レンアイモヨウ07

 お互い真っ正直なんだろうなと思うと、ほんの少し羨ましくもある。ひねくれて素直に心の内側にある気持ちさえ言葉にできない。それを言葉というカタチにしてしまったらなにかがガラガラと崩れ落ちていきそうで、隣にある手さえ握れない。
 この微妙な距離感だからまだ自分を保っていられる。もしかしたら言ってしまったら逃げ道がなくなるから言えないのかもしれない。この先も一緒にいるだろうと想像はできているのに。
 そういえば誰かに好き――の言葉を告げたことは一度もなかった気がする。しかしそれを告げる最初の相手が隣に立つ男なのか、それはまだ想像ができていない。

「色々びっくりしました。でも同性同士のカップルは気づかないことのほうが多いし、俺も出会えて嬉しかったです。知ってると相談できること多いですよね。連絡先を交換しちゃった」

「お前はすでにあちこちに筒抜けじゃねぇか」

「う、まあ、わりとそうですけど。広海先輩ってあまりそういう交友関係ないですよね」

「確かにないな。そもそも長続きしないからほかの縁もほとんど続かない」

「友達も少なめですよね」

「うるせぇよ」

 少しすっきりしたように笑みを浮かべて帰って行った二人の距離は、指先を伸ばせば届きそうな近さだった。満足げに見つめ合ってもう仲違いなんてしそうにも見えないほどで、サプライズもきっと成功するのだろう。
 たまに喧嘩しながらもお互い変わることなく歩いて行けそうに見える。それがやはり羨ましく思える。

「俺は幸せ者ですね。こうして先輩を独り占めできてる」

「いつまでもつかわかんねぇぞ」

「大丈夫です。俺はどんなことがあっても手を離さないですから」

「……飯どうすんだ。どっかで食って帰るか」

「広海先輩、俺、ほんとに絶対に手を離さないよ。だから逃げられても追いかけるから」

 踏み出した足を止めずに歩く俺の背中に執着心が絡みついた。赤い糸という名のそれはふらふらとした気持ちを雁字搦めにして、繋ぎ止めて離そうとしない。いままでならきっとぷつりと自分から切っていた縁だ。
 けれどいまはそのしがらみが心地よいとさえ思う。まっすぐに自分へ向けられる感情が嬉しくて胸が震える。しかしそれはやはり言葉にならなかった。

「俺はずっと先輩といるから、忘れないでいてね」

「……っ」

 ふいに通り過ぎた声と気配が先へと進んでいく。それに気づいてとっさに手を伸ばしたら、目の前の背中は立ち止まりいつもの笑みが振り返った。伸ばされた指先が震えて、ぎゅっと握りしめて手を引けば、その手は強く握られた。

「遅くなっちゃったし、どっか定食屋とかラーメン屋とかでもいい?」

「なんでもいい」

「よーし、この近くならね」

 そっと握り込んでいた手を解くと手のひらに熱が重なった。小さな画面に視線を落としている横顔を見上げて、温かなぬくもりをもっと感じられるように指先に力を込める。驚いた視線が振り向いたけれど、黙ったまま俯いて足を踏み出す。
 気持ちを確かめられたのはこれまでで一度だけ。それ以来どんな場面でも俺の気持ちを問いただそうとはしなくなった。言葉にしたらそれだけで安心させてやれるのだろう。自分だって気持ちを伝えてもらえるだけでほっとした気持ちになる。

「瑛冶」

「ん? なに?」

「……あ、いや、……なんでも、ない」

「ねぇ、こことかどう? 前に行ったことあるんだけどチャーシュー麺がおいしかったよ」

「お前は、なにも聞かねぇな」

 聞かれたいわけでもないのに、そんな言葉が出たのは気づいていないふりをして振り向いたからだ。どれだけこの男に我慢を強いているのだろう。そう思うと言葉をカタチにするのは必要なのかもしれない。

「……無理、しなくていいよ。俺、ちゃんとわかってるし、ちゃんと伝わってる。言葉がなくても広海先輩が俺のこと大好きなのは知ってます。だから言葉がなくても大丈夫。いつか言いたくなったら言ってください」

 立ち止まって、手を握ってただいつものように笑う。言わなくてもわかっていると、言われたのは初めてではないけれど、なぜだかやけに胸に染みてくる。視界がぼやけて俯いたら感情がこぼれ落ちた。

「先輩は、俺が思っているよりずっと俺とのこと考えてくれてるんですよね。でも俺はいまが幸せだから、あなたのいない世界なんて考えられないし、道の先を変えるなんて一生できない。……あ、それと実は俺も言っちゃってるんです」

「……なにをだ」

「親に、広海先輩のこと」

「はっ?」

「だってこの先を考えると言っておかないと。結婚できないし、子供も無理だし、そういうのは全部下の子たちに任せることになっちゃうでしょ。だから正式に一緒に暮らすのが決まった時に言っちゃいました」

