独占欲※

 彼の腕の中は心地がよかった。すべてを忘れさせてくれるような甘やかな夢の中にいるようだ。彼の手は優しくそして時として激しく、心も身体もとろかしていく。それがまた堪らないほどの快楽を呼んで、頭が惚けてしまいそうになる。
 繋がった部分は熱くて、リュウの硬く張り詰めたものを抜き挿しされるたびに、入り口はじりじりとした熱をさらに高めていく。押し広げられ、奥へと突き上げられる感覚が身体を震わせる。

「はぁっ、あ、ぅんっ」

 あられもなく開いた足は誘い込むようにリュウの腰を絡め取る。引き寄せるように力を込めれば、彼は腰を動かし小さな孔を蹂躙するかのように激しく挿入を繰り返す。跳ね上がる身体は大きな両手に腰を鷲掴みされ、少しでも離れることは許さないと言われているかのようだ。
 自分を見下ろす茶水晶の瞳はいつも見せる無垢なものではなく、熱を孕み獲物を捕食する雄の目をしている。その目をまっすぐに見つめると身体がぶるりと震えた。

「ん、ぁっあっ、いい、リュウ」

 身体を繋げてすぐに気がついた。彼は男を抱くのは初めてじゃない。的確に弱い部分を攻め立て、どうすれば男の身体が悦ぶのかを知っている。けれどいまはそんなことはどうでもよかった。
 すべてを忘れさせてくれるのならいまは彼がなんであろうと構わないのだ。

「宏武、可愛い」

「リュウ、ぁっ、もっと」

 貪るように抱かれる。尻穴で泡立つローションがぐちゃぐちゃと音を立てるのも、肌と肌がぶつかり合う乾いた音がするのも、いまは興奮を煽るものにしかならない。まるでお互い獣のようだと思った。快楽にだけ従順でその虜になっている。
 ベッドに沈んだ身体を持ち上げられると、身体の重心が下がり繋がりがまた深くなった。下から何度も突き上げられる感覚に、打ち上げられた魚のように身体をびくびくとさせる。

 気持ちがよくて頭の中はもう飽和状態だ。それでも胸でとがる小さな粒にかじり付かれると快感が押し寄せて、目の前にある頭にしがみついてしまう。少し痛いくらいに歯を立て乳首を引っ張られた。
 もう片方を指先できつくこね回されれば、込み上がる気持ちよさと共に何度目かわからない吐精をする。けれどひくつかせる身体などお構いなしに下からの律動は絶えず、口からは熱い吐息と喘ぎがひっきりなしに漏れた。

「やっ、あぁっ」

 体勢を変えるとまた激しく身体を追い詰められる。上半身をベッドに沈み込ませ、腰だけ高く上げた格好で彼に広がった孔を向ける。もう何度も身体の中に吐き出したのに、リュウのそれは萎えることがない。
 舌なめずりをして目をらんらんと輝かせる表情にぞくりとした。彼は後ろから覆い被さりうなじをきつく噛んでくる。その痛みが麻痺して快楽に変わっていった。

「あっ、リュウ、や、もう壊れ、る。頭、おかしくなるっ。んっ、ぁっ」

 もう出すものも残っていないくらい吐き出した。それでもなお彼は自分を求めてくる。最後は何度も空イキをさせられ、自分の身体が女にでもなったかのような気分だった。
 彼の熱だけでイクのは気持ちがいいがなんだか心許ない気持ちになる。

Tu es beau(テュ エ ボー)

「……なに?」

 ふと気がついたら意識が飛んでいたのかリュウの小さなささやきで目が覚めた。なにを言っていたのかは聞き取れなかったが、さんざん暴れた野獣はどうやら健気な忠犬に戻ったようだ。
 身体は重くてだるいけれど、タオルで汗や汚れを拭いてくれたのかすっきりとしている。心配そうにのぞき込んでくる顔を片手で撫でてやると、その手の上にリュウの手が重なった。
 澄んだ茶水晶の瞳に欲とは違う熱が孕んでいるのに気がついたが、それを自分は気づかなかったことにした。彼とは上辺だけの関係が望ましいのだ。心は繋がっていないほうが、この先を考えればいいだろう。

 それから毎晩のように彼とは身体を繋げるようになった。リュウがねだるように求めてくるのだ。あまり何度も肌を重ねるのはよくないとわかっていても、甘え縋られるのを拒むことができなかった。
 抱かれているあいだはなにも考えなくていい。そのおかげで雨音に悩まされることも悪夢にうなされることもない。だからこのまま憂鬱な雨の日が過ぎ去ってくれればいいとそう思っていた。

