レンアイモヨウ05

 あちらのほうがやはり早かったようで駅に着く前にメッセージが届いていた。また電車に乗るのだろうから改札を出なくてもいいのに、律儀に外で待っているようだ。中にいてもらったほうが説明が省かれて楽だったとも思うが、仕方ない。
 駅前の広間の一角、そこにあいつは立っていた。相変わらず背が高くてほかから抜きん出ている。人目を引くような顔立ちではまったくないが、その背の高さに振り返る人は多い。

「わあ、あの人背が高いですね」

「……ああ、あれは」

 馬鹿みたいに高い背に目を引いたのはあいつの周りだけでなく隣もだった。目を瞬かせる穂村の表情に少しばかり苦笑いが浮かぶが、あれを指さそうと手を上げる。しかし説明する前に声が響いた。

「広海先輩!」

 そんなにデカい声を上げなくとも聞こえる、そう言いたいところをぐっとこらえたら眉間にしわが寄った気がする。それでも花が咲いたみたいに明るい笑みを浮かべて、やつはまっすぐにこちらへ向かってきた。
 それに驚いて俺とあいつを見比べる視線を感じるが、また言葉にする前に声に遮られる。

「お疲れさまです!」

「お前はいちいちうるせぇよ」

「え、だって嬉しいんですもん。……あ、職場の人?」

 どうやらいまのこの瞬間まで俺しか見えていなかったようで、ふいに視線を落として首を傾げた。しばらくじっとなにかを考えている様子だったが、すぐにまたぱっと笑みを浮かべる。するとそれに反応した穂村が深々と頭を下げた。

「はじめまして穂村冬司と言います。同じ職場で事務をしている者です。今日は春日野さんのお時間いただいてしまってすみません」

「あれ? 仕事じゃなかったの?」

 察しがいいのはこういう時に対処に困る。俺が時間を気にしていた原因がこいつだということに気づいたのだろう。そしてすまなそうな顔をする穂村の言葉で、目の前の男にもなにやら伝わってしまったようだ。
 言葉に詰まってなにを言おうか考えてしまうが、回りくどい話をするのもなんだ。

「穂村の用事に付き合ってきた」

「そうなんだ。……なんの用事?」

「……指輪を作るのに」

「え? 誰と誰の?」

「はっ? こいつとこいつの恋人以外になんの選択肢があるんだよ!」

 ふいに訝しげな表情を浮かべて眉間にしわを寄せた男の顔を思いきり引き伸ばしてしまった。痛い痛いと泣き言を言うのに腹が立って、ぎゅっとさらにつねるとしょぼんとうな垂れた。
 どうしたらおかしな勘違いをすることができるんだ。この男の頭の中身は空っぽなんじゃないのか。頭が悪すぎてムカつく。

「すみません」

「ほんと馬鹿じゃねぇの」

 耳を伏せた大型犬の横っ面を手の甲で叩けば、ますます情けない顔に変わった。しかしふと苛々する感情が冷めると隣で目を丸くしている穂村に気づいて気まずい思いをする。重たい息をついたら急にまた大きな声を出されて肩が跳ねた。

「ごめんなさい! 自己紹介もまだだった! 俺は三木瑛冶って言います」

「お前さっきから声でけぇよ」

「す、すみません」

「ミキ、さん?」

「ああ、俺の同居人だ」

「……ミキさん、で同居人?」

 ひどく考え込むような顔で首を傾げた穂村に瑛冶はつられるように首を傾げたが、はたと俺はその単語の意味に気づいた。そして頭の中が色々とややこしいことになっているのも察する。

「三つに木でミキ、名前じゃなくて名字だ。あの男がよく言ってる俺のツレ」

「え、えっ? 広海先輩? なに言って」

「くそ上司がお前の名前をよく出すからめんどくせぇことになってんだよ」

「で、でも言わなくても誤魔化しようは」

「俺だって言う相手くらい選んでる」

 慌てふためく男の額を手のひらで押さえるとちらりと視線を動かす。その視線の先では言葉の意味を理解しようと考えを巡らせている様子が目に見てわかる。確かに言い訳のしようはいくらでもあった。
 あれはあの男のからかいと冗談で全部嘘だったと言えば済むことだ。けれどなんとなく嘘をつく気にならなかった。しかし相手は選んでいるが、どんな反応が返ってくるのか――そう思っていたら穂村は顔を上げて笑みを浮かべた。

