一歩前ヘススム05

 夕刻を過ぎ、夜の時間帯になってしまったが、二人の時間はこれから始まる。明日のお昼まで希を預かってもらえるので、それまではフリータイムだ。
 せっかくだから美味しい店でディナーを――そう雅之は考えていたけれど、今日は家でゆっくり過ごしたいという淳のおねだりを聞いて、デパ地下へ方向転換した。

 いつもは遠慮がちなところがあるので、時折こうして素直に甘えてくれるのがひどく可愛い。かくいう雅之も早く二人きりになりたいと思っていた。早く抱きしめてたくさんキスがしたい。できるならいますぐ隣り合った手も握りたい。
 それはまるで思春期の恋を覚えたばかりの少年のようだ。けれど実際の思春期の頃は、こんなに胸が騒ぐことがあっただろうかと考えてしまう。人並みに恋をしてきたはずなのに、いまの雅之にはその欠片さえも思い出せない。

「これだけで足りるかな?」

「だいぶ買いましたよ。雅之さんってちょっとをたくさんってタイプですよね」

 昼間に活用した保冷バッグの中には、小さなパックに入った惣菜があれこれと詰め込まれている。一見多いように見えるが、成人男性二人ならばおそらくあっという間だ。
 お酒も買って帰ろうと話していたので、夕食兼つまみ。ならばこの辺でやめておくかと、雅之はバッグの口を閉めて財布をしまった。

「ああ、品数が多いと希も喜ぶし。たくさん作ってストックしておくと、のちのち便利だからね」

「それをできるのって結構すごいんですよ。希くんくらいの歳は、まだそんなにたくさん食べられないから、ほんとにちょっとずつですよね。ベテランのママさんでも大変だって言いますよ」

「ほら、いまは時短レシピとかで、電子レンジが大活躍だから」

 元より雅之は料理をするほうではあったが、希と二人暮らしになってから積極的に母親に習うようになった。数あるレシピ本も彼女からおすすめされたものだ。おかげで高遠家の冷蔵庫は常備菜と小分けに冷凍した品でいっぱいになっている。
 結婚していた時でさえこんなにたくさん入っていたことはない。

「よし、食料はこれでいいか。なにか映画でも借りていこうか?」

「いいですね。そういえばこのあいだ貸した小説の映画が、レンタル開始になったみたいです」

「あ、あれすごく面白かったよ」

 淳と歳が離れているわりに雅之が会話に困らないのは、趣味が似通っているからだろう。読む本や観るドラマや映画、話してみると被っているものが多かった。最近ではお互いまだ触れたことのない作品を貸し借りしている。
 いま話題に上がったのはファンタジー作品で、なかなかの巻数が発行されているのだが、休憩時間や一人時間に読みふけり、読破したところだった。

「あれ、もうこんな時間か。遅い時間になっちゃったね」

「今日も一日が早いですね」

「ほんと淳くんとの時間は貴重だな」

「え? 大げさですよ」

 レンタルビデオ店に寄って、酒を買い込んだ頃には十九時を回っていた。朝から動いているのに、時間が溶けてなくなったかのような気になる。淳と一緒にいられるのもあと半日ちょっと、そう思ったら名残惜しささえ感じた。

「この辺りっていつも静かですよね」

「そうだね。一軒家やファミリータイプのマンションが多いからか、暗くなるとひと気が少ないかも」

 のんびりとマンションへの道を歩くと、自転車が時折、傍を通り過ぎていく程度で、すれ違う人は少なかった。

「昼間は暖かいけど、夜になるとまだ涼しいね」

「ですね。少し肌寒いくらい」

「大丈夫? 上着を持ってきたら良かったね」

「大丈夫です。でも、ちょっとだけ」

「えっ? あっ、あんまり可愛いことされると、送り狼になりそうなんだけど」

 ふいに周りを見回した淳はなにかを確認すると、一歩足を踏みだし、肩が触れるほどの距離まで近づく。そしてあったかいですね、と照れくさそうに小さく笑った。
 その顔があまりにも無邪気で、雅之の胸はぎこちないような忙しないような、妙な動悸を覚える。思わずおかしな音を立てる胸に手を当て、息をついてしまった。

「淳くん、あとちょっとだよ」

「はい。……んふふ」

「どうしたの?」

「なんだか、幸せだなぁって噛みしめちゃいました」

「また、そういう可愛いことを」

「だって夢みたいです」

 小さく含み笑いした淳は珍しく肩にすり寄ってくる。そのぬくもりがやけに愛おしくて、隣り合った彼の手に手を伸ばせば、きゅっと小さく指先を握られた。すると胸が再び慌ただしい音を立て始める。
 気づいた時には彼の手をきつく握りしめて、足早に歩き出していた。それに驚いた反応が返ってくるけれど、ただまっすぐに家へと急いだ。