「桂木さん、今年はなんだか顔色もいいし元気そうですね」

「え?」

 手元の紙面に視線を落としていたら、ソファに腰かけていた客人がなんだか興味深げな顔をしてこちらを見ていた。彼は出版社の編集者で、いつも自分に仕事を依頼してくれる三原と言う男だ。もう随分と長い付き合いだったと思う。
 月に一度は手土産を持ってここへやってくる。メールでも郵送でも原稿は送ることができるので、わざわざ訊ねてくる必要はないのだが、どうやらそれは自分の生存確認だったようだ。

「毎年この時期になると真っ青な顔して死にそうだったのに、なにかあったんですか?」

「ああ、ちょっと気が紛れることがあって」

「そうですか、それはよかった。じゃあ、安心して仕事をばんばん頼めますね」

 曖昧に笑った自分に三原は特に気にするそぶりも見せずに肩を揺らした。いつも雨の時期は格段に仕事が遅くなる。最初の頃は締め切りが重なったり、スケジュールが押しまくったりで大層迷惑をかけたが、いまは彼のほうでうまく調整してくれるようになった。
 いまも食いっぱぐれることなく仕事ができてるのは、やはり彼のおかげなのかもしれない。

「うん、原稿はこれでオッケーです。また来週になったら連絡を入れますね」

 手渡した原稿を確認すると、三原は大きく頷きゆっくりと立ち上がった。毎月決まってやっては来るがいつも無駄な長居はしない。今日も滞在時間は三十分ほどだろうか。だが困ることは一つもない。
 用件を早々に済ませてくれるのでこちらも気が楽で助かる。彼を見送ろうと自分も立ち上がったら、ふいに寝室の戸が開いた。そしてやけにのんびりとした声が響く。

「ひろむー、お腹減った」

 眠たげな目をこすり、小さなあくびを噛みしめたリュウを三原が目を丸くして振り返った。けれどその視線に気がついていないのか、いまだリュウはぼんやりと目を瞬かせている。

「お腹空いたって、そりゃ空くだろう。もう昼過ぎだぞ」

「えー、だって夕べは宏武が可愛かったから」

「リュウ!」

 なんの気なし突然とんでもないことを呟いたリュウに思わず声を上げてしまう。その声に驚いたのか、大きく目を瞬かせて彼は自分を視線で探す。そしてようやく客人の姿に気がついたらしく、小さく首を傾げた。

「誰?」

 訝しげな顔をしてこちらを見たリュウは、隣に立つ三原をじっと見つめる。少し不躾なほどまじまじと見つめるが、三原は大して気分を害していないのかゆるりと口の端を持ち上げた。
 なんだかそれは意味深げな含み笑いをしているようにも見える。付き合いが長いのでこの家にやってくる相手が女だったり男だったりと、その時々で違うのはなんとなく悟られていると思う。

「仕事を世話してくれてる人だよ」

「へぇ、そうなんだ」

「お邪魔しちゃったね。それじゃあ僕はこれで失礼するよ」

 素性がわかった途端に視線を和らげたリュウに、三原は楽しげに目を細める。言葉にされてはいないがなんだか居心地悪い気分になった。
 玄関先で三原の後ろ姿を見送ると、思わず大きなため息が漏れてしまう。彼は人を揶揄するタイプではないから、これ以上突っ込まれることはないだろうけれど、なんだかむずむずとして落ち着かなくなる。

「リュウ、お昼はなに食べ、る」

 ため息をまた一つ吐き出して、これ以上考えても仕方がないと、なにげなく後ろを振り返った。
 するとリビングにいると思っていたリュウが真後ろに立っていて、予想外のことに思わず言葉が喉奥に詰まってしまう。けれど驚く自分とは対照的に、やけにまっすぐとした瞳で彼はこちらを見つめてくる。

「どうした?」

 訝しく思いその瞳を見つめ返せば、ゆるりとこちらへ伸ばされた手に抱き寄せられた。彼の腕は隙間を奪うかのように強く身体を抱きしめるが、髪に頬を寄せる仕草はどこか甘えを含んでいる。これは独占欲なのだろうか。
 もしそうなのだとしたら、いますぐにこの腕を振りほどかなければならない。けれどそう思うものの、自分の身体はそこから一歩も動くことができなかった。