コイゴコロ02

 駅前で瑛冶と合流すると、そこからほど近いスーパーに二人で寄った。しかし今日は鍋焼きうどんにすると言っていたのでそれほど買うものは多くない。
 うどんとそれに入れる具。瑛冶が作る鍋焼きうどんはすき焼き風なので、長ネギと牛肉と焼き豆腐と卵、それにしらたきやお麩、椎茸なども入る。そこに天ぷらや白い飯が付くので、残ったつゆにそれを入れて食べるのもうまい。

 材料と晩酌用の缶ビールを買い物カゴに入れると、瑛冶が財布を開く前に会計を済ませた。それに驚いた顔をしていたが、気にせずに材料の入った買い物袋を手に取り、六本入りの缶ビールが入っている袋だけを手渡す。
 それから商店街を抜けてマンションへ帰るのだが、ふいにとある店が目に留まって立ち止まる。じっとその店先を見ている俺に瑛冶は首を傾げたけれど、その先に足を向ければ急いで追いかけてくる。道路を一本挟んだ先にあるのは小さなケーキ屋だ。

「広海先輩、ケーキが食べたいとか珍しいですね」

「俺のじゃねぇよ。お前なにが食べたい?」

「えっ? 俺、ですか?」

 店の前で立ち止まって隣を見上げると、目を瞬かせて瑛冶は固まっていた。その顔に目を細めても、動きを止めたまま身じろぎひとつしない。

「嫌ならいい。帰るぞ」

「あ、待って先輩! 苺のショートケーキ。ホールで」

 踵を返した俺の手を慌てた様子で引き止めると、瑛冶は店の中を指さしてあれがいい、と子供のように目を輝かせた。その先へ視線を向ければ、ショーケースの中に四号ほど白いケーキがぽつんと残っているのが見える。
 掴まれた手首をそのままに引っ張られるように店に入ると、やんわりと笑みを浮かべた店員に迎えられた。

「すみません、この苺のケーキください」

「お誕生日ですか? プレートをお付けしましょうか?」

「あー、えっと」

「つけてください」

 店員の問いかけに言葉を詰まらせる瑛冶を待たずに、差し出されたメモ帳に名前を書く。それをまじまじと見ている視線は感じたが、振り返らずにろうそくも頼んだ。
 この小さなケーキに二十六本のろうそくはさすがに刺すのははばかられたが、いまどきは簡略化された数字の形のろうそくがある。
 出来上がったプレートを確認すると、隣にある顔は頬を紅潮させて喜びをあらわにする。そして手渡されたケーキの箱を恭しく持ち上げて、俺に向けて幸せそうに笑った。

「誕生日のケーキなんて久しぶりです」

「ダチに祝ってもらってんじゃねぇの?」

「プレゼントとかはくれるけど、わざわざケーキまで買ってくれるような気の利いた男はいないですよね」

「それもそうだな。ダチにケーキなんて買ってやらねぇわ」

 肩をすくめて笑った瑛冶につられて、思わず吹き出すように笑ってしまった。
 そこからマンションまでは十分とかからなかったが、夜になって一段と冷えたので家に帰るとすぐさまエアコンのスイッチを入れる。五分もすればキッチンからの熱も相まって部屋の中は徐々に温まった。

 部屋着に着替え直して缶ビール片手にキッチンをのぞき込めば、小さな土鍋に入った焼きうどんがぐつぐつと煮えている。湯気と共に甘いめんつゆと砂糖醤油の香りが立ち上って、鼻先をかすめたうまそうな匂いに腹が鳴った。

「広海先輩、鍋敷き出してください」

「おう」

 しばらくソファでくつろぎ待っていれば、顔を上げた瑛冶がこちらを見ていた。その視線と言葉にソファに預けていた身体を起こし、缶の底に残ったビールをあおるとダイニングに足を向ける。そして備え付けの戸棚から花をモチーフにした鍋敷きを二枚取り出して、テーブルに並べた。

「熱いからやけどの注意してね」

 程なくして瑛冶がキッチンから土鍋を運んでくる。まだかなり熱いだろうそれと白米、インゲンの和え物、海老の天ぷら、マグロの刺身などがテーブルの上に並んだ。そのあいだに俺は冷蔵庫から缶ビールを二本取り出してテーブルに戻る。

「熱い内に食べましょう」

 エプロンを外して壁のフックに引っかけると、瑛冶はダイニングテーブルに据えてある椅子を引く。それに倣い向かい側に座れば、缶ビールのプルタブを開けて手渡される。
 差し出されたものを受け取ると、瑛冶は満足げに笑い自分の分も開けて目の前に掲げてきた。仕方なしにそれに合わせるように缶ビールを持ち上げて、底を軽くぶつけてやる。

「じゃあ、いただきまーす」

「……瑛冶」

「ん? なに」

 箸を掴んで両手を合わせていた瑛冶は俺の声に小さく首を傾げる。そしてまっすぐとした目で俺のことをじっと見つめてきた。その視線にむず痒さを感じながら、足元に置いていた紙袋をテーブルの上に置く。

「一週間遅れで悪かったな」

「えへへ、先輩にお祝いしてもらえる日が来るなんて思わなかったです」

「祝わねぇほうがいいなら、これは捨てるぞ」

「駄目駄目! せっかく広海先輩が俺のために買ってくれたのに!」

 締まりのない顔で笑う瑛冶に目を細めたら、慌てた様子で紙袋を掴んで引き寄せる。小さな紙袋を必死になって抱きしめている姿を見たら、なんだか急に笑えてきた。思わず吹き出すように笑えば、瑛冶は俺の顔を見つめてやんわりと微笑んだ。

