レンアイモヨウ06

 なにか心の隅に残るような出来事とはなんだろうかと考えてみるが、なにも浮かばなくて次第に考えるのも疲れてくる。正直言えばもう考えるのもやめたい。いっそこの手に繋いだものを手放したら楽になれるだろうか、なんてさらにネガティブな考えまで浮かぶ。
 元々こんな執着した恋愛は得意じゃなかった。毎日べったりとされて、毎日愛を囁かれて、ずっと傍にいたいなんて甘い言葉に翻弄されて、もう十分じゃないのか。

「……いや、これはただの逃げだな」

 これは面倒くさくなって放り投げようとしているだけだ。根本的な解決ではない。口から出る重たいため息をやり過ごして、ミネラルウォーターを一本手に取った。
 少し二人で話をする時間を作ろうか。いつもあいつが喋ってばかりで、俺もそれで満足していて自分の言葉を話していない。けれど話をするのはあまり上手くないから要点をまとめるべきだろう。
 なんだか仕事のタスクみたいだと思うが、やろうと思わなければずっと動かないままだ。自分はどうしたい、と自身に問えば答えは見えている。まだ離れたいとは思っていない。

「違うってば! 誤解だよ!」

「もういい」

「よくない! ちゃんと言い訳を聞いてよ!」

 ペットボトルを片手に外へ出るとなにやら口論になっている。あの二人が、ではなく穂村と見知らぬ男がだ。かなり感情的になっているのか穂村の声が周りに響いている。通り過ぎる人が振り返っているのでこれは止めるべきだろう。
 あいつはなにをやっているのかと思えば、あいだでオロオロとしているだけだ。役に立たないやつめ。

「おい、穂村、声が響いてる。喧嘩するなら場所を考えろ」

「……あ」

「広海先輩!」

「お前、なにやらかしたんだ」

 近くまで行って声をかけるとその場の三人が振り返る。そして眉をハの字にした瑛冶が駆け寄ってきた。抱きつきそうな勢いを感じて近寄る顔を押し退けたら、ますますしょぼくれた顔になる。

「なにもしてません!」

「嘘つけ、お前がなにかしたからこじれてんだろ。正直に吐け」

「具合悪そうだったから、ちょっと抱きしめただけです」

「ふぅん、ほかには?」

「えっ! えーと、ちょっとほっぺた撫でました」

「で、それから?」

「……うっ、あー、んー、おでこ合わせました。でもなにもしてません!」

 なにもないことを主張しているが端から見たら十分している。普通に考えて男を相手に道ばたで抱きしめたりしないし、頬を撫でたりしたりしないし、額を合わせたりもしない。それだけ近かったら角度が悪いだけでキスシーンにも見えるだろう。
 無実だ、潔白だ、と先ほどの穂村のような言い訳をする男の額を勢いよく叩いたら、小さく文句を言うみたいにうめきやがった。

「お前ちょっと行動に気遣えよ」

「すみません」

 おそらく自分の弟を重ねて過保護にし過ぎた結果なのだろうが、ややこしい真似をしてくれる。息をついて穂村に視線を向けるとこちらもしゅんと萎れた顔をしている。そして黙っているもう一人に視線を向けば、少し戸惑った色を見せた。
 とりあえず手にしていたものを穂村に差し向けて、伸ばされて手に引き渡す。それからなにか言いたげに見つめてくる男の首根っこを掴んで引き寄せると頭を下げさせた。

「申し訳ない。あらぬ誤解を与えたみたいですが、これは俺のです」

「え?」

「あなたの恋人の浮気相手ではなく、俺の恋人です」

「えっ! 広海先輩?」

「黙って頭下げとけ馬鹿」

 また驚いた声を上げる男の頭をギリギリと力を込めて下げると、しばらくしてふっと力が抜けた。大人しくなったのを見計らって手を離したが、だいぶ反省しているのか俯いたままだ。
 目の前の人は相変わらず戸惑った様子を見せているけれど、状況を飲み込み始めたのかぽっと頬が赤く染まる。そしてそわそわと視線を動かして俺と穂村を見比べた。

「この人は同じ職場で働いてる春日野さん。俺を送ってきてくれたの。電車で具合悪くなったのをこっちの三木さんに介抱してもらってただけだよ」

「……はやとちりをして、すみません。でも、穂村……仕事場で言ってるのか?」

「言って……な、い。あれ? 言ってないよ。なんで春日野さんわかったんですか?」

「色々と感じるものがあったからな」

 写真で見たのと同じ白い手。こちらと年齢が近いだろう見た目。
 少し神経質さを感じる顔立ちは男性らしく、やんちゃな容姿の穂村と比べるとだいぶクールな印象を与える。学校に勤めているにしてはちょっと明るい赤茶色の髪は意外だが、おそらく地毛なのだろう。
 大体、話を聞いていればおかしいと思うところだ。女で13号の指輪は細いとは言わないし、指が細いと言っても男性的だったし、瑛冶のことを知って訝しむどころか勇気が出ますなんて失言すぎるだろう。

