終わりの時

 不自然な沈黙が広がった。目の前に座るフランツはそんな中でまっすぐにこちらを見つめてくる。自分の出方を探っているかのような嫌な視線だと思った。一体彼は自分からなにを引き出したいというのだろうか。

 リュウと恋人の話を聞かされて、慌て戸惑う姿でも見たいのか。けれどそんなことを考えれば考えるほど、気持ちが変に落ち着いてしまう。これは諦めのようなものかもしれない。
 けれどその沈黙も長くは続かなかった。玄関から物音が聞こえる。それは少しずつ近づいて、リビングと廊下を繋ぐ扉が開かれた。

「宏武、ごめん。いつものなかったから、隣駅行ってきた」

 いつもと変わらない調子で彼は自分に声をかける。玄関にフランツの靴はあったが、また三原のように誰かが訊ねてきたのかと思ったのかもしれない。
 しかし視線が持ち上がりソファに座るフランツを認めた瞬間、リュウの顔が強ばった。

「迎えに来ました」

 一目でわかるほど顔を引きつらせたリュウは固まったように動かない。そんな彼に小さなため息をついて、フランツはゆっくりと立ち上がり歩み寄った。
 けれど近づていく彼から逃れるようにリュウは少しずつ後ずさっていく。そして追い詰められて小さな子供のように首を振って口を引き結んだ。

「帰りましょう。あなたには帰るべき場所がある」

「嫌だ」

 差し伸ばされた手を払いリュウは大きく首を振る。そして我に返ったように顔を持ち上げると、こちらに視線を向けた。まっすぐに向けられたそれは、自分に助けを求める目だ。その目を見つめてなにを選択したらいいのかを考えた。
 彼との時間は満ち足りたものだったと思う。あれほど苦痛だった雨の日がリュウといるあいだは忘れられた。憂鬱で退屈な毎日が穏やかな日に変わり、最初の目論みはもう充分果たされたんじゃないだろうか。

「リュウ、恋人ごっこはもうおしまいだ」

 手を離さなくてはいけない時なんだと思った。もう自分は彼の傍にいられない。もうささやかな二人の時間は終わりなんだ。

「宏武! 嫌だ。俺はあなたから離れたくない!」

 彼が手にしていた買い物袋が勢いよく床に放り出される。それと共にアップルパイの入った小さな白い箱が、ぐしゃりと歪んだ。けれど彼はそんなことなど気にもとめない。ただひたすらに懇願するような瞳でこちらを見ていた。
 じっと瞳を見つめたまま動かない自分に痺れを切らしたのか、リュウは乱雑な足音を立てて近づいてくる。そしてこちらへ両手を伸ばし縋りつくように目の前の身体を抱きしめた。

 強過ぎるくらいの抱擁で身体が軋みそうになる。引き離そうとすればするほど、彼の腕に力がこもった。そんな様子を見ていると胸がズキズキと痛んでくる。離れがたいと思っているのリュウだけじゃない。けれどこのままではいられないんだ。
 どうしたって彼を元の場所へ返さなくてはいけない。それは最初からわかっていたことだった。

「あんたといるのは楽しかったよ」

「そんなこと、言わないで。嫌だ、嫌だ。離れたくない」

「帰りなよ。あんたのいる場所はここじゃない」

 こんな感情は時間が経てば消えるに決まっている。いまはなくしたものが大きくて寂しさを埋めたいだけだ。恋人の影を追いかけてこんなところでくすぶっている場合じゃない。

「フランツさん。リュウを連れて帰ってください」

「宏武!」

 顔を上げた彼は信じられないものを見るかのように顔を強ばらせた。両肩に指が食い込みそうなくらい強く掴まれる。その手が小さく震えているのはわかっていたが、それには気づかないふりをして向けられる視線から目をそらした。

