存在

 愛しているからこそ苦しみから解き放ってあげたい。そう伝えたかったのかもしれない。けれどすべてを愛しているがゆえに、醜く歪んだ恋人を愛せないと突き放したようにも見える。
 ある種のハッピーエンドではあるが、なんだか少し胸に引っかかる終わり方だ。なぜあそこで愛していると言ったのだろう。受け止めたかったのは恋人の心ではなく、恋人を想う自分の心。愛しているのは恋人を想う自分。
 救いたかったのは自分自身だったんじゃないだろうか、なんて考えまで浮かぶ。

「よくわからない終わりだな」

 しばらくエンドロールを眺めて考えてみるけれど、やはりすっきりしなくて、なにを最後に伝えたかったのかがわからない。なぜあの台詞を選んだのだろう。

「悲しい二人のお話だよ」

「え? 一応ハッピーエンドだぞ」

 小さく呟かれた声を振り返ると、リュウの頬を一筋涙が伝った。あまりにも静かに泣くものだから、その涙に驚いてしまう。そっと手を伸ばして濡れた頬を拭ってやれば、後ろから強く抱きしめられた。

「どの辺りが、悲しかった?」

 首筋にすり寄るぬくもりにくすぐったさを感じながらも、はらはらとこぼれる涙をじっと見つめてしまった。彼の目に、心に、あの世界はどんな風に映ったのだろう。

「愛している人、受け止めたい。でもその想い、相手も自分も苦しめて、愛してる気持ちすべて壊してしまう。一緒にいること、その人のためにはならなくて、それ終わらせないとって思ってる。断ち切らなきゃいけない。終わらせなきゃいけない運命なんだ。二人のために、二人が愛してる時間、それを捨てなくちゃいけない」

 彼の目には二人の愛が見えたのか。自分の目には映らない愛情が彼の目には映っているんだ。二人の関係を断ち切ることでお互いがすべてから解放される。これで恋人の魂を自由にすることができるのだと。
 愛しているがゆえに恋人との終わりを選んだ。苦しみ解放するのではなく、自分の愛から解放する。だから彼女は泣きもせずに笑みを浮かべたのか。ひねくれずに素直に受け止めれば、彼と同じ答えが見つかっただろうか。

「そういう解釈もあるんだな」

「宏武は?」

「つまらない考えだよ」

 そんな優しい考え方は自分にはできそうにない。でもなんだかリュウの言葉は物語を語っていると言うよりも、なにかを見てきたみたいな物言いにも聞こえた。
 彼はどこかでそんな想いをしてきたんだろうか。愛する人のためにすべてを終わりにするような、そんな悲しい結末を。

「宏武、お風呂入る?」

 ぼんやりと真っ暗になった画面を見つめていたら、ふいにリュウがこちらをのぞき込む。その顔にはもう先ほどの悲しげな表情はなくて、優しい笑みが浮かんでいた。

「ああ、そうだな」

「じゃあ、お湯ためる。待ってて」

「ありがとう」

 リュウはすでに風呂に入って寝間着に着替えているが、彼はあまり湯船に浸かることはしない。シャワーだけで済ますことがほとんどだ。おそらくそれは生活習慣の違いと言うものだろう。いつも仕事が終わってから入る自分のために湯をためてくれる。

 ご機嫌な様子で風呂場に駆けていく後ろ姿を見送ると、ソファから立ち上がりプレイヤーからDVDを取り出した。ケースに戻したそれをなんとなく見つめ、リュウのことを考える。
 彼はいままでどんな恋愛をしてきたのだろう。恋愛対象が同性でありながら、それを良しとはしない環境にいたのはなんとなく想像がつく。でも彼はまっすぐでとても素直だ。自分の感情にもきっと正直だろう。

「彼に愛される人は幸せだろうな」

 繕うことなく愛情を向けてひたむきに愛してくれる。ただ傍にいるだけの自分にも彼はひどく優しい。彼といると毎日が楽しくて世界が明るく見える。――しかしそこまで考えて、思い馳せるような感覚を振り払うように大きく首を振った。
 また余計なことを考えている。気持ちを落ち着かせるように大きく深呼吸して、胸に溜まった感情を追い出した。

