孤独な王弟は初めての愛を救済の聖者に注がれる

作者
keyboard_arrow_down

まるで僕のために
女神さまが遣わしてくれたみたいだ

ラーズヘルム王国の王弟リューウェイクは親兄弟から放任され、自らの力で第三騎士団の副団長まで上り詰めた。
そんな中、国王は在位11年目、安心を得るためだけにリューウェイクが反対する異世界人の召喚を決行する。
召喚陣の上に現れたのは男女の兄妹だった。
彼らを元の世界へ戻すために尽力するリューウェイクと、彼を邪険にする兄たち。
なぜ今回の召喚されし者が二人だったのか、その理由を知ったリューウェイクは苦悩の選択をする。

  • remove_red_eye 閲覧
    18
  • chat_bubble_outline コメント
    0
  • favorite_border いいね
    0

目次

詳細情報

カテゴリー
タグ
ページ数
38ページ
文字数
142,293文字
作成日
更新日

コメント一覧

    コメント投稿

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Google利用規約 が適用されます。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.