澄み渡る青の世界04

 二人の驚いた顔に、僕のほうがもっと驚いてしまう。確かにいきなり、初めて来た場所を知っているなんて言ったら、驚かれるだろうが、ちょっと反応が大げさだ。

 だけどもしかしたら、僕がなにか昔のことを思い出したと、勘違いしているのかもしれない。
 けれど思い出すことを喜ばれるのは、手を離されるような気持ちになる。僕がここからいなくなっても、いいって言われた気分にもなる。

「あっ、あの、今日えっと部屋で、紺野さんの部屋で青色の写真集を見て、ここが写ってた場所に似てるなって思ったんだ。だから、その、昔のこととかじゃなくて、ただ単に」

 やけに張り詰めた空気に、焦って声が上擦る。変な期待させるのが嫌で、早口になってしまった。
 そんな僕の様子に目の前にある瞳が、少し残念そうな、がっかりとしたような色を見せた気がする。

 それを見たら胸がちくんと痛んだ。彼は早く僕に思い出してもらって、早くいなくなって欲しいと、思っているのだろうか。
 いまが楽しいって、幸せだなって思っているのは、僕だけなのか。

「素敵な写真集だったのね」

 一瞬俯きそうになった僕に、おっとりと優しい声がかけられる。顔を持ち上げたら、隣で美代子さんが笑っていた。
 その顔に少し涙ぐみそうになったけれど、努めて明るい声を上げる。

「うん! 青色って一言で言ってもたくさんあるんだなぁって思えるくらい綺麗だったよ。特に色の混ざったシーグラスが綺麗でね、あれはきっと光に透かしたらもっと綺麗だろうな。そうだ、紺野さん。これ、バレンタインのお返し!」

 また沈黙になるのが怖くて、僕は言葉を繋ぐようにポケットに入れていたものを取り出した。小さな紙の袋にリボンシールが貼られた安っぽい包みだが、今日のために選んだものだ。

「紺野さんが青色が好きで良かった。これ使って。いつも紺野さんは鍵を裸でポケットに入れているでしょう?」

 手を差し向けてまっすぐに見つめると、ゆっくりと持ち上げられた手が紙袋を掴む。
 プレゼントが手に収まったのを見届けて、居住まいを直すように座り直せば、しばらくそれを見つめていた彼は、封を開いて中身を取り出した。

 カチャリと小さな音を立てて、紺野さんの手の平にこぼれ落ちたのは、シルバーの縁取りのキーホルダー。
 羽を模した飾りの部分が、青色のステンドグラス風になっている。

「ぜ、全然いいものじゃないんだけど」

「……被った」

「え? なにが?」

 黙ってキーホルダーを見つめていた、紺野さんはふいにぽつりと呟いてため息をこぼす。
 最初から、彼が大喜びしてくれるようなことは想定していないが、ため息をつくとはどういうことだ。

「え? もしかしてキーホルダー、もう買っちゃったとか?」

「違う、そうじゃない」

 言葉の意味が飲み込めずに、顔色を窺う僕にまた彼はため息をこぼす。けれどそのあと、袖の袂に手を突っ込んでなにかを取り出した。
 テーブルの上を滑らし、僕の前へ差し出されたのは、小さなラッピングボックスだ。

 それに思わず首を傾げると、タンタンと催促するみたいに、テーブルで箱の底を鳴らす。
 それが受け取れという意味だと気づいて、慌てて手を伸ばしたら、紺野さんの手は引っ込められた。

「ありがと、これはホワイトデーのお返しかな? 開けるね」

 綺麗な包装紙を丁寧に剥がして、小さな箱の蓋を恐る恐る開く。するとそこには滲むように混ざり合った青がある。
 それは写真で見た、シーグラスによく似た綺麗な石がぶら下がった、キーホルダーだ。

 それには見覚えのある鍵が付けられていた。

「これって、僕の部屋の鍵、だよね? なんか新しい」

 いつも美代子さんに借りている、使い古した鍵ではなくて、艶のある新品の鍵。それを見つめていたら急に喉が熱くなった。
 いつでも借りて返せる古い鍵ではなくて、新しい鍵をくれた。

 それがひどく嬉しかった。まだここにいてもいいって、言われたみたいで、胸が熱くなる。
 いつもはっきりとした言葉はくれないのに、彼は僕を喜ばせる天才だ。

「もう、こんなの泣いちゃうじゃないか」

「……もう泣いてるだろ」

「えーん、また惚れ直した」

 ぎゅって握りしめたら涙がぼろぼろ落ちて、キーホルダーにぽつぽつ落ちるから、慌てて胸に引き寄せた。
 こんなことされたら、ますます離れたくないって思っちゃう。だけど離れたくないから、この優しさに縋りたい。

「僕、もうほかになにもいらないよ」

 贅沢を言ったら、いまの幸せが逃げてしまいそうだ。欲張ったら、手から溢れてこぼれ落ちていってしまう。
 ほんの小さな、指先くらいの幸せでもいい。このまま、このまま僕をここにいさせて欲しい。

「必要なものは、要な時に手の中に入るものだ」

「ミハネちゃんはいい子だから、きっとこれからたくさんいいことがあるわね」

 温かい美代子さんの手に背中を撫でられて、涙が止まらなくなった。それでも嫌な顔をしないで、黙って泣き止むのを待っていてくれる。
 その優しさに、僕はこれから何度救われるのだろう。

 そして彼のことを、好きの気持ちがいっぱいになって、溢れて流れ出していく。遠回りな優しさを持つ、紺野さんが僕は誰よりも大好きだ。

「ねぇ、紺野さん。今日は、なんの記念日なの?」

「……なんでもない日だ」

「そっか、……あっ、ホワイトデーだもんね」

 なにかを言い淀んだ横顔を、眩しく思いながら目を細める。
 まっすぐとした人――決して濁ることがなくて、水底が見えそうなくらい澄んだ心を持った人。

 彼の優しい青が、いつでも僕を包み込む。だからこの世界にずっといられたらいいなと思わずにいられない。
 ここに僕がたどり着いたのには、きっと意味がある。彼がいつもと違う装いであること、今日という日、この場所――それに答えがきっとあるのだろう。

 だけどいまだけは、それに気づかないふりをした。

澄み渡る青の世界/end