一歩前ヘススム06

 思いがけず玄関先でたっぷりと彼を堪能してしまい、そのあと慌てて食料と飲み物を冷蔵庫へしまった。これを出すのは、きっと夜が更けてからになりそうだと思いながら。

「お湯が溜まるまでに身体を洗っちゃおう」

「あ、はい。……んっ」

 浴室を覗くと、淳が浴槽にお湯が張られていく様子をぼんやりと眺めていた。一糸まとわぬ姿で縁に腰かけている彼に、そっと近づいて頬にキスをする。
 そうするといまだ熱の灯っている彼は、ひどく物欲しそうな目をしてくる。それに応えて唇に口づけたら、両腕を首元に絡めてきた。引き寄せられるままに彼を抱きしめて、髪を梳いて、手を滑らせ身体のラインを辿る。

「ちょっと待ってて、僕も脱いでくるから」

「あっ、ごめんなさい」

「いいよ」

 自分だけ裸であることに気づいたのか、ぽっと頬が赤く染まる。照れたように俯く彼のつむじにキスをして、雅之は洗面所に戻った。そして着ているものを脱いで、先に脱ぎ置かれた淳の衣服と一緒に洗濯機へ投入する。

 後ろを振り返るとまだ彼はぼんやりとしていた。艶っぽいその横顔に思わず見惚れてしまう。けれどしばしそこで立ち尽くしてから、あのままでは風邪を引かせてしまうと、急いで浴室に足を踏み入れた。

「淳くんの髪は柔らかいよね。さらさらで洗ってる感触も、僕や希と全然違う」

「希くんの髪はこしがありますよね。雅之さんのもそんな感じ?」

「うん、そう」

「今度、俺にも洗わせてください」

「いいよ」

 俯く淳の髪をたっぷりと泡立てて、温かいお湯でさっぱりと流す。雅之は彼が湯船に気を取られているあいだに済ませてしまっていた。どうせならしてもらえば良かったと、少しばかり後悔する。
 二人で風呂に入る機会はそれほど多くない。いつもはどちらかが希と一緒に入っていて、二人きりの時も交代で入ることがほとんどだった。

 たまにこうして明るい光の中でまじまじと彼の身体を見ることができる、それは雅之にとってご褒美のようなものだ。
 思わずじっくりとしなやかな身体を見つめた。元より痩せた印象はなかったけれど、保育士はわりと体力勝負なので、適度に筋肉がついている。仕事で日焼けすることもあるだろうに、シミ一つない綺麗な身体だ。

「あんまり、じっと見られると恥ずかしいです」

「ごめん、すごく綺麗だなって思って」

「そんなの、言われたことない」

 ふいに立ち上がった淳は視線に耐えきれなくなったのか、湯船の中へ逃げていく。それを追いかけて湯に浸かれば、抱きしめた身体は小さく縮こまった。
 緊張を解くように優しく後ろからキスをして、膝を抱える手を握りしめる。するとそろりと視線が持ち上がり、淳はこちらを振り返る。

「雅之さんから見た、俺って、どんな感じ?」

「え? 僕から見た淳くん? そうだなぁ。ふわふわのわんこみたいで、お日様みたいな笑顔が可愛くて、一緒にいると優しい空気が流れる感じがして、すごく癒やされるよね。あ、もちろん、してる時のえっちな淳くんもたまらなく可愛いけどね」

「そ、それっ、恥ずかしいから」

「だって聞いたの淳くんだよ? 僕はどっちの淳くんも可愛くて好き」

 ジタバタと逃げ出そうとする身体をきつく抱きしめたら、しばらく抵抗したのち、諦めたのか大人しくなった。けれど顔はすっかり俯いてしまって、表情が見えなくなる。
 覗き込むと顔をそらされてしまい、また意地悪が過ぎただろうかと心配になった。

「ごめんね」

「えっ? こ、これは、嫌だったわけじゃなくて、恥ずかしいんです。まだ慣れなくて」

「慣れない? なにに?」

「なんていうか、こう、受け手に回る感覚っていうか」

「あれ? いままでって」

 淳の言葉に思わず雅之は首をひねる。けれどどんどんと淳の首筋が赤くなっていくのがわかって、深く追及するのをやめた。その代わりにじっくりと考える。
 そういえば初めて彼を抱いた時、するのが初めてだと言っていなかっただろうか。同性同士は男女間と違い、色々あるので、これまではそこまで至っていなかっただけと思っていたのだが。

 そもそも抱かれる側ではなかった、ということか。
 確かに見た目でいけば、彼ほど背が高いと、自分より背の高い相手は少ないかもしれない。体格だって彼より小さい子のほうが多いだろう。そうすると自然と役割が見えてくる。

「もしかして、無理させてた?」

「へっ? あっ、ちがっ」

 ふいに心配になってぱっと手を離したら、驚きをあらわにした淳が勢いよく振り返る。慌てた様子でこちらを向いた彼は、距離感が掴めなかったのか、数センチ先で視線が合った。
 それに驚いて今度は飛び退こうとするので、とっさに手を伸ばして肩を掴んだ。