 部屋の前にたどり着くまで五分くらいだったと思う。その途中、人とすれ違った気もするが、記憶が定かではない。押し込むように鍵を挿し入れて、扉の向こうへ飛び込んだあとは彼を強く抱きしめた。
 そうして淳の体温を感じて柔らかな優しい香りを嗅ぐと、少しばかり急いた気持ちがなだめすかされる。首筋に鼻先を押し当てて深呼吸したら、伸びてきた手に背中を抱きしめ返された。

「ああ、やっと抱きしめられた、って感じがする」

「昨日は、ちょっと……お預けだったので、俺もそわそわしちゃいました」

「じゃあまずは、一緒にお風呂でも入ろうか。それからご飯食べて映画見て」

「そのあとは、いっぱいしてくれますか?」

「その上目遣い、すごく可愛いね」

 ちらりと持ち上げられた目にほのかに熱が灯っていて、胸を鷲掴まれるような心地になる。頬を撫でると瞬いたまぶたがゆっくりと閉じられていき、それに誘われるままに唇を寄せて、薄く開いた隙間に滑り込んだ。

「ん、……んっ」

 絡みついてくる舌を撫で上げれば、背中を握る手に力がこもる。さらに深く押し入ると、肩を震わせて小さな甘い声をこぼす。その手の感触に、その声に、身震いするような、身体も心も揺さぶられる感覚がした。

「淳くん」

 二人分の唾液がこぼれて、二人の呼気が混じる。いつの間にか追い詰めるみたいに、彼の身体を玄関扉に縫い付けていた。握った手のぬくもりにふつふつと熱が湧き上がる。

「ぁっ、まさ、ゆき、さ……んっ」

 少しひんやりとした身体。シャツの隙間から手を差し入れてそこに熱を移していく。触れるたびに上がる体温で肌がしっとりと汗ばみ、指先に吸いつくような感触がした。立ち上る香りがムスクのようで、衝動が止まらず首元に歯を立ててしまった。

「ぁ、ぁっ、駄目……なんだか、変」

「ごめん。痛かった?」

「ち、違います」

 思いのほか強く噛みついてしまったようで、鎖骨に赤い歯形が残った。それを指先でなぞると淳の肩が大きく跳ね上がる。

「やっぱり、痛む?」

「そ、そうじゃなくて」

「ん?」

「なんかゾクゾクして、気持ち良くなっちゃって」

 言葉を紡ぐたびに頬が真っ赤に染まって、それに雅之が驚きをあらわにすれば、茹で上がったように肌まで朱に染まった。さらにはしどろもどろにごめんなさい、などと呟くものだから、理性がぷつりと焼き切れる。

「だ、だめっ、触ったら、すぐ出ちゃう」

 乱雑にベルトに手をかけてデニムのファスナーを引き下ろした。そしてその奥へ手を突っ込むと、びっしょりと濡れた感触がする。糸を引くようなぬめりに、雅之の口の端が持ち上がった。
 身をよじって逃げようとする身体を押さえ込んで、快感を引き出すように手を動かせば、か細い声が切羽詰まったように漏れ聞こえる。

「あっ、ぁっ、やっ……雅之さんっ、イっちゃう、イっちゃう」

「いいよ、いっぱい出して。……でもちょっと声、響いちゃうから」

「ん、んぅっ」

 もっと可愛い声を聞いていたいところだが、扉一枚ではさすがに通りすがりに声を聞かれかねない。それでも追い詰めるみたいに、激しく手の内にある熱を扱いていく。
 それはいつもより過ぎる快感なのか、次第に淳はボタボタと涙をこぼし始める。しかしその様子が可哀想だと思うのに、手を止めることができなかった。ビクビクと震えた熱は雅之の手の中にたっぷりと欲を吐き出す。

「はあ、すごい。いっぱい出たね。またヒクヒクしてる」

「あっ……まだ、止まんない。気持ちいいの、んんっ」

「もう一回、イク?」

「……雅之さんのも」

「うん」

 震える指先がスラックスのファスナーをじりじりと引き下ろしていく。もどかしいくらいの緩慢さに、手を取りたくなるけれど、熱に浮かされた目を見ると快感が増した。
 ようやく取りだしたものにうっとりとする淳は愛おしげに触れてくる。その様子に我慢がならず、早く――と耳元に囁けば、おずおずと腰を寄せてきた。拙い動きだが、熱い息を吐きながら腰をくねらせる姿だけで、達してしまいそうになる。

「今日の淳くん、すごくやらしくて可愛い」

「んっ、んっ」

 自分の声を塞ぐみたいに、ぐいぐいと唇を押し当ててくるそれは幼さを感じるのに、目の前の艶っぽさに息を飲む。今夜は寝かせてあげられないかもしれない、そんなことを考える自分に、雅之はひどく呆れた気持ちになった。