一歩前ヘススム08

 その夜は淳が満足するまで身体を繋げて、ベッドに転がった頃に腹を空かせて起きた。体力勝負、みたいなところは男同士ならではな気がする。腹を満たしてもう一度風呂に入って、深夜と呼ばれる時間にまたベッドに潜り込んだ。
 さすがに疲れたのか、二人はすぐに眠りに落ちた。

 そして自然と意識が浮上して、よく眠ったと実感した時、ふと雅之は目覚ましをかけなかったことを思い出す。まだ眠りの淵にある意識を引き戻し、重たいまぶたをこじ開けた。
 するとそれと同時か、部屋の扉が勢いよく開かれる音がした。その音に驚いて肩を跳ね上げれば、聞き覚えのある声も響く。

「まーさっ!」

 部屋に駆け込んできた声の主はベッドの上に飛び乗り、勢いのままに腹の上に載ってくる。小さいけれど確かな重み。それに視線を止めて、雅之はまた大げさなほど肩を跳ね上げる。

「の、希?」

「もぉ、お昼ですよぉ」

「な、なん、で、いるんだ?」

 きゃっきゃと笑いながら腹の上でゴロゴロする息子に、雅之は冷や汗を掻いた。隣ではまだ淳が眠っている。風呂上がりで着替えるのが面倒だと、お互い一糸まとわぬ姿だ。
 頭の上に疑問符を浮かべていると、追い打ちをかけるようにリビングから声が聞こえてきた。

「もう食べたものが出しっぱなしじゃない」

「え? 母さん?」

 現状に気づいてあたふたと着るものを目線で探したが、その前に部屋の中を覗かれる。目が合うとなにやらもの言いたげに目を細められて、肩をすくめられた。母親の意味深な反応に焦りが湧く。

「やっぱりそういうことだったのね」

「や、やっぱり?」

「いつも一緒に寝るんだって希が言ってたけど」

「それは希が一緒がいいって」

「お風呂も一緒に入ってるんですって?」

「いつも、入れてもらって助かってるよ」

「雅之、この場面で言い訳するのやめなさい」

 呆れたようにため息を吐かれて、さすがに苦しすぎる言い訳だったと猛省する。しかし上手い言葉も見当たらず、頭を掻くと、早く着替えなさいと綾子はリビングのほうへ戻っていった。
 それに息をつき、足元をウロウロする希をあやしながら慌ただしく着替えを済ませる。そしてまだ眠っている淳の傍に着替えを置くと、雅之はリビングに顔を出した。

「ごめん、昨日は食べてすぐ寝ちゃったから」

「あなたにしては珍しいけど、そういうこともあるわね」

「……あの」

「希があっくんはいつも一緒なんだって教えてくれたわよ」

「そう」

 恋人の父親にバレてすぐに、自分の母親に知られるのは想定外だった。けれどこの先を考えれば、やはりはっきりさせておく必要がある。テーブルの上を片付けている綾子に近づくと、雅之は一呼吸置いて言葉を紡いだ。

「淳くんとは、去年の暮れくらいから付き合ってる」

「もう結構経つのね」

「別れるつもりはないから」

「希のために再婚するって言ってなかった?」

「確かに言ったけど。いまは、考えてない。希も懐いてるし、僕も彼以上に一緒にいたいと思える人は現れないって思う。本当に、彼が傍にいてくれて、いま以上に満たされたことはないんだ」

「そうは言ってもねぇ」

 ため息交じりの声になんと言葉を返したらいいのかわからなくなる。言葉を詰まらせれば、しんとした中でガサガサと、プラスチック容器とビニール袋のこすれる音だけが響く。
 少しばかり緊迫したような雰囲気に、足元にくっついていた希は不安げな顔をした。そして綾子と雅之を見比べて困ったように眉を寄せる。

「希、パパはあっくんが好きなんだって、のぞはどうする?」

「え?」

 ふいに振り向いた綾子は、状況を理解できていないであろう希に話を振る。それにひどく驚いてしまったが、それ以上に息子が驚きに目をまん丸くさせた。さらにはあんぐりと口を開けて、雅之を見上げてくる。

「希?」

 固まったように動かない愛息に雅之は慌てて身を屈めた。しゃがんで目線を合わせると、小さな両手をきゅっと握る。

「まさ、あっくん好き?」

「うん、大好きだよ」

「のぞより? のぞよりあっくん好き?」

「……希と、おんなじくらい大好きだよ」

 小さく首を傾げた希の小さな身体を雅之は強く抱き寄せた。淳を父親に取られる心配をしていたのではなく、自分より淳が好きなのではと心配していた、それに胸が熱くなる。

「のぞもね、あっくん好きだから、あっくんと半分こするね」

「僕を淳くんと半分こするの?」

「うん、してくれるかな?」

「大丈夫だよ。あっくんならしてくれるよ」

「まさ、のぞもいっぱい抱っこして、ちゅーしてね」

「うん」

 ぎゅっとしがみついてくる希に頬を寄せると、愛らしい笑い声を上げてすり寄ってくる。彼に嫉妬をしていた自分が馬鹿だった。思っているよりもずっと、息子に愛されていたことに雅之はひどく嬉しくなった。
 こんな独占欲は幼いうちだけだろうけれど、それでも一緒に過ごしてきた時間を振り返ると感慨深い。

