コトノハ/03
35/44

 抵抗しようとする身体を押さえつけ、口の中をたっぷりと荒らす。すると鼻先から、小さな声が漏れ聞こえてきて、たまらなく興奮を煽られた。
 口づけの合間に彼を見つめれば、ほんのわずか、潤んだ瞳に見上げられる。

「広海先輩、すごく可愛い」

 愛おしさが膨らんで、頬やこめかみ、額にまでキスを降らせた。
 くすぐったそうに身をよじられるけれど、それでもしつこく繰り返す。しかしあまりにも度が過ぎたのか。
 咎めるように、爪先ですねを小突かれてしまった。

「馬鹿犬、少し落ち着け」

「でも」

「こんなところでスイッチ、入れんな」

「だって」

「子供みたいに、でもとかだってとか言うな。こんな場所でその気になったら、二度と一緒に出掛けない」

「そんなぁ」

 キツい目で見上げられて、再び気持ちがしぼんでいった。だが彼は言葉にしたら、本当に有言実行、なのを知っている。
 渋々身体を離すと、さらに押し離すように肩を押された。

「ごめんなさい」

「お前はどうしてそう、向こう見ずなんだ」

「広海先輩を前にすると、なんだか全部どうでも良くなる」

「お前な、そんなことばっかり言ってると別れるぞ」

「え! 嘘っ、それは絶対やだ」

「もうちょっと理性というものを覚えろ」

「うーっ」

 ぎゅっと両頬をつままれ、涙目になる。しかしそんな俺をじっと見つめていた瞳が、ふっと柔らかさを帯びて、胸がとくんと音を立てた。
 まさしく花がほころぶような、という言葉がぴったりだ。

 普段は涼しげな表情なので、たまにこうして笑うと、途端に幼さが滲んで最高に可愛い。
 可愛い、本当に可愛い。何度も言葉にすると怒るから、心の中で連呼した。

「変な顔」

「ひどいっ」

 あまりにも無防備に笑うので、怒る気持ちが湧いてこない。
 好き勝手に頬を引き伸ばされても、笑っている顔を見られるのだから、ご褒美だ。

「さて、行くぞ。ビールをおごれ、腹も減ってきた」

「待って待って、その前にぎゅってしたい」

「五秒だ」

「せめて十秒にして!」

「早く済ませろ」

 すごい素っ気ない物言いをされているが、先輩のデレがやばい。ハグと言わずキスもしたい。
 だがそんなことをしたら、絶縁を切り出されそうなので、抱きしめるだけに留める。

「広海先輩、好き」

 目の前の身体を引き寄せて、腕の中に閉じ込めた。反応はまったく返ってこないけれど、黙って俺に囲われている彼が、愛おしい。
 昔だったら絶対に、馬鹿じゃねぇのってキレられていた。

 これまで甘い彼はそんなに求めていない、って言っていた。それをいま撤回してもいいかな?
 この微糖な感じ、たまらなくいい。一生懸命な歩み寄りを感じる。

「おい、十秒過ぎたぞ」

「時よ止まれ」

「馬鹿言ってないで、離れろ」

「ぐふっ」

 さらさらな黒髪に頬ずりして、香ってくる彼の匂いを吸い込んだら、脇腹に肘鉄を食らわされた。
 でもいい、めげない。だって十五秒くらいハグさせてくれた。

「行くぞ」

「はいっ」

 どうしよう、めちゃくちゃ広海先輩が天使に見える。
 天使の羽が生えていたりしない? 飛んでいったりしない?