 思わず睨み付けるみたいに視線を上げたら、後ろめたさを感じるどころか開き直っていた。それは様子を窺うどころか間違ったことを一つもしていないみたいな顔だ。ムカついて手を振り解こうとすると強く握られる。

「なんで、お前たちはそんなに簡単に」

「簡単じゃない。……簡単なことじゃないから言うんだよ。嘘をつくのも嫌だし、彼女は結婚はって言われても困るし。なにより俺にはあなたしかないってことを知っておいてもらいたい。さっき穂村くんに本当のこと言った、先輩の誤魔化したくないって気持ちも似たようなものでしょ?」

「結婚、……時期が来たらする、って言ってなかったか」

 ふと記憶が巻き戻る。数日前くらい、電話口で笑いながら話していたあれは、なんだったのだろう。親からの言葉をやり過ごすような返事なのかと思いはした。なにげなく耳に留めて、なにげなく通り過ぎたけれどずっと引っかかっていたのはこれだ。
 その場の嘘なのだとしてもそういう言葉が出てくるのは、いつか正しいレールに戻るからなのかと思った。

「あっ、あれは、なんて言うか」

「そういうつもりが片隅にでもあるってことか」

「……うん、あるよ」

 慌てたような声を上げたが、問いかければまっすぐな目で返事をする。その視線にまた胸の奥がじくりと痛んで、息が詰まりそうになった。もう一度手に力を込めたけれど、離すつもりがないのかビクともしない。
 手が震えているのが伝わってしまう。それが嫌で目をそらしたら手を引かれて抱きしめられた。

「離せ、これ以上目立ちたくない」

「ごめん、でも誤解されたままは嫌だから離したくない」

 駅前で人が多い夕刻。穂村たちのように騒いでいるわけでなくとも、男同士で抱き合うような構図は目を引く。それなのに身をよじっても抱きしめる腕は離れていかなくて、焦りなのか頬が火照る。

「結婚っていうのは言葉のたとえみたいなもので、この先、誰かと籍を入れるとかじゃないよ。いま住んでるところにパートナー制度があるのに申請しないのかって言われて、そういうのはもう少し先かなって話してただけ。俺が一人で答えを出せるものじゃないし。でも今日の話を聞いたらそれもそろそろ必要かなって思った。想像以上に不安にさせてた」

 するりと手を離れたぬくもりが頬に触れるとそっと額を合わせられた。その仕草に胸の音が一瞬大きく脈打つけれど、近づいてくる気配を感じてそれを押し止める。拗ねるみたいに口を尖らせるが、なお近づいてこようとする顔を今度は押し退けた。

「やめろ」

「キスしたい」

「したら殴る」

「しおらしくて可愛い先輩だと思ったのに」

「時と場所を考えろ」

 力一杯の抵抗をしたら諦めたのかふっと力が抜ける。触れていたぬくもりが遠ざかって合間を冷たい風が通り抜けた。しかし息をついた瞬間に離れた距離は突然狭まり、額に熱を感じる。
 驚いて視線を上げたら、目の前の男は悪びれることなく緩みきった顔で満面の笑みを浮かべた。

「時と場所、考えられなくなっちゃった」

「ば、馬鹿じゃねぇの!」

「ご飯テイクアウトして帰りませんか。もっと一杯ぎゅってしたくなった。うん、そうしよう」

「自己完結すんな!」

 急に生き生きしだした瞳に嫌な予感しか湧いてこない。繋がれた手を解こうと引いたが、それよりも強く引っ張られる。大きく足を踏み出したあとを渋々ついていくと振り返った顔が柔らかく綻んだ。

「広海先輩、好きだよ」

「……っ! 俺だって、……だ」

「んふふ、声ちっちゃ。可愛い」

 言葉になっていないような小さな声が本当に届いたのかわからないが、嬉しそうな表情を浮かべるその反応に心が軽くなった。言ったら取り返しがつかないんじゃないかと思っていたのに、言ってしまったら大したことではないような気持ちになる。
 だからと言って何度もは言えそうにない。それに気づいているはずなのにこちらを見る目は意地の悪い色を見せた。

「もう一回、おっきな声で言って」

「絶対もう言わねぇ!」

「えー、まあ仕方ないか、先輩のデレは貴重だからなぁ。次に期待します」

「次はないって言ってんだろ!」

「はいはい。さあ、早く帰りましょう」

 楽しそうに笑う横顔がいつも以上に機嫌が良くて、改札の前で離れた手が寂しくなかった。こんなにもこの男が自分の中に浸食していたことに驚くけれど、指折り数えたら片手じゃ足りないくらい傍にいるんだと言うことにも気づいた。
 日常の中にいつの間にか入り込んで、図々しくも居座ったこの男の粘り勝ちに近い。しかしそれは長いあいだ一ミリもぶれることなく気持ちが向けられていたから許せたことだ。いままで不安になる要素なんて一つもなかった。
 もっと自分はこの感情を信じるべきなんだと思った。

レンアイモヨウ/end