身体の熱※

 ベッドに腰を下ろして目の前にいるリュウが着ているシャツのボタンを一つずつ外していった。彼の肌に触れるたびにドキドキと胸が高鳴っていく。デニムのボタンに手をかけてゆっくりとファスナーを引き下ろすと、彼の熱は下着にその形を浮かび上がらせるほど張り詰めている。

 自分に欲情しているのだと思えば、そこには喜びしかない。うっとりと目を細めて取り出したそれを両手で撫でる。顔を近づけて舌を這わせると、雄の匂いが立ちこめて誘われるようにしゃぶりついてしまった。
 くわえたリュウの熱は喉奥まで飲み込んでもすべては口に収まらないほどに大きい。含みきれない場所は両手で扱き、口内では舌や喉を使って刺激していく。どんどんと筋を浮き立て張り詰めてくる熱は次第に口に含むのも辛くなってくる。

 それでもじゅぶじゅぶと音を立てすすりながら、たっぷりと愛撫を繰り返した。頭上からリュウの漏らす熱い吐息が聞こえてくるたび興奮してしまう。
 彼は雁首をいじられるのが好きなのか、唇や舌で撫で回せばこすりつけるようにしてくる。鈴口を舌先でくすぐりながら、あふれ出すカウパーを絡め取るようにねっとりと舐め上げた。

「宏武」

 こちらへ向かい伸ばされた彼の手が長い前髪をかき上げ、そのまま髪を梳くように後ろへと流れていく。そしてその手は束ねていた髪を解いた。さらさらとこぼれ落ちた真っ黒な髪が頬にかかり、思わず自分は目をすがめてしまう。

Tu es beau(テュ エ ボー)

 髪や頬を撫でながらリュウはうっとりとそう呟く。その言葉は前にも一度聞いたことがある気がする。初めて彼と肌を重ねた時に囁かれた言葉だ。視線を上げて彼を見つめると、彼は解けた髪をすくい上げて今度は自分にも伝わるように言葉を換えて囁いた。

「あなたは綺麗な人だ」

 熱を孕んだ茶水晶の瞳に見つめられ、まっすぐと告げられた言葉に頬が熱くなる。そんな言葉はいままで言われたことがない。気恥ずかしくて目を伏せると、口に含んだ熱がどくりと脈打った。

 リュウは驚く自分の口からそれを引き抜いて、目の前でそそり立った熱を扱いていく。それと共に顔に生温かいしぶきがかかり、あまりに突然のことで思わず固まってしまった。
 瞬きを忘れたまま彼を見つめていると、サイドテーブルから引き寄せたティッシュで飛び散ったものを拭ってくれる。

「ごめん宏武。綺麗過ぎて汚したくなった」

 唇に口づけられてようやく我に返ったけれど、すぐに身体を押し倒され再び口を塞がれた。触れるだけではないそのキスは興奮で火照った身体をしびれさせる。リュウの昂ぶりを見て自分の熱もかなり張り詰めた状態になっていた。
 刺激が欲しくて自然と腰が揺らめく。

「リュウ」

 請うような視線を向ける自分を彼は目を細めて見下ろす。口の端を持ち上げて笑うその表情はいやらしくて、それだけでゾクゾクとした快感を呼ぶ。堪らず自身の太ももをこすり合わせて自分の熱を刺激してしまう。けれどすぐに足のあいだに身体を割り込まれた。

「宏武、いやらしくて可愛い」

「あっ……んっ」

 舌で唇を湿らせたリュウは刺激を待ち望む中心を大きなその手できつく握った。そしてそれを乱暴なくらい激しく扱く。思わず声を漏らせば、それを煽るように手の動きも荒々しくなっていく。
 スラックスと下着の下に押し込められている熱が、ぐずぐずとそれを汚しながら高まっていくのがわかる。

「リュウっ、んっ、や、もうイク、イクから」

 高まった熱はすぐに上り詰める。身体をくねらせて逃げを打つけれど、彼の手は止まるどころかさらに強くなった。
 過ぎるほどの快感に切羽詰まった声が口先から何度も漏れて、そのたびリュウは目を細めて恍惚とした笑みを浮かべる。ゾクゾクとした刺激が背中を走り抜ければ、昂ぶった熱が弾けてぐっしょりと下着を濡らしていく。

 まさかそのまま吐き出すことになるとは思わなかった。文句を言いたいのに上がった息では言葉も出なくて、彼を睨みつけるしかできない。しかしそんな視線など気にもしていないのか、リュウは嬉しそうに笑いながら口先に口づけてくる。