 それにしても人とこうして暮らすのはどのくらいぶりだろうか。最後に誰かと一緒に暮らしたのは随分前のような気がした。いつだったろう、あまり覚えていない。ここ最近は誰かと付き合った覚えもないし、付き合っても長く続かなかった。
 仕事も不規則だし、普通に働いている人とは時間も合わないのですれ違いも多いのだ。けれどリュウは毎日家にいるから、すれ違いようもない。なんだかひどく彼との時間に慣らされている気がする。

「宏武、いいよ」

「ありがとう。リュウは先に寝ていても構わないよ」

「本、読んで寝る」

「わかった。じゃあ、眠たくなったら寝るんだぞ」

 なにげない時間を二人で過ごしていると、彼が存在していることが当たり前のように思えてくる。慣れと言うものは人の感覚を麻痺させるのだろうか。けれど自分を性の対象をしているリュウを、いつまでも傍に置いていてよいのかという考えもよぎる。
 自分が同性との関係に否定的ではないから、どこかで足を踏み外してしまいそうな気がする。それでなくとも自分の心は揺れてばかりいるのに。

「いなくなるなら、早いほうがいいな」

 できればいまよりも情が深くなる前に離れたいと思う。足を踏み出したらきっと後戻りできない気がする。後悔するのは目に見えてわかるのに、それに縋りついてしまう自分が想像できた。
 彼の無邪気な心が自分に向けられるたびに惹かれそうになる。しばらく誰かと一緒にいなかったから、愛情に飢えているのだろうか。

「リュウのやつ、ボディーソープ変えたな」

 考えごとをしながらボディータオルにソープを吐き出したら、ふわりと嗅いだことのない香りが広がった。いつも使っているものがなくなったので、買い物ついでに頼んでおいたのにまったく違うものになっている。
 普段使っている安価なものではない。香りがいい少し高めなボディーソープだ。そういえばリュウは香りを楽しむ傾向がある。ハーブティーもその一つだ。

「まあ、いいか」

 違うものをカゴに入れられて気がつかなかった自分も悪い。買ってきてしまったものは仕方がないと諦めた。それに泡立つたびに香る柔らかな甘い香りは悪くない気がする。
 自分は使い慣れたものを延々と使い続けるほうなので、はっきり言ってブランドや品質には無頓着だ。しかしこのままだと、シャンプーなども変わってしまいそうだなと思った。

「リュウ、まだ起きてたのか」

 風呂から上がって寝室に行くとリュウがベッドの上でまだ本を読んでいた。真剣に読んでいるのかこちらが部屋へやって来たことに気づいていないようだ。傍まで行ってのぞき込むとようやく顔を上げた。

 驚きに目を瞬かせる彼の頭を撫でたら、表情を一変して満面の笑みを浮かべる。それは少し子供っぽい表情だけれど、華やかで周りが明るくなる笑顔だ。なんだか胸の辺りが少し温かくなった。
 けれどそれに浸りそうになった自分を慌てて引き止める。無闇に近づき過ぎてはいけない。

「なにを読んでいるんだ」

「宏武の本」

「ふぅん、面白い?」

「うん、面白い」

 リビングの本棚にはそういえばそんな本も並んでいたか。普段はシナリオを書いたり、雑誌やブログの記事を書いたり細かな仕事が多いけれど、本の執筆もすることもある。
 それほどたくさん出してはいないが、シナリオを小説化したものやエッセイなどが多い。リュウが読んで面白いものでもないような気がするのだが、わからないものだ。

「目を悪くする。今日はもうやめておけ」

 寝室は間接照明で薄暗い。スタンドライトの明かりはあるけれど、本を読むにはやはり少し暗い気がする。しかしリュウは「うん」と生返事するばかりでまた本に視線を戻す。
 その様子はまるで幼い子供のようで可愛い。けれどせっかくいい目を持っているのに悪くなっては元も子もない。読んでいる本を取り上げるとしおりを挟んでサイドテーブルに置いた。

「もう寝るよ」

「わかった」

 まだ物足りなさそうな顔はしているけれど、こちらの言うことに文句を言ってくることはまずない。リュウがタオルケットを被り横になるのを見届けると、自分もベッドの上に乗り上がった。