

 こちらを見下ろす純朴な恋人は、言っている意味が理解できずに首を傾げた。けれどわざと突き上げるように腰を動かしたら、湯気でも噴き出しそうな勢いで真っ赤に染まる。
 うろたえてひっくり返りそうになった身体を引き寄せると、抵抗のないまま雅之の腕に収まった。抵抗がないというよりは、動揺しすぎて反応ができないと言ったところだろう。

 なだめるように背中を叩いて、ごめんねと耳元に囁けば、涙目で睨まれた。しかしそれがますます雅之の気分を持ち上げる。両手で頬を包みそっと力を込めて引き寄せた。

「あっ、……ん」

 不自由な体勢に身をよじろうとしたけれど、さらに引き寄せて口づける。舌を絡めるとおずおずと応え、舌先を伸ばしてきた。甘噛みして吸いつけば、無意識に腰が揺れる。
 胸元を両手できゅっと握ってくる、その仕草にまたたまらなくなって、たっぷりと口の中まで味わった。

「んっ、んっ、……あっ、だめ」

「ムラムラしてきた?」

「……、雅之さん、意地悪だ」

「だって淳くん、可愛いんだもの」

「もうっ」

 ムッとしたように顔をしかめるが、その顔も可愛くてニヤニヤと笑ってしまう。そんな大人げない雅之の反応に、淳の口がさらに引き結ばれる。しまいには眉間にしわが寄って、さすがにからかいすぎたと、ご機嫌を取るように抱き寄せた。
 包み込むように抱きしめれば、抵抗を見せていた身体がぴったりと胸元に寄り添ってくる。すり寄るように頬を寄せるのが幼い子供みたいで可愛い。柔らかい髪の毛が首筋に触れてくすぐったいけれど、黙って彼の好きなようにさせた。

 静かな中で淳を抱きしめていると、またウトウトと眠気がやってくる。柔らかい髪を撫でて、そのまま意識が落ちそうになったところで、それを引き止められた。
 Tシャツの袖を引っ張ってくる小さな手に気づいて、雅之は重たいまぶたを持ち上げる。視線を向けると、いつの間に起きたのか、希がこちらを覗き込んでいた。

「あっくん、ずるい。まさっ、のぞも抱っこ」

「……ん? ああ、希、おはよう」

「ちょ、雅之さん、下ろして!」

「え? あ、そっか、ごめん」

 希が傍で両手を伸ばすのを見て片手を伸ばしたら、もう片方の腕で抱いていた淳がジタバタとする。それに雅之は首を傾げかけたが、また希がどこでポロリとこぼすかわからないと、抱きしめていた身体を放した。
 しかしそれとともに飛び退くように離れていかれて、少しばかり寂しくなる。

「よし、みんな起きたから朝ご飯にしようか」

「のぞ、甘いしゅわしゅわぱんがいい!」

「フレンチトーストか。うん、美味しいの作ろう」

 ぎゅうぎゅうと抱きついてくる希を抱き上げて、ベッドから降りると寝室を出る。三人で代わりばんこに顔を洗って、淳が希を着替えさせてくれているあいだに、雅之はフレンチトーストの仕込みを始めた。
 ついでに少し傷んできた林檎をコンポートにして、デザートに加える。希が大好きなのでよく作るのだが、レンジで簡単にできるので朝の忙しい時間にもってこいだった。

「希、今日はどこに行きたい?」

「んー、ライオンさん!」

 ダイニングテーブルでフォークを持ってスタンバイオーケーの希は、雅之の言葉に小さく唸ったあとぱっと表情を明るくした。毎週土曜日は彼の好きなところへ遊びに行く日になっている。
 先週は水族館、その前はテーマパークだった。

「じゃあ、動物園だな。昼ご飯はどうしようかな」

「パンダさんのサンドイッチがいい」

「ああ、あれか。着いたらすぐ買わないと昼にはなくなるな」

 希の言うパンダのサンドイッチとは、レッサーパンダの焼き印を押した動物園特製のサンドイッチで、人気が高く時間を外すと手に入らない。春先でもまだそれほど暑くはないが、保冷バッグを持っていこうと、雅之はキッチンの戸棚を漁る。

「希くん、動物園はライオンさんのほかになにがいるの?」

「んーとね、パンダさんとキリンさんと、のぞ、トラさんも好き!」

「トラさんか、格好いいよね」

「うん!」

 保冷バッグを探し当てて雅之が後ろを振り返ると、淳が絵本を開いて希の気を引いてくれている。彼がここへ来る前は、息子の話し相手をしながらご飯を作ったり、家事をしたりで随分と慌ただしかった。

 離婚してなにが大変だったかと言えば、やはり子育てと仕事の両立だ。当時の希は一歳になったばかり、その上いまの総務部に移る前の雅之は、経営企画部の第一線で仕事をしていた。
 実家の親に面倒も見てもらっていたが、希に時間がまったく取れない日が続き、このままではいられないと、すぐさま部署異動を願い出た。当初はかなり渋られて未練もあったが、いまでは部署を変えて良かったと思っている。

 毎日定時に帰宅して、一緒にご飯を食べてお風呂に入って、一緒に眠る。当たり前のことが当たり前にできるいまが大切だと思えた。
 そんな中、淳が来てくれるようになって一年くらい。まだまだ目の離せない希の傍にいてくれて本当に助かっている。改めて彼には感謝しなければいけない。

「おっと、時間時間」

 つい二人の和やかな姿を見つめてしまい、慌てて雅之はキッチンに向き直る。卵液を染み込ませたパンはもういい感じになっていた。
 バターをたっぷりと落としてフライパンに並べていけば、香ばしい香りが広がり、それに気づいた希が「いい匂い」ときゃっきゃっと笑った。