「本当に無理させてない?」

「し、してないです! お、俺、元々……性癖はそっちで、これまでが無理してたっていうか、いまが嬉しい、んです。こういう風に優しく扱って、もらえるのが、初めてで」

 言葉を詰まらせながらぎゅっと目を閉じて、必死な様子で嬉しくて――そう何度も繰り返す淳はひどくいじらしい。そっと両手を頬に添えれば、震えたまぶたが持ち上がった。
 そしてじっと潤んだ瞳で雅之を見つめて、距離をさらに詰めるように近づいてくる。その様子を黙ってみていると、恐る恐ると言った様子で口先に口づけてきた。

「俺、いまが幸せです」

「僕も、淳くんがいてくれて幸せだよ」

「あのっ、ま、雅之さん、は、早く、……したいです」

「んふふ、ほんと淳くんはおねだり上手だね。こんな時にそんなこと言われたら、しないわけにはいかないよね」

 首筋に滑らせた手をゆっくりと下へと辿らせて、ぷっくりと立ち上がった胸の尖りを弾く。それだけで小さな声が漏れて、きゅっと指先で摘まめばさらに甘い声がこぼれる。

「そ、そこじゃなくて、……な、中に、中に欲しい」

「淳くん、せっかちだね」

「だっ、って、昨日からずっと我慢してて」

「立てる? ちょっと待ってて」

 しがみついてくる手を解いて、雅之は風呂場の棚に手を伸ばす。そしてひげ剃り用のジェルの中身を確かめて振り向くと、期待を含ませた目で見つめ返された。
 性欲に正直なところがまた可愛い。そういえばセックスをするのを嫌がったことが一度もないなと、それに気づいてニヤリと笑みを浮かべてしまった。

「一週間ぶりだよね。いつも一人の時はどうしてるの?」

「ぁっ、あっ……んっ、雅之さんのこと、考えて、してる」

「してるところ、見てみたいな」

「えっ」

「でもいまは、ちょっと僕も余裕がないから、また今度、ね」

「あ、あぁっん」

 たっぷりとジェルを塗りたくった場所を指先で丹念に解しながら、少しずつ含ませる指を増やすと、可愛らしい喘ぎ声とともに腰が揺れた。後ろを向いていて表情は見えないけれど、随分と気持ち良さそうにしている。
 浴室の壁にしがみつく指先は白くなるほど力がこもっていた。より一層深く中をまさぐれば、さらに嬌声が上がる。

「あっ、ぁんっ、いい、気持ちいいっ、雅之、さん……もっと」

「指だけでいいの?」

「やだっ、欲しいっ、雅之さんのっ」

「可愛い」

 ずるりと指を抜くと物足りなそうにそこがひくりと反応する。指先で撫でるだけで飲み込むような動きを見せた。性格そのままに素直な身体に雅之の喉が鳴る。
 すっかり立ち上がっていた自分の熱を押し当てると、そこは押し広がり切っ先を飲み込んでいく。

「あっ、あっ、中、もっと、もっとして」

 たまらないおねだりに一気に根元まで押し込んだら、それだけで淳は欲を吐き出した。それでもなお食いつくみたいに中がうねり、雅之は彼の腰を引き寄せる。
 さらに何度も穿てば、その快感がたまらないのか、ひっきりなしに甘い声を上げて淳は髪を振り乱した。

「ぁあっ、んっ……とまん、ない。雅之さんっ」

「淳くん、イキっぱなしだね。どこもかしこも気持ちいいでしょ」

 するりと手を忍ばせて胸の尖りを両方いっぺんに摘まめば、だらだらと蜜をこぼしながら淳は何度も絶頂を繰り返す。耳に響く彼の声に快感を煽られた。

「んっんっ、またイ、クっ、ぁっ」

 顔が見たくなって振り返らせると、惚けた顔で見上げてくる。涙とよだれで汚れた顔まで可愛く見えてしまい、半開きの口を塞いで再び熱を激しく突き入れた。
 ビクンビクンと跳ねる身体は、次第に力が抜けて沈み込み始める。浴槽の縁につかまりなんとかこらえているが、立っていられなくなるのは時間の問題だ。

「淳くん、ベッドに行こう。そろそろこの体勢、辛いでしょ」

「あっ、やだ、……抜かないで、まだ、もっとして」

「……もう、ほんと可愛いなぁ。じゃあ、あと一回イったらね」

 ぶんぶんと子供みたいに首を振る淳は頑なに動こうとしなかった。これは一度完全にイかせないと熱は収まらない。背中にキスを降らせてから、雅之は淳の腰をしっかりと掴んだ。

「あっ、……あっ、まさ、ゆき……さんっ! んぅっ、ぁっ、はげ、しいっ、あ、駄目、イっちゃう」

「イっていいよ」

 耳たぶに齧り付いて奥の奥まで熱を押し込んだ。すると淳はいままでにないくらいに身体を震わせて、断続的に声を漏らしてよだれを滴らせる。ぐりぐりと中をこすれば、背中をしならせて浴室の壁を汚した。