「なんで! どうして一緒にいてくれないの!」

 悲痛なその声に耳を塞ぎたくなった。リュウの綺麗な茶水晶の瞳に涙が浮かぶ。光を含んだそれは次第にあふれて頬を滑り落ちていく。はらはらとこぼれるそれは見惚れるほど綺麗だと思った。瞬くたびに伝う涙は止めどなくあふれてくる。
 手を伸ばしてその涙を拭ってやりたくもなるけれど、もうそんなことをしてやるわけにはいかない。

「ずっと一緒にいられるなんて、本当に思っていたわけじゃないだろう?」

「宏武の傍にいたい」

「あんたを待っている人がいるんだろ」

 これは彼に与えられた猶予期間だったんじゃないだろうか。本当はもっと早く彼を見つけ出していた。それでも彼の心の傷を憂えて先延ばしにした。きっとそうなのだろう。リュウは人の目を惹くほど目立つ容姿だから、彼の情報は事欠かなかったに違いない。
 家主の素性を調べ上げる時間があったくらいだ。すぐにでも連れ戻せたはず。

「さよなら、リュウ」

 大きく見開かれた目からまた涙がこぼれる。でもその涙は本当は誰のためなんだろう。そんなことを考えてしまう。大切な人の「代わり」がいなくなることが辛いのか。それとも本当に自分のことを想っていてくれるのか。それがわからない。
 彼は肝心なことをなに一つ言ってくれなかった。けれどその答えを求めないようにしていたのは自分だ。これはなにもかもうやむやをして、顔を背けていたツケが回ってきたのだろう。

「リュウ、あなたのためにどれだけの人が動いているのか。もうわからない歳ではないでしょう」

 こちらを見つめたままふらりと彼の身体が後ろに下がっていく。立ち尽くしているリュウの腕をフランツは強く引いた。彼はその手に大きく肩を跳ね上げる。きっとわかっているんだ。いつまでもこのままではいられないことを。
 甘い夢に浸って現実から目を背けるのは簡単だ。でも夢は夢。永遠には続かない。

「なすべきことをなしてください」

 冷静なフランツの声が静かな室内に響いた。涙をあふれさせたリュウは両手で顔を覆って俯いてしまう。丸めた背中が小さく見える。その背中を抱きしめてあげられないことがひどくもどかしいと思った。

「桂木さん。本当にお世話になりました。このお礼は後ほど改めてさせて頂きます」

 顔を落としたリュウの肩を抱き寄せると、フランツは丁寧にこちらへ頭を下げる。それを見つめながら大して気の利いた言葉も浮かばす、自分は小さく返事をすることしかできなかった。

 ああ、こうしてすべてが失われてしまうのか、そう思ったら胸の中が急に空っぽになる。小さいけれど確かな幸せを感じていた。
 あの時間が長く続いたらいいなんて、心のどこかで思っていたのかもしれない。玄関先まで二人を見送ったけれど、リュウは最後まで顔を上げることはなかった。

「最後くらい、顔を見たかったのに」

 でも最後に見る顔が泣き顔になるのもなんだかもの悲しい気もする。どうせ残すなら笑顔のほうがいい。彼の笑顔は本当に温かかった。無邪気に笑う顔はすごく可愛くて、一緒にいるとこちらまで笑みが移るくらい眩しかった。
 自分が思っている以上に心は傾いてしまっていたようだ。空っぽの胸が痛んで息ができないくらい苦しくなる。この感情が簡単に消えるだなんてどうして思えたのだろう。離れてしまった彼を想って心が軋みを上げる。必ずこの結末が訪れると知っていたのに。

「後悔しても、遅い」

 わかっていたのに流された。わかっているのに我慢ができなかった。彼が自分のことを気に入っていてくれているのを言い訳にして、自分は悪くないふりをしていたんだ。本当は誰よりも自分が悪いって気づいていたはずなのに。
 俯いたら涙がこぼれた。
 彼のいなくなった部屋はやけにがらんとして、雨音がうるさいくらいに響く。その音から逃れるように耳を塞いだ。けれど音は染み込むように広がっていった。