「先輩ありがとう。気にかけてもらえて嬉しいです」

「来年また覚えてたらなんか買ってやるよ」

「はい、あんまり期待しないで待ってます。あ、開けてもいい?」

「好きにしろよ」

 ウキウキとした様子を隠しもせずに包みを取り出して、目をキラキラとさせながら丁寧に紙を剥がしていく。まどろっこしいと思うが、畳んだ紙袋も、解いたリボンも、剥がした包装紙までも大事にしていることが伝わって、ひどく胸の奥がむずむずとした。

「あ、これ!」

「大雑把なお前に向いたものだろ」

「もしかして俺が見てたの気づいてたんですか?」

「たまたま開きっぱなしの雑誌を見ただけだ。そういやお前はいつも時間を確認するの、携帯電話だったなと思ったから」

「こんなにいいものもらっちゃっていいのかな。わぁ、やっぱり格好いい。防水なのに厳つくなくていいんだよね、これ」

 結局選んだのはつい最近リビングのテーブルに置きっぱなしの雑誌で見た腕時計。時計を持っていないことに気づいてはいたが、基本的に家事や料理以外のものが大雑把な瑛冶には繊細な時計は向かない。

 けれどこれは海で浸水しても、コンクリートに落としても大丈夫なくらい頑丈だ。多少濡らしてもぶつけてもこれならば問題ないだろう。
 それに瑛冶が言う通り、デザインが野暮ったくなくていい。カジュアルでもフォーマルでもつけていて違和感はないはずだ。

「んふふ、顔が緩んじゃうな」

「いまは閉まっておけ。それより飯だ飯!」

「あ、うん。じゃあ、食べようか」

 閉じられていた土鍋の蓋を瑛冶が持ち上げると、湯気が食欲をそそる匂いと一緒に立ち上る。熱々のそれを椀に移し取り、少し冷ましてからうどんを啜った。甘い汁と半熟の卵が絡んだうどんは柔らかく、咀嚼して飲み下せばじんわり胃の中が温かくなる。

 黙々と食べていると今度は喉が渇いてビールが欲しくなった。缶を傾けて水を飲むみたいに喉へ流し込むと、それを笑って見ていた瑛冶がもう一本缶ビールを冷蔵庫から持ってくる。空になった缶をテーブルに戻してそれに手を伸ばせば、またプルタブを開けて手渡してきた。

「ほんと先輩はいい食いっぷりと飲みっぷりで気持ちいいですよね」

 至極楽しげに笑う顔を見ながら土鍋も皿も空にして、缶ビール四本ほど空けた。けれど大事なものを思い出したので、後片付けをしている瑛冶の後ろで冷蔵庫を覗く。白い化粧箱に入った目的のものを引き出すと、それを持ってリビングへ足を向けた。そしてワインセラーからスパークリングワインを取り出す。

「瑛冶、片付けはあとでいいからこっち来い」

「あ、ケーキ。忘れてた」

「まあ、うどんにケーキは合わねぇよな」

「和洋折衷だね。広海先輩そんなに飲んで平気?」

「明日は休みだし、大したことねぇよ。お前も休みだろう、飲めよ」

 細長いグラスに炭酸の利いたワインを注いで、青い二十六の数字に火を灯す。隣に腰かけた瑛冶はそれをじっと見つめていたが、急に鼻を啜りだした。それに驚いて振り向けばめそめそと涙を浮かべて泣いている。

「泣くなよ」

「だって、嬉しい。先輩、キスしていい?」

「鼻水つけんなよ」

「うん」

 そっと肩を寄せたかと思えば、手が差し伸ばされて頬を撫でられた。くすぐるように指先が耳のフチをなぞり、引き寄せるようにそれは力を込める。ゆっくり近づいてくる唇に目を閉じると、やんわりとしたぬくもりが触れた。それはついばむように何度も唇を味わい、気が済むと今度は食むように深く合わせてくる。
 腕を伸ばして背中を抱き込めば、隙間から忍び込んだ熱に舌を絡め取られた。舌をこすり合わせ、口の中をたっぷりと撫でて、唇が離れる頃には喉の奥に唾液が溜まる。それを飲み下すと、目の前の唇が弧を描いた。

「火! 早く消せ! ケーキが溶ける」

「え、じゃあ、先輩歌って」

「誰が歌うか! 自分で歌え」

「えー、セルフなんですか? しょうがないなぁ。ハッピーバースデートゥーミー」

 拗ねた顔をしながらも楽しげに歌いながら、溶け始めていたろうそくを瑛冶は吹き消した。そしてまた自分で両手を叩いておめでとうと笑う。その顔を見ているとなぜだかこちらまで笑みが移る。その感覚はやけにくすぐったいが、悪い気分ではない。

 こうして隣にいると笑っている時間がかなり増えた気がする。くだらないことで腹を抱えるほど笑ったり、いまみたいにくすぐったい気持ちで笑みが浮かんだり。一緒にいるのがたまらなく居心地がいい。
 そういう気持ちが、きっと好きってことなのかもしれない。だけどまだしばらくはそんなことは言ってやらない。もう少し自分の中だけでその想いを噛みしめていようと思う。