小さな幸せを
15/26

 今日、幸司が向かう場所は、一軒家を改装した撮影スタジオ。
 真澄のつてで、借りることができたそこは、プロも使う本格的なスタジオだ。普通に借りると、学生の幸司では手の届かない金額なのだが、彼のおかげでかなり安くなった。

「えっと、あ、ここだ」

 地図を頼りに、たどり着いた建物はレトロな洋館で、外観だけでも写真に収めたくなるほど、雰囲気があった。
 少しくすんだ外壁さえも、心をくすぐられる。

 借りている鍵を使って扉を解錠すると、射し込む光が目の前に広がっていた。つられるように上を見れば、大きな天窓がある。
 玄関部分が広く、吹き抜けになっていた。

 靴を履き替えて室内に入り、部屋をぐるりと見渡す。天井の高い一階は壁も床も、白で統一されたワンフロア。
 ところどころ色の剥がれが見られる古めかしさがまたいい。

 二階へ繋がる回り階段は白に映える黒。絨毯はビロードの赤で、上品さがあった。手すりは蔦が絡んだようなデザインで、細かな装飾までもが美しい。

「うん、ここはあえてコントラストを上げて。ビビッドな配色を大胆に加えたら、きっと真澄さんが映える」

 部屋をウロウロしながら、幸司はファインダーの向こうを想像する。いつにも増して頭がクリアで、脳内には色々な構想が浮かんだ。
 この場所に立つ真澄の姿が、リアルに見えてくるような感覚だ。

「お、開いてる」

「幸司、おはよう」

 しばらく思考を巡らせていると、ふいに賑やかな声が聞こえ、幸司は我に返る。
 玄関へ視線を向けると、戸口で友人たちが顔を覗かせていた。

「富くん、原ちゃん、おはよう。あっ、芽依さんもおはよう」

「神崎くん、おはよう」

 友人の二人と一緒に現れた、ほんわりとした小柄な女性は、幸司の声ににこりと笑う。
 服飾の専門学校に通う彼女は、今回の衣装を用意してくれた大恩人。ちなみに以前行った合コンで、原田がゲットした恋人だ。

「真澄さんはまだなのか?」

「うん」

「じゃあ、撮影の準備しておくかぁ」

 機材などもレンタルしているので、倉庫から出してセッティングすればいいだけになっている。小道具は分担して、三人で持ち寄っていた。

 大がかりな撮影ではないので、三人で手分けをすると、準備はサクサクと進んだ。

「そういやさ。話って、真澄さんのことだろ?」

「あ、……うん」

 芽依が二階へ行くと、ぽつりと原田が呟く。その言葉に幸司は背筋を伸ばした。さらにはやけに緊張してしまい、少しばかり顔が強ばる。
 そんな様子に富岡はひどく心配げな顔をした。

「真澄さんがどうかしたのか?」

「そ、そんなに大げさなことじゃ、ないと思うんだけど」

「別れるとか、じゃないんだよな?」

「違う違う! えっと」

「あっ、もしかして結婚します、とか?」

「ええっ、そんなことじゃなくて」

「じゃあ、なんだよ」

 幸司がもごもごとしていると、富岡が怪訝な表情で見つめてくる。
 やはり真澄が男性だなんて、微塵も疑っていないようだ。そう思うと話すことが少し怖くなる。けれどふいに原田が幸司の頭を、ぽんぽんと撫でた。

「あれだろ? 真澄さんが男の人、ってことだろ?」

「は、原ちゃん、知ってたの?」

「知ってたって言うか。芽依ちゃんが真澄さんのことを聞くと、色々と濁すからもしかしてと思ってさ。確信があったわけじゃない」

「そっか。でもわかる人にはわかるんだね」

 あの日、合コンに一緒に参加していた、ということは、彼女も最初から真澄の性別を知っていたのか。
 よく考えれば今回の衣装も、サイズ合わせをしたのだから、知っていておかしくない。