「……気持ち悪い」

「うん」

 生ぬるく濡れた下着が肌にまとわりついて落ち着かない。じっと目の前の瞳を見つめれば、彼はいそいそとスラックスに手をかけてくる。腰を浮かせて脱がせやすいようにしてやると、一気に下着と一緒に引き下ろされた。
 つま先まですべて脱ぎ去ったら、満足げに目を細められて少し恥ずかしくなる。肌をさらすのは初めてではないのに、その身を両手で抱いて恥じらうそぶりをしてしまう。生娘のようにうぶな反応を示すそんな自分に、なんだかとてもむず痒くなる。

 けれどそれがお気に召したのか、リュウは目を輝かせながらゆるりと口の端を持ち上げた。雄の色香を放つ彼に見下ろされると、見つめられた先から熱が広がり身体を侵食されていくような気分になる。しかしそれがなんだか心を満たしていく。
 瞳の中に自分が映っているそれだけで、いまは彼の心にいるのは自分だけなのだと優越感にも浸れる。いまだけの夢だとしても構わないのだ。この瞬間をこの胸に思い出として残しておければいい。

「宏武、愛してる」

 耳元に囁かれる愛の言葉に胸を切なくさせながらも、腕を伸ばして愛おしい人を抱き寄せる。引き寄せるままに近づいてくるリュウは優しく唇にキスを落としてくれた。唇に触れるぬくもりが嬉しくて回した腕に力を込める。
 触れるだけだった口づけは少しずつ深まっていき、お互いの熱い吐息が口先に触れた。舌を伸ばして絡め合うと、こすれ合う場所からじわじわと気持ちよさが込み上がる。

「リュウ、激しく抱いて」

「駄目、今日は優しくしてあげる。目一杯、愛してあげるよ」

 なにも考えられないくらいめちゃくちゃにして欲しいのに、優しくするなんて残酷ではないか。そんな風に抱かれたら忘れられなくなる。離れた時に一人でいるのが辛くなってしまう。それなのにリュウは壊れ物を扱うみたいに優しく身体の隅々にまでキスをしていく。
 足の指まで丹念にキスをしていくと、今度は肌を舌で撫で始める。肌をくすぐる舌先に翻弄されるように身体が跳ね上がり震えてしまった。敏感な場所を撫でられると口先からは甘えた声が漏れて、もっと刺激が欲しいとねだるように腕は彼をかき抱く。

「リュウ、リュウ、いやだ、もっと」

「駄目、もっと可愛い宏武を見せて」

 腰に回された腕で身体を抱き上げられると、ベッドの端から中央へと移動させられる。広いベッドの真ん中でじれったいほどの愛撫を繰り返されて、声が縋るように涙声になっていく。
 早く反り立った熱で貫いて欲しい。なにもかもわからなくなるくらい揺さぶられてしまいたかった。うわごとみたいに名前を呼ぶけれど、彼の愛撫は止まることなく肌を羽のように優しく撫でる。

 しかし緩やかな刺激しか与えられないが、身体は徐々に快感を追い上り詰めていた。脇腹を撫でられ胸の先で尖る乳首を舌先で転がされると、上を向いた自分の熱からは透明なしずくがあふれてくる。
 ぐずぐずに溶かされた身体は火照り、彼が与える小さな刺激さえも熱に変えた。両足をはしたなく開かされると、彼の舌は足の付け根をくすぐり内腿を撫でていく。けれど触れて欲しい熱には決して触れようとはせず、もどかしさばかりが募っていった。

「リュウ、早く」

 張り詰めた熱にまた激しく触れて、そして早く身体の奥まで暴いて欲しい。後ろの孔はその先を期待してひくひくと小さく動いている。もっと奥まで触れて欲しくて腰を浮かせたら、リュウは目を細めて自分を見下ろす。
 そのまっすぐな視線を受け止めて頬が熱くなる。けれど身体はもっと先の刺激を求めて貪欲になっていた。両手で尻たぶを掴むと彼に向けてひくつく孔を向ける。

「中もいじって、もう、我慢できない」

「……宏武、可愛い」

 さらされた孔をいやらしい雄の目で見つめられるだけで身体が疼く。指先を孔に這わせて乾いたそこに指先を押し込める。引きつったそこは指先一つ飲み込むのも辛い。けれど早く欲しくて仕方がないのだ。

「傷つくから、駄目」

 指先で孔をいじっていると伸びてきた手にそれを止められてしまう。不満げに彼を見上げれば、なだめすかすように膝頭にキスをされた。

「よく見えるようにしていて」

 彼は掴んでいた手を尻にあてがう。先ほどのように自分の両手で孔がよく見えるようにそこを広げて見せれば、彼は満足げな笑みを浮かべてサイドテーブルの引き出しからローションを取り出した。

「自分でして見せて」

 ローションの蓋を開きボトルを傾けると、たらりと粘度の高い液体がこぼれ落ちてくる。
 ひやりとしたそれが陰部に落ちるとそれは繁みを濡らしながら尻へと伝い落ちていく。それを指先ですくい、言われるがままに自分で孔に塗り込めた。