大晦日にダイエット?

 今年もあと数時間――そんな夜に、悲鳴のような声が響き渡る。
 その声に志織が脱衣所を覗くと、体重計の上で恋人が蒼白な顔をしていた。さらには悲愴な顔で見つめてくる。

「雄史、どうかしたのか?」

「う、う、……体重が、三キロも増えてます」

「え?」

「ご飯がおいしくて、最近食べ過ぎたかも」

「三キロ、……って」

 正直言うならば、たかが三キロだ。
 バスタオルを腰に巻いた半裸の雄史は、まったく太っているように見えない。しっかりと割れた腹筋。胸板も腰回りも、無駄な脂肪は一切ついていなかった。

 贅肉が増えたと言うより、筋肉量が増えたのではないかと思う。けれど本人にしてみると、由々しき事態のようだ。
 普段から筋トレや運動に励んでいるので、身体の管理を徹底しているためだろう。志織はあえて言葉に出さずに肩をすくめた。

「ご飯、減らすか?」

「ええっ!」

「脂質の少ないメニューにするとか」

「うー、でも志織さんのおせち、……食べたい」

「じゃあ、冬休みくらい気を抜いて、休みが明けてからにしたら?」

 まるで子犬が鳴き声を上げる寸前、のような顔。それは子供みたいでひどく愛らしい。
 格好良さが一ミリもないわけではないが、やはり志織から見ると、可愛さが先に立つ。しかしそれを言うと拗ねるので、あまり口にはしない。

「少し運動量、増やします」

「さっきもジョギング、五キロ走ってきたのに? 大晦日の夜に走ってるのは、雄史くらいだと思うぞ」

「いや、あの、でも、このところサボり気味だったし」

「……雄史の底なしの体力って、こういうところから来てるんだな」

「えっ! それってもしかしなくても、夜がしつこいって」

「そういうことは言ってないだろう。ほら、湯冷めするから着替えろ」

 しょぼんとした顔に、つい笑いが込み上がる。そうするとふわっと表情がほころんで、勢いよく飛びついてきた。
 まるで大型犬――と思うけれど、じゃれつくようにキスをしてくる、彼を志織は優しく受け止める。

 だが次第に、ついばまれる唇に熱が灯り始めた。舌先で催促されて、口を開けばするりと舌が滑り込む。
 それに志織が舌を絡め返すと、腰に腕が回りきつく抱き寄せられた。

「んっ、……雄史」

 引き寄せられると少しばかり身体が傾ぐ。いままで志織はキスを仕掛けることがあっても、キスをされることは少なかった。
 ましてや最初の頃は、自分が受け手に回ることなど想像もしていない。

 しかしまっすぐな瞳で見つめられると、頷かずにはいられなかった。ただし――時と場合にもよる。

「志織さん、したい」

「馬鹿、このあと初詣だろう」

「あっ、ご、ごめんなさい。そっか、料理の途中ですよね?」

「うん。とりあえずそれ、治めてやるから我慢しろ」

「は、はい」

 キスだけで張り詰めた、雄史の熱を指先でなぞれば、真っ赤な顔をして肩を跳ね上げる。これではまるで、志織のほうが襲いかかる狼だ。
 視線を合わせたまま、タオル越しに唇を這わせて、きゅっと根元を握る。意地の悪い志織の仕草に、彼は小さく口を尖らせた。

「志織さんの、えっちな顔を見てるだけで、俺……やばいです」

「こらえ性がないな」

「えっちな志織さんが悪い」

 昂ぶった熱を押しつけてくる彼に、小さく息をつく。火は、止めてきた。時間を置きすぎて、困るものはなかったはずだ。
 バスタオルを解いて、ゆっくりと志織は口を開き、硬くそり立つ熱を口に含む。それとともに無意識だろう手が、頭を押さえつけ、喉の奥に当たった。

「はあっ、んっ……ご、ごめん、志織さん」

「平気だ」

 腰を使われて、少しだけ志織の眉間にしわが寄る。けれど慌てて腰を引こうとする、彼を両手で引き止めた。さらには含んだものを離さず、たっぷりと舌で愛撫する。

「まっ、待って、それすぐに」

「一回抜いて、一寝入りしろ」

「ふっ、……ぁっ」

 喉の奥で搾り取るように締めつければ、あっという間に吐き出す。口の中に苦みのあるものが広がるけれど、そのまま飲み下した。

「し、志織さんっ! 料理してたのに、飲んじゃって平気? 味が……」

「ああ、まあ、ゆすいどく。それより風邪を引くから。向こう行って着替えてこい」

「は、はいっ」

 焦ったように覗き込んでくる顔を掴んで、そっと鼻先にキスをする。そして身体を押しやって、追い立てた。
 すると自分の格好に恥ずかしくなったのか、雄史は慌てた様子で駆けていく。しかし部屋に入ったのと同時に、悲鳴が聞こえた。

「にゃ、にゃむ! 爪立てないで!」

 相変わらず彼は志織の愛猫に、手厳しい扱いをされている。顔を見れば威嚇するし、噛みつくし。
 けれどクリスマスにもらったプレゼントは、文句を言わずにつけていた。俗に言うツンデレ、と言うやつかもしれない。

 そんなことを思いながら、志織は洗面所で口をゆすぐ。

「雄史! いまのうちに少し寝ておけよ。起きたら年越し蕎麦だ」

「はーい!」

 あの調子ではどうせ帰ってきたら、ベッドに直行だ。途中で力尽きられても、困る。かなりペースに巻き込まれている気がしたが、志織的には彼に抱かれるのは悪くない。
 むしろ雄史だからいいと、思ったからこそだ。

「もう少し量を増やすか。一晩がっついたら腹を減らすよな」

 台所に戻った志織は、作りかけのおせちを見て、腕を組む。
 黒豆、伊達巻き、栗きんとん、数の子、茶碗蒸し、ぶりの照り焼き、茹で海老、マグロとアボカドの和え物。
 鶏のチャーシュー、ローストビーフ、煮豚。

 あとはなにを足そうかと首を捻る。
 冷蔵庫を覗いて、冷凍しておいた刺身と、そぼろを見つけた。そぼろは卵を炒って二色丼。いくらと甘エビも使って手鞠寿司。

「足りなかったら雑炊でも作るか」

 いつも見ているだけで、腹がいっぱいになるくらい食べているのに、あれだけの体重増加で済んでいるのは、ある意味奇跡だ。
 それだけ代謝がいいのだろうが、やはり普段の運動量か。一日、何キロカロリー消費しているのか、知っておく必要がありそうだ。

「カロリー管理も覚えるしかないな」

 やることが増えるのは、面倒どころかわくわくと楽しくなってくる。元より志織は、新しいことを覚えるのが好きだ。
 それプラス、恋人の喜ぶ顔があれば言うことはない。