「あ、あの、……おはよう、ござい、ます」

「あっくん! おはよ!」

「希くん? あ、お、おはよう」

「のぞと半分こだよ!」

「え? 半分こ?」

 ふいに聞こえた声に振り返ると、戸口で所在なげに立ち尽くす淳の姿があった。それに気づいた希はぱっと駆けだし、彼の足にしがみつく。けれど淳はこの状況についていけずに目を白黒とさせている。

「まあ、あなたはもういい大人だし、気にしないけど。希が幸せになるなら私はそれでいいわよ」

「希はしっかり育てるよ。この関係に疑問を持つことがあれば、ちゃんと向き合う。この子を蔑ろにはしないから」

「そうね、その時は三人でちゃんと話をしなさい。……その心配はないと思うけど」

「えっ?」

「淳さん、急に訪ねてきてごめんなさいね。希が早く帰りたいって言うから。でも私はもう帰りますから、ゆっくりしていってくださいね」

 一通りリビングを片付けると袋を結んで綾子は腰を上げる。そんな彼女に視線を向けられた淳は、不自然に固まっていたけれど、優しく笑みを返されて恥ずかしそうに視線を落とした。
 さすがにこの状況では、バレてしまったことに気づかないほうがおかしい。

「希、ちゃんとお手紙を渡すのよ」

「はーい!」

 そわそわとした気分でいる雅之と淳は視線を泳がせるが、二人をよそに綾子はさっさと帰り支度をする。そして希となにやら目配せをして、また家にいらっしゃいと言って部屋を出て行った。

「と、とりあえず座ろうか。なにか淹れる?」

「えっと、はい」

 納得はしてもらえたようだが、怒濤のような展開に気持ちがまだ落ち着かない。ちらりと雅之が視線を動かせば、しっかりと淳と目が合う。その目にはどうなっているの? そう言葉が浮かんでいるように見えた。

「……一緒に寝てるとこ、見られちゃったんですね。なんだか、すみません」

「いや、さすがに不可抗力だよ。僕も家に来るとは思っていなかったし」

 ぬるいホットミルクとミルクたっぷりのカフェオレ、その二つを二人に手渡すと、雅之は淳の横に腰を下ろす。ことの経緯を話すと、淳は青くなったり赤くなったりと忙しなかった。
 しかし父親の時でもあれだけ驚いていたので、それも仕方ないと言える。逆に雅之のほうが申し訳ない気持ちになった。

「ごめんね。いきなり全部バレるようなことになって。さすがに希の口は塞ぎようがなくて」

「あっ、それは、それだけ希くんが素直な子だって証拠ですから」

「のぞ、いい子だよ」

「うん、うん、希はいい子だよ」

 ふいに上がった自分の名前に、淳の膝の上にいた希はマグカップから顔を持ち上げる。そしてきょとんとした顔で二人を見比べた。それでもいまは彼の天真爛漫さと素直さに救われる。
 よしよしと褒めるみたいに頭を撫でれば、希は至極嬉しそうに笑った。

「この子は思った以上に僕たちのことを見ていたんだな」

 綾子が帰ったあと、希は手紙を書いたと自慢げに丸めた紙の筒を差し出してきた。本人は手紙と言っていたけれど、それはお絵描き用の画用紙だ。描かれていたのは拙い絵だが、ひどく胸が温かくなるものだった。
 そこには『まさ、のぞ、あっくん』――そう名前が添えられていて、にこにことした笑みを浮かべているような優しい絵が描かれている。

「そういえば、なんで希くんは雅之さんのことパパって呼ばないんですか?」

「ああ、ほらよその家でもパパって呼ぶでしょ。小さい頃は名前だと思ってたみたいなんだけど。パパがいっぱいいるのがおかしいって疑問に思ったみたいで。僕の名前は雅之だよって、教えてからはずっと」

「なるほど。でもいまは理解してるんですよね?」

「なんとなくかな? 希、まさはパパだよね?」

「うんっ、まさはパパ。のぞは赤ちゃんだよ。あっくんもパパだよね!」

「雅之さん、これはどういう意味なんですかね?」

 無邪気な顔で自信満々に答える希に淳が小さく首を傾げる。画用紙の絵にも二人の名前の傍にパパと書かれていた。
 訝しげな顔をする恋人に雅之は思わず笑みをこぼす。その顔にますます不思議そうにされるが、テーブルの画用紙を手に取ってそれに視線を向けた。

「一緒に暮らしてる大事な人のことをパパ、ママって言うと思ってるみたいで。赤ちゃんっていうのは子供って言う意味。パパは男の人で、ママは女の人だから、僕と淳くんがパパ」

「大事な、人」

「希の中では淳くんは自分の家族なんだよ」

「家族、ですか。嬉しいです」

「淳くん。だから、これからもずっと僕たちと一緒にいてね」

「……はい、もちろんです」

 涙を浮かべてはにかんだその笑顔を胸に抱き寄せると、はしゃいだような笑い声がリビングに響いた。この二つのぬくもりは雅之の幸せの象徴だ。腕に抱きしめたものは決して軽くはないけれど、彼らのためならどんな壁も乗り越えていける、そんな気持ちになれた。

一歩前ヘススム/end