「そうだったんですね! 俺、ちょっと勇気が出ました」

「え?」

 途端に瞳を輝かせた穂村はほんの少し頬を紅潮させて両手を握りしめる。その反応にますます瑛冶は首を傾げるが、面倒くさい説明をこれ以上はしたくなくて俺は肩をすくめた。そして時計を見てからのんびりと駅へ足を向ける。

「穂村、家はどこだった? 駅まで送ってやる。ちょっといま時間は混んでると思う」

「でもこれから出掛けるんじゃ」

「お前が電車でぶっ倒れても困るからな」

「穂村くん、どこか悪いの?」

「ちょっと人が多いのとか駄目で体調崩しやすくて」

「そうなんだ、じゃあ行こう!」

 困ったように眉を寄せる穂村に手を伸ばすと瑛冶はぱっと彼の手を握る。それに驚いてこちらへ視線が向けられるが、別段気にするところでもないのでそのまま改札を抜けた。あれには歳の離れた弟がいて、身体が弱いというワードに弱いのだ。
 それだけではなく普段から風邪を引いた具合が悪いなどと言えば、邪魔くさいくらいに面倒を見ようとする。典型的な世話焼き長男だ。

「こっちの方面ってほんと混むよね」

「わざわざ本当にすみません。いつも定時ですぐ上がるので、ここまで混んだ電車に乗ることないんですけど」

「それはいいけど、具合悪くなってきた? 顔色やばいよ」

「ちょっと人混みに酔いました」

 時間帯が運悪くピークに当たったのか、電車の乗車率がかなり高くなってきた。もうあと一駅というところで穂村の顔が青を通り越して白くなる。ずっと瑛冶が背中を撫でていたが、だいぶ限界が近いように見える。
 けれどこんな時になんだって俺は複雑な気持ちになっているんだ。これは気にするところではない、そう自分で思っていたはずなのに、目の前の男の腕にいるのが他人であることに苛ついた。

「広海先輩?」

 それなのに――ふいに伸びてきた手が気持ちをなだめすかす。小さく握られた指先に熱が灯る。

「なんだよ」

「ううん、なんでもない」

 見透かすみたいな眼差しと指先に触れた手。それから逃げるように手を引けば、ふっと眉尻を下げて小さく笑う。その視線から目をそらしたら、それは窓の外へと向けられた。少しずつ減速した電車がホームについて、なぜかほっと息をついてしまった。

「大丈夫? あそこでちょっと休もっか」

「そこで待ってろ。水、買ってくる」

「あ、うん」

 改札を出ると二人を残してすぐ傍のコンビニに足を向けた。握られた手にまた苛々としてしまい、そこにいると顔に出てしまいそうになる。こちらを気にする視線を背中に感じはしたが、振り返らず店に入った。

「はあ、馬鹿じゃねぇの。……そんなこと気にしてる場合じゃねぇだろ。あれは家まで送ったほうが良さそうだな」

 我ながら本当に馬鹿馬鹿しいと思う。相手がいる人間にこんなこと考えたって無駄でしかない。もうちょっと病人を労るくらいの感情は持てないものか。あの調子じゃ家にたどり着く前に力尽きそうに見える。
 やはりだいぶマシにはなってきたが身体の具合は良くないんだな。朝が早いのも満員電車に当たらないようにするためかもしれない。そういえば月に何度かはまだ病院に通ってるとか言っていたか。
 自分は比較的頑丈に生まれてきたから、そういう不自由をする気持ちはあまりわからない。けれど自分の身体が思うようにいかなくて、人の負担になるのは辛いだろうというのはわかる。だからこそ早く大人になりたいと、隣を歩く相手と並び立ちたいと思う。

「先急ぐような気持ちになったことは、ねぇなぁ」

 そういう思いをしたことは一度もない。ないけれど――隣を歩く男と並び歩きたいとは思う。いつか先を越されて手が届かなくなるような気持ちになる。あいつの世界は広いから、踏み出した先が見えなくなりそうに思える。

「やめよう、ろくでもないことしか浮かばない」

 今日はやけに感傷的だ。こういう時は余計なことを考えて気持ちがぶれる。しかしなぜこんな後ろ向きな考えばかり浮かぶのだろう。朝からずっとこの調子では自分でもうんざりする。なにかきっかけがあっただろうか。
 いつものように目を覚まして、いつものようにあいつがいて、大きく気持ちが揺らぐようなことはなかったと思う。それでもなにかが引っかかる。胸の奥底にひっかき傷ができたみたいな、そんなじくりとした痛みを感じた。