移り恋01

 時計の針は十八時ジャスト。退勤記録を入力してパソコンの電源を落とす。勤務時間は九時から十八時まで、残業はほとんどしない。
 高遠雅之はデスク周りを綺麗に片付けると、腰掛けていた椅子からすっと立ち上がった。そんな雅之に周りの同僚たちは「お疲れ様」と声をかける。

 その声に「お先に」とにこやかに返して、雅之はデスクの足元においていた鞄を手に仕事場をあとにする。足早に会社から最寄りの駅に向かい、やってきた電車に素早く乗り込む。
 多少混み合っていても電車を見送ることはない。雅之には急いで向かわなければならない場所があるからだ。

「このぶんだといつも通りに着くな」

 腕時計に視線を落とした雅之はほっと息を付いた。
 向かう先、そこは私立ひびきの保育園――若い保育士が多いがそれを指導する園長が大らかでしっかりとした人柄なので、好感が持て安心して子供を預けられると巷で評判がいい保育園だ。

 園はのびのびとした雰囲気で広い敷地には小さな畑などもあり、子供たちの笑い声がよく聞こえて和やかだと近隣からの声も上々。
 お迎えは連絡さえしっかりとすれば、日付が変わる前までは待ってくれるところが忙しいシングルマザーや共働き夫婦にますます好印象。ただしあまりそれが続くと園長から厳しいお説教があるとかないとか。

 雅之はよほどでない限り残業をすることはないのでその経験はないが、経験ある人たちの話では、園長からのお言葉は最も過ぎることばかりで頭が上がらないらしい。

「高遠さんお疲れ様」

「あ、お疲れ様です」

 そんな人気の高い保育園を運良く利用をし始め半年ほど。雅之は同じ時間帯に顔を合わせるお勤め帰りの母親たちとだいぶ顔見知りになった。会えば必ずと言っていいほど声をかけてくれるので、どの子の母親かもわかるようになってきた。
 しかしなぜ毎日声をかけてくれるかは、雅之はイマイチわかっていない。興味がないものには関心が湧かないためか、こういうものなのだろうという認識程度しか持っていなかった。

「今日も高遠さん素敵ね」

 などという会話はもちろん耳に届いていない。
 雅之は今年で三十一歳になるシングルファーザーで、IT企業で真面目にコツコツ勤めて九年ほど。三十路は過ぎたが、いまだに私服姿は二十代半ばほどに見られることもある若々しい容姿で、子供がいると言えば驚かれるほどだ。

 物腰が柔らかく真面目で穏やかそうな風貌が人に好印象を与える。前妻と離婚をして二年が過ぎ、そろそろ新しい恋愛を始めても良い頃合いではあるが、基本性格がのんびりしていてそういった欲求が薄かった。

「こんばんは」

 ガラガラと硝子の引き戸を開けて保育園の玄関に足を踏み入れると、奥の方では子供たちの笑い声などが聞こえていた。けれどそんな賑やかな中でも雅之の声が届いたのか、保育士の一人が奥からひょっこりと顔を出す。その顔を見て雅之はにこやかな笑みを浮かべた。

「高遠さんこんばんは」

「こんばんは」

 とことん鈍くてのんびりマイペースな雅之だが、それでも気づいてしまう好意が、この保育園にはあった。好意を寄せてくれる相手は、まだ若く二十歳になったばかり。
 毎朝毎晩、変わらず気分が良くなるようなハキハキとした元気の良さと笑顔で出迎えてくれる。雅之自身もその爽やかさや笑顔には、仕事の疲れなどを忘れさせてくれる程の癒やしを感じていた。

 ただ一つ問題があるとすれば、『彼』が男性であるという点だろうか。そんな彼――響木淳は、今日もまた実にいい笑顔で雅之を出迎えた。
 のんびりとした足取りで近づいてくる淳は、百八十センチある雅之の身長より少し低い程度で、今時の子のような華奢な印象はあまりない、健康的な体躯だ。

「お疲れ様でした。今日も希くんいい子でしたよ」

 目を細めて笑うその顔は本当に人好きする印象で、柔らかい声音は相手にほっとした安心感を与える。明るい髪色とその笑顔で「太陽みたいな子」と母親たちからの評判はここの保育士の中では特に高い。

 そんな笑顔につられ雅之が微笑めば、「希くんお父さんだよ」と、淳は背後を振り返り声を上げた。すると奥の部屋から小さな足音を立てながら雅之の愛息が駆けて来る。
 大きな瞳に父親譲りのくせっ毛の髪がふわふわと跳ねる、大人しいながらも利発な高遠希、四歳だ。