「穂村はちょっとうっかりし過ぎだ」

 こういう迂闊さまでも隣の男と似ている。二人揃って見てわかったが、これはどちらも性癖はノーマルだな。噂では聞いたことがあるけれどこの組み合わせを実際に見るのは初めてだ。ノンケは危機感が薄いのか。
 好きになった相手が同性だっただけ、で済ましてしまうのがノンケの怖いところだ。そんなの障害じゃないとか、気持ちがあれば、なんてこちらからするとヒヤヒヤする。

「もう少し気をつけないと自分だけじゃなくて相手にも迷惑がかかるぞ」

「です、よね。すみません、ちょっと気が回っていなかったです」

「こんなところで痴話喧嘩とか。……まあ、若さゆえだよな」

「本当にすみません」

「まあ、いい。それよりその人がいるなら帰り道は大丈夫だな」

「はい、平気です」

 顔を見合わせる二人はそれほどこじれているようには見えない。それでもお互い抱えているものがあって、すれ違っている部分がある。けれど結局は他人だ。それは当然起こるべきもので、一度はぶち当たる。
 それでもそうやってぶつかるのは、相手のことを想っているからなんだろう。なんとも思っていない相手に気をかけたりしないし、気を揉んだりもしない。

「……穂村」

「はい」

「俺もよくある。このままでいいのかって思うことが。だけど結局は悩んだって自分がどうしたいかだ。その場から逃げるのか、その手を掴むのか。どっちが後悔するか考えれば、そこまで難しい問題じゃない。あんたたちはお互いに答えはもうあるように見える」

 人の考えが読み取れるなんてそんな高尚な人間ではないけれど、二人に足りないのは一歩踏み出す勇気ってやつだ。いままで二人だけで悩んできたのだろう。こんなことは他人に容易く相談できない。
 異性のカップルだったらもう少し敷居は低くなるかもしれないけれど、それだってよほど親しくなければできない話だ。

「話ならいつでも聞く」

「ありがとうございます! 両親に相談するには気恥ずかしいですし、心強いです」

「……ちょっと待て、もしかして親に話してるのか?」

「はい、彼と付き合うことが決まった時に」

 これはなかなかの強心臓の持ち主だ。こんなんじゃ相手は不安にもなりもする。歳が離れていて、元は生徒と教員という関係で親にも知られているとなると、大人の立場からして見れば絶対に不幸にしてはならない、というような感情が湧く。
 要するに失敗できない関係だ。責任が重たくなるし、それにへこたれてしまうのも仕方なく思える。それでも純粋なほどまっすぐだから、その手を握りたいとも思う。

「あ! でもほかの人には言ってません! でも言ってないですけど、うっかりバレてたりもするかもしれません。今日のことでちょっと自信が持てなくなりました」

「まあ、そこまで後ろめたくなる必要はないんじゃないか。周囲に気を使うのはお互いのためだ。周りのためじゃない」

「あの、なんていうか自分の性癖? みたいなことよく考えるんですけど。俺は彼が初恋みたいなもので、それ以外の選択肢なんてなくて、同性だからとか異性だからとかよくわからないんです。彼は一時の熱に浮かされてるんじゃないか、なんてたまに言うことがあって。春日野さんはそういうのって」

「俺の場合も似たようなものでどっちも大丈夫だから、性癖というより気の迷いのように思われている。正直周りもそこまで深刻じゃない。けどいつまで遊んでるんだって言われることはある。いつかは女と結婚して落ち着くだろうって思われてる。男しか駄目なわけじゃないならって」

 付き合っている相手がいるとわかっていて、いつ新しい彼女を連れてくるの? なんて邪気もなく言われたことがある。昔から変わらずちょっと物珍しいものをつまみ食いをしているだけ、と言う感覚で見られていた。
 確かにそれほど相手に熱心なわけではなかった。けれどそれは男だとか女だとかそれ以前の問題で、どちらだから天秤が傾くというものではない。けれどそれが伝わることはいまだにない。

「外野の声なんて気にしなくていい。気の迷いってわけじゃないなら、しっかり掴まえておけ。不安定な関係が怖くなるのは仕方ない。何年経ってもちょっとしたひずみで不安なんて生まれる。それでも信じられるのは最終的に自分と相手の言葉と気持ちだ」

 偉そうに言えたものではない。いまの自分だって不安でぐらぐらして泣き言を言っている。それでも隣にいる男がまっすぐに手を伸ばしてくれさえすれば、それだけで救われる。人の気持ちなんて複雑に絡んでいるようで結局は単純なんだ。