髪を撫でる指

いつも僕の髪を梳くように撫でる貴方の手は温かい。
大きくて分厚くて少しだけ不器用そうな指先。
愛おしいその指が頬を撫でる。
それはキスがしたいの合図。
口下手な彼の小さな癖だ。
だから僕は気づかないふりをしてキスをせがむんだ。
そうすれば貴方は優しい指で唇を撫でて口づけてくれる。