「希、ただいま」

「まさ、おかえりっ」

 駆けて来た勢いのまま飛びつくように手を伸ばした希を、雅之は軽々と抱き上げて片腕に収める。ぎゅっと抱きつく希に目を細めて雅之が優しく頭を撫でると、それを見ていた淳もまたニコニコとした笑みを浮かべた。

「あ、高遠さん。今日も持っていきますか?」

「あぁ、うん。いつも悪いなぁ。迷惑でなければ」

「全然迷惑なんかじゃないですよ。ちょっと待っててくださいね」

 ふと思い出したように声を上げた淳に、雅之は少しばかり恐縮したように頭を下げる。そんな雅之の様子に小さく笑みをこぼして、淳は廊下を抜け奥の方へ小走りに駆けて行った。

「あっくん、今日も来る?」

「え? あぁ、うーんどうだろうな」

 淳が姿を消した先をなんとなく見つめていた雅之は、ネクタイをぎゅっと掴んだ希の言葉に苦笑いを浮かべて首を傾げた。すると大きな瞳を瞬かせていた希が不機嫌そうに頬を膨らませる。
 希は入園以来すっかり淳に懐いており、ほかの先生たちでは口をあまり利かないらしい。いつもべったりと甘えているらしく、時折ほかの子たちがやきもちを妬くほどだと、淳の父であり園長である響木が笑っていたのを雅之は思い出した。

「聞いてみるよ」

 そんな可愛い愛息の膨れっ面に雅之の眉尻が下がる。表情は天使のように可愛いらしいけれど、意外と頑固な性格なので、希には言いだしたら聞かないところがある。しかし気が引ける部分は確かにあるが、雅之にもなんとなく心の片隅に期待はあった。

「お待たせしました、これ高遠さんが好きなきんぴらと佃煮と、希くんの好きなハンバーグ。焼けばいいだけにしてあります」

 奥へ去って五分ほどで淳はまた小走りに戻ってきた。その手には小さな紙袋が一つ。それを笑顔で雅之に差し出してくる。その笑顔が可愛いなと思いながら、雅之は差し出された紙袋を受け取るために手を伸ばす。そして紙袋の持ち手ではなく、淳の手を握り締めた。

「あの」

 するときらきらとした淳の笑顔が一変、ぶわっと音が出そうなほど頬や耳、首筋まで赤く染まった。雅之を見つめていた目がうろたえたように右往左往と空をさ迷い、そわそわとした雰囲気が傍目でもよくわかる。

「あのさ淳くん、今日もうちに来られる?」

「えっ、いいんですか」

 雅之の問いかけにぱっと華やいだ表情で顔を上げた淳の顔は至極嬉しそうで、その笑みに思わず込み上がった笑いを雅之は喉の奥で噛み殺した。しかし誰がどう見ても意識しているのがバレバレな淳の反応に、雅之の口元は自然と緩んでしまい、紙袋を掴む淳の手を更に強く握り締めてしまう。

「希が来て欲しいみたいで」

「あっ、そうですか」

 そして明らかに残念そうな気落ちした雰囲気に変わった淳の変化に、思わず雅之はにやにやとしてしまいそうになる。こうして少し俯き気味になった淳を見つめていると、優越感に似た気持ちが芽生えてくるのだ。
 これはどうみても好意を寄せられていると思わずにいられない。相手は女性ではないが、毎回こんな風に一喜一憂した表情を見せられて、そこになんの気持ちもないとは思いようがなく。こちらも期待した気分にならなくもないと雅之は思った。

 最初はなんとなく違和感を覚えた程度だったけれど、こうしてわざと触れたり誘いかけたりするとその違和感がどんどんと確信に変わっていった。そこにある特別な感情――それに雅之の気持ちも大きく揺れていく。

「あ、えっと、父に声をかけてきますので、待っててください」

「うん、待ってるよ」

 もちろん初めは正直言えば雅之にも戸惑いはあった。けれど淳の反応を見ているうちにいつしかそれが可愛くて仕方がなくなってきたのだ。
 淳の顔立ちは女性的なわけではなく、しっかりとした成人男性だというのはわかる。無論、雅之はゲイでもバイでもない。それでも次から次へと変わる淳の表情に心を動かされてしまう。

 恋かな――とふと思ったこともある。離婚してから色恋には疎くてそんな気分にはならなかったけれど、この気持ちの弾みはそう思うには充分ではないかと雅之は思った。
 そうして自分の中に芽生えた気持ちを少しずつカタチにすると、その想いは急速に膨れ上がっていくものだ。