「お前、いまくだらないこと考えてるだろ」

「全然くだらなくないです!」

「その締まりのない顔、信用ならん」

「ほんとですってば」

 疑いの眼差しを向けられるが、お構いなしに隣に並び立つ。ちらりと視線を向けられて、思わずニヤニヤしてしまった。
 この締まりのなさが、胡散臭いのだろうけれど。

 仕方ないよな。
 傍にいて、気持ちが高揚しないとかない。

「桜、ライトアップされてますね」

 人の気配を感じる場所まで戻ると、各所に吊り下げられている提灯で、辺りが穏やかな橙色に染められていた。
 公園内は先ほどより、随分と活気づいているように思える。

「瑛冶、ビールを買ってこい。それと焼き鳥と豚玉と」

「晩ご飯をここで済ます気ですね」

「家に帰って作るより手っ取り早いだろ」

 これは気を使ってくれているのか、それとも単に屋台メニューが食べたいだけなのか。
 悩ましいところだが、どちらにせよ、花見を楽しんでくれるのなら問題はない。

「じゃあ、ちょっと待っててください。どこかにふらふら、行っちゃわないでくださいね」

「お前じゃあるまいし」

「えー、それどういう意味ですか?」

「ここにいるから、行ってこい」

「はーい」

 空いていたベンチに腰かけた彼は、長い脚を組んで、俺を追い払うように手を振る。
 いささか扱いがぞんざいだが、お腹が空いた、と言っていたことを思い出す。

「ビールは最後に買ったほうがいいよな。まずは焼き鳥から行くか」

 ソースや汁気が多いものは、後回しにしたほうがいい。まずはと足を向けた先で、じっとメニューの文字を見つめる。

「焼き鳥は一通り買ってもいいかな? あ、こっちのイカ焼きもおいしそう」

 隣を見ると焼きおにぎりが売られていた。焼きそばもいいけれど、米も食べたいよな。
 醤油も味噌もおいしそう。

 香ばしい匂いがあちこちから漂ってきて、それほど空いていなかったはずの腹が、ぐぅと鳴いた。

「駄目だ駄目だ。悩んでる場合じゃない。早く買って戻らないと」

 屋台の食べ物って本当に誘惑が多い。通りすがるたびに足を止めてしまう。しかし買いすぎて食べきれないのも困る。
 その前に俺の手が塞がるのが先か。

 道中あれこれとチョイスして、ビールを買う前に広海先輩へ、最終確認のメッセージを送る。
 しばらくそのまま待っても反応がない。だが予想の範囲内だ。やはりかと、今度は電話をかけてみた。

「あれ? 出ないな。気づいてないのかな?」

 携帯電話を家に忘れてきた、と言う可能性はゼロだ。それで改札を抜けてきたのだから。
 メッセージを見るのが面倒で、それを無視することは、想像できるからいい。しかし着信を無視するほどの不精者ではない。

「いつもはサイレントモードじゃないんだけどな」

 着信していること自体に、気づいていないのだろうか。
 なんとなく落ち着かない、そわそわするような感覚になる。待っていると言ったのだから、どこかへ行っているはずはない。

「一度、戻ってみようかな。ビール、はあとでいいや」

 来た道を引き返し、足早に彼がいる場所へと急ぐ。
 人が多く、似たような景色ばかりで、あの場所はどの辺りだっただろうと思う。

 ベンチの一つ一つに視線を向けながら、辺りも見回した。
 かなり歩いた気がするのに、なかなか見つからなくて、そわそわがざわざわに変わる。早く広海先輩の顔を見てほっとしたい。

「何回もかけたら、うざがられるかな」

 もう一度電話をかけてみようかと、携帯電話をポケットから取り出す。相変わらずメッセージは既読になっていない。
 もしかしたら気づいているけれど、面倒くさくなっているだけかもしれない。

「かけちゃえ」

 彼がいる場所まであと少しかもしれないが、思いきってボタンを押した。コール音は先ほどと同じように鳴っている。
 しかし近くでそれらしい音は聞こえなかった。

「サイレントにしてるのかな?」

 繋がるのを待っているあいだに、いつの間にか下を向いていた。慌てて顔を上げて、後ろを振り返る。
 まさか通り過ぎているのでは、と思ったが、向こうが気づかないはずもないか、と冷静になった。

 いい加減、鳴らしすぎだと携帯電話を下ろした――それとほぼ同時か、道の先から声が聞こえてくる。

「……ねぇ、広海。電話、切れちゃったよ。かけ直さないの?」

「うるせぇなぁ」

「え? 広海先輩?」

 聞こえてきた話し声に振り向けば、ちょうどこちらを向いた彼と目が合った。

「瑛冶」

「あの、広海先輩、……その人は?」

 行きに見た時と、変わらぬ様子でベンチに腰かける恋人。の、隣に見知らぬ女の子が座っている。
 それだけでどういうこと? って思うのに、距離が近い。近いって言うか、あいだにスペースないんですけど。

リアクション各5回・メッセージ:Clap