 なるほどと幸司は納得したが、隣で富岡が頭を抱える。

「え、ええー! マジかよ。あんなに綺麗な人がっ?」

「俺としてはちょっと騙された感はあるけど。幸司は納得して付き合ってるんだよな?」

「う、うん。最初はびっくりしたけど。真澄さんが女の人でも、男の人でも、好きだなって思う」

 いまの幸司にとって、性別はそれほど重要ではない。一時は男同士という関係はどうなのだろう、男性に組み敷かれるなんて、という気持ちはあった。
 しかしそれは流されてしまった自分、という恥ずかしさを誤魔化す、小さな言い訳にしか過ぎない。

「おはよう、みんな揃ってるの?」

 三人で顔を見合わせていると、聞き馴染んだ声が聞こえて、幸司はぱっと顔を上げる。玄関先にいる真澄と目が合えば、彼はふんわりと笑った。

「あれ? 真澄さん、今日はメイクしてないの?」

「ドレスに合わせるから、今日はベースメイクだけ軽くね」

「そ、そっか」

 普段、彼の素顔は情事のあとにしか見られない。それに気づいて、幸司は頬がじわじわと熱くなるのを感じた。
 綺麗にメイクされた真澄より、いまの彼のほうがドキドキとする。

「芽依ちゃんは上?」

「うん」

「じゃあ、着替えてくるね」

 原田と富岡にも目配せをして、真澄はパタパタと、スリッパの音を響かせながら階段を上っていく。
 その姿が見えなくなった途端、富岡の大きなため息が聞こえた。

「ナチュラルメイクであの美貌って、すごいよなぁ」

「素顔はもっと男性的なのかと思ってた」

「真澄さんは元の造形からシャープで中性的だよ」

 メイクでかなり華やかな印象にはなるけれど、それがなくとも彼は十分に美しい。幸司は素のままの真澄も好きだった。
 男性らしい雰囲気や話し方だけでも、普段の何倍も胸がときめく。飾らない姿、それが身近に感じるのだろうと思っている。

「スタイルもいいし、言われなきゃ俺は気づかなかった」

「真澄さんって着痩せするタイプだから。脱ぐと結構」

「幸司、その先は、……色々想像してしまうから、いまは」

「え? あ、ああっ、そ、そうだね」

 原田に片手で制されて、一瞬、首を傾げかけた。しかし裸になるシチュエーションを思い出し、幸司は顔を真っ赤に染める。
 さすがに自分たちのことを想像されるのは、恥ずかしすぎていたたまれない。

「えー、俺はすげぇ気になる。どっちが上?」

「富岡、そういう興味本位、やめろ。幸司が茹で上がる」

「美人を押し倒すのも、押し倒されるのも、シチュエーション的に滾るよな」

「えっ、あ、そ、そのっ」

「こら、富岡、調子に乗るな」

 二人の時間を言葉にするには、あまりにも濃密すぎて、幸司は耳まで熱くなった自分の顔を覆う。
 しまいには抱えた膝のあいだに顔を埋めて、身体を小さくした。

 そんな幸司の様子に、ピンとくるものがあったのか、富岡はそっちかぁ、と楽しげだ。
 だが原田に思いきり叩かれ、小気味いい音とともに、富岡の情けない声が響いた。

「あいたっ」

「まったく、お前は下世話すぎる。幸司の身にもなれ」

「うー、悪かったよ。幸司、ごめんな。からかうつもりじゃなかったんだけど」

「う、うん」

 覗き込むようにされて、その気配に幸司が視線を上げると、眉尻を下げた富岡の顔があった。
 反省の二文字を書いたその表情に、思わず幸司の口が綻ぶ。

「嬉しいよ」

「ん?」

「二人が、いつもと変わらなくて」

「馬鹿! こんなことで俺たちの友情にヒビが入ると思うなよ!」

「俺は幸司がいまに満足してるなら、反対はしない」

「うん、ありがとう」

 家族、友人、周りの人たち――優しい人たちに囲まれて、なんて幸せなのだろう。そう思わずにはいられなかった。
 いつまでもこの幸せが続いたらいい。幸司の中にあるのは、そんな小さな願いだけだった。