スペア02

「春日野先輩。俺、好きなんです先輩のこと」

「は? お前、誰」

 やたらと背の高いボンヤリした顔の男――それがあいつの第一印象。そして夏の暑さで頭でもやられたのだろうかと、思わず哀れんだ視線を向けたことをなんとなく覚えている。けれどあいつはちっともそんな心情に気づくことはなく、真剣な顔をして俺をじっと見つめていた。

 あれは確か大学四年、夏の初めだった。

 そしてそれからあいつは――三木は気が付けば傍にいた。最初は驚いていたほかの奴らも、そんな状況が面白くて仕方がなかったのか、あいつの行動を助長するようなことばかりしていた気がする。いま思えばあの時、俺と三木が付き合う付き合わないと、賭けでもしていたのだろう。
 しかしやはり何度思い返してみても、お互いそんなやり取りをした覚えはない。

「先輩、広海先輩」

「……」

「風邪引くよ」

 ふいに身体を揺さぶられ夢うつつな意識が浮上した。重たい瞼を持ち上げれば、眉間にしわを寄せた三木の顔が目の前にあった。目を覚ました俺に何故かほっとした表情を浮かべる、その反応を訝しく思いながらも、俺はいまだボンヤリとする思考のままあくびを噛み締めた。

「一人で飲んでたの? 今日電話したんだけど、先輩から全然連絡ないからちょっと心配してたんだ」

「事務所に鞄忘れた」

「そっか」

 テーブルの上に転がった空き缶をまとめてキッチンへ運ぶ三木の背を目で追うと、ふいに視線を感じたのかこちらを振り返った。

「どうしたの? なんか俺の顔についてる?」

「別に……お前結構飲んでるだろ」

 首を傾げた三木に肩をすくめてソファに預けていた身体を持ち上げれば、驚いた顔をして目を瞬かせる。しかし本人が気づいていないだけで、話し方でどれだけ飲んでいるかすぐに分かった。飲んでる量が多ければ多いほどに三木はまるで素面のようになり、普段辛うじて残っている敬語がスッカリ抜け落ちるのだ。

「水」

「あぁ、うん」

 目を瞬かせている三木に冷蔵庫を顎で示せば、慌ただしくペットボトルを手に戻ってきた。封を開け手渡されたミネラルウォーターを飲み下せば、ボンヤリしていた頭が徐々にすっきりして来る。買ってきたビールだけでは足りず、家にあったワイン一本と日本酒を飲んだのはさすがに飲み過ぎか。

「先輩、キスしていい?」

「……吐くぞ」

「それはちょっとやだな」

 目の前に立っていた三木が身を屈めて顔を寄せてくる。そして俺の言葉に苦笑いを浮かべながらも、ゆっくりと唇を合わせそれを甘噛みすると、深く中へ押し入ろうとした。しかし俺は咄嗟に目の前の身体を勢いよく押し戻していた。

「先輩?」

 あまりにもはっきりとした俺の拒絶に、三木は驚きを通り越して唖然とした表情を浮かべている。

「臭い」

「え?」

「女臭い」

 思いきり顔をしかめた俺に三木は間の抜けた顔をした。言っている意味がよく分かっていないようだ。けれど普段から嫌なくらい鼻が利く俺には、間違いようがないくらいはっきりと女物の香水の匂いがした。
 三木の肩口から――。

「くせぇから寄るな」

 いまだ固まっている三木の身体を足で押し退け、間抜け面に目を細める。明らかに酔いも覚めたような表情で目を彷徨わせているその反応は、少なからず匂いが移る心当たりがあるということか。

「広海先輩、これはそういうんじゃなくて」

「あ? なにがそういうことだよ」

「だから職場の子がちょっと酔っ払って」

「なにを言い訳してんだよお前」

 なんでもないと言えば済む話だ。こんな下らないことを、真剣に言い訳されればされるほど白けてくる。
 真っ青な顔をしてうろたえる三木の姿に、思いのほか重たいため息が漏れた。俺もなにをこんなにイライラしているんだ。――馬鹿馬鹿しい。

「俺、ほんとに先輩しか」

「電話、お前の鳴ってるけど」

 口を開きかけた三木の声を遮るように、見計らったようなタイミングのよさで、リビングの片隅に置かれていた鞄から突然軽快な着信音が鳴り響いた。

「え? あ、いや」

 しかもそれは躊躇う三木をよそに一向に鳴り止む気配がなかった。俺は舌打ちしながら立ち上がり、耳障りな音を発する携帯電話の通話ボタンをした。

「あ、瑛冶さん? さっきは送ってくださってありがとうございましたぁ。すみません私、酔っ払っちゃって。あ、遅くなって彼女さんに怒られませんでしたぁ?」

 スピーカーから漏れ聞こえるちっとも酔っ払っていなさそうな声に、自然と眉間にしわが寄るのが自分でも分かる。そしてこちらの反応などお構い無しに話し続けるその声に、さらに苛立ちが募った。

「……あんたえげつねぇな。付き合ってる奴いるの知ってて、よくもぬけぬけと言えたもんだな」

「え?」

 その神経の図太さと同様、面の皮も相当なものだろう。いかにもお人好しがまんまと騙されるタイプの女だ。騙される奴も奴だが。

「……勘違いすんなよ。こいつが優しいのはお前だけじゃなくて万人だからな。それとこいつは――瑛冶は俺のもんだから女にやる予定はねぇよ」

 人のものだと分かっていながら、男の周りをうろつく女の神経が全く分からない。

「え、ちょっ……」

 戸惑った声を上げ息を飲んだ電話の向こう側を鼻で笑い、俺は言うだけ言って通話を切り、傍で立ち尽くしていた三木に携帯電話を放り投げた。

「言い訳の電話すんならいまのうちじゃねぇの?」

 しかし手が伸ばされることなく携帯電話はカーペットの上に転がった。

「俺が風呂上がるまでにその匂いなんとするか、出ていくかしろよ」

 いつまでも身動き一つしない三木の様子に、俺は舌打ちしてリビングを横切り風呂場に足を向けた。

「広海先輩」

「あ?」

 脱衣所の扉を開けようとした瞬間、急に腕を掴まれ後ろへ身体ごと引き寄せられた。そして状況を把握する前に息すら絡め取るよう口づけられる。

「ンっ……なにす、んんっ」

 いきなり壁に押し付けられ文句を発する間もない。舌を吸われ口内を掻き回されれば、酸素を求める脳みそがぼんやりしてくる。しかし勝手にボタンを外し始めた手にふと我に返り、俺は咄嗟に三木の脛を蹴り飛ばした。

「いっ」

「いてぇじゃねぇよ。なに盛ってんだ、臭いって言ってんだろうが」

 ヨロヨロと後退し蹲った三木にため息を吐き出せば、奴は半分涙目になりながらも顔を持ち上げた。