雨音

 部屋は広いけれど寝る場所はここには一つしかない。必然的に眠るベッドは二人で一つだ。けれど元よりダブルベッドで広かったので、男二人が横になってもそれほど窮屈さはない。とはいえ寝ているあいだに背中合わせの背中がくっついてしまうくらいの広さだ。
 そこに自分以外の誰かがいると感じながら眠る。窓の外から聞こえてくる雨音に比べたら、人の寝息や心音のほうがずっとマシだ。最近はそのおかげか雨の時期なのに眠りが深い。ぐっすりと眠れて朝起きると気分がいいと感じる。

 ただ一つ問題があるとすれば、目が覚めるとリュウに抱き枕にされていることだろうか。彼はそれほど体温が高くないので暑苦しいとは思わないが、目が覚めるたびに目の前に顔があって驚かされる。
 ここまで何度も続くと、彼のために抱き枕でも買ってやろうかという気になる。

「……今日は、うるさいな」

 ちょうど頭の上に出窓がある。そこからいつもより少し強い雨の音が聞こえてきた。この時期になると本当にこの配置が嫌になる。けれど部屋の構造上どうしてもベッドはこの位置になってしまうのだ。
 ああ、本当に嫌な音だ。雨が嫌いな理由の一番は雨音かもしれない。音が耳障りでとても不快な気分になるのだ。雨脚が強くなるほど気分が沈んでいく。

 耳を塞いで胎児のように身体を丸めると、薄いタオルケットに潜り込んだ。けれど耳を塞いでもその音は鬱陶しいほど響いてくる。なんだか身体の内からざらりとしたもので撫でられているような不快感が湧き上がってきた。
 浅い眠りの中で夢を見ているのだろう。ポツポツ、ポツポツと雨音が聞こえる。それがどんどん大きくなってくると激しいほどの拒絶が身体を強ばらせた。

 嫌だ、この先へは行きたくない。夢の中で漂う身体は雨音の先へと進むことを拒んでいる。身体中の毛穴が開くような粟立つ感覚に自分を抱きしめる手が震えた。息が苦しいと呼吸を繰り返すうちに、足元が真っ黒な泥水に浸かっていることに気づく。
 慌ててそこから抜け出そうとするが、そう思うほどに足がずぶずぶと泥水に沈んでいった。もがくほど身体は身動きができなくなる。いつしか膝、腰、胸元、そして顎下まで沈んでいた。

「助けて」

 腕を伸ばして助けを求めるけれど、そこには誰もいない。空虚な世界には自分を救う人間などいないのだ。このままではおぼれて死んでしまう。息ができずに死んでしまう。けれどまだ死にたくはないとあがく自分がいる。
 がむしゃらに腕を伸ばした。そうしたらその手になにかが触れる。すがりつくように両手で捕まえたそれは人の足だった。宙に浮かぶ人の両足。それに気がついた瞬間、息が止まりそうになった。
 振りほどくように手を払うけれど、足は真上にぶら下がっている。

「……ろむ、ひろ、む、宏武!」

 逃げ惑う身体が泥水に沈んでいく。しかしもう駄目だと思ったその時、両腕をしっかりとした大きな手が掴んでくれた。その手は沈みかけた身体をすくい上げる。それと共に酸欠を起こしていた肺に、新たな空気が送り込まれたような気がした。

「大丈夫?」

 目を開けたらリュウの顔が目の前にあった。心配そうな顔でこちらをのぞき込んでいる。瞬きして呼吸を整えると、彼の優しい大きな手は髪を梳き頬を撫でていく。
 ああ、この手だ――そう思った。自分をすくい上げたのは彼の手だと気づく。

「嫌な夢を見ただけだ」

 まだ雨音がうるさい。今夜は眠れないかもしれないなとため息をついた。しかし毎年この時期にはよくあることで、数日眠れない日もあるくらいだ。ここ最近は安眠だったから夢も見ることがなかっただけ。

「起こして悪かったな。寝てていいよ」

「宏武、眠れない?」

「気にしなくていい、よくあることだから」

 身体を起こすとリュウまで起き上がる。そしてこちらの顔をのぞき込んで、心の内をのぞき込むような視線を向けてくる。けれど不思議と嫌な気分にはならなかった。まっすぐに見つめてくる茶水晶が綺麗だなと思わず見つめ返してしまう。
 けれどしばらく見つめ合ったままでいると、ふいにリュウの顔がこちらへ近づいてくる。小さく顔を傾けたその先になにが起きるか、すぐに気づいたけれど頭で理解するのに時間がかかった。

 ようやく脳へ伝達がなされた時には唇と唇が合わさっていた。柔らかく触れる唇。それは何度も触れては離れ、小さなキスを繰り返す。
 けれども次第に口づけは熱を持ち始めて、舌先で薄い唇を撫でられる。湿り気を帯びてそれが紅く色づく頃には隙間から熱い舌が滑り込んできた。

「んっ……」

 なぜこんなことをしているのだろう。そんな考えがよぎるけれど、身体は一ミリも動かずされるがままだ。口内を優しく撫でられ、歯列をなぞり舌を絡め取られて吸い付かれる。
 どんどんと深く激しくなっていくキスは、とても甘くて背筋がぴりぴりとしびれる気がした。両腕を伸ばして目の前にある首元に絡めれば、身体は抱き寄せられぴったりと彼の身体にくっついてしまう。

「ふっ、ぅん」

 肌がざわめく気がする。それくらいリュウとのキスは気持ちがよかった。唾液が混じり合うほど舌を絡ませ合うとぴちゃぴちゃと小さな水音が響く。
 その音に耳をくすぐられて堪らず熱い吐息を漏らしてしまった。するとさらにそれを煽るようにキスが濃厚なものになっていく。

 気づいた時には身体はベッドに沈み、その上にリュウがのし掛かっていた。腰の辺りをこすりつけるようにされると、そこにあるものが熱く固くなっているのがわかる。それは自分だけでなくリュウも同様だ。
 このままだと流される気がする。けれど首元に回した腕に力を込めるばかりで拒むことはできなかった。あんなにも近づき過ぎてはいけないと自分に言い聞かせたのに、彼の腕に抱きしめられるのが心地よくて堪らない気持ちになる。

「宏武」

「ぁっ……ん、リュウ」

 唇から滑り落ちたリュウの唇が首筋を撫でる。それと共にTシャツの裾から滑り込んだ手が意志を持って肌の上を這う。
 こうして他人に肌を触れられるのは久しぶりだったけれど、戸惑いはまったくなかった。首筋や鎖骨の辺りにきつく吸い付かれる感触も、なんだか感情を高ぶらせてしまうほどの喜びを感じる。

 きっと自分はいま現実から逃げだそうとしているのだろう。不安や恐れから逃れるためにリュウの腕に落ちようとしている。甘くて柔らかい陶酔に浸り、なにも見ないようにしている。
 それはいけないことだとわかっているのに、自分を止めることはできそうになかった。結局のところ自分で引いた線を踏み越えていくのは自分自身だった。やはり予感はすべて確信でしかなかったのだ。