約束

 それでもリュウには心が傾いた。傍にいるとあの悪夢も忘れられるほど心穏やかにいられた。だからあの人の存在を強調するように白昼夢を見たのだろう。人を死に至らしめてしまったことを忘れるなと、幸せになろうなどと考えてはならないと教えるために。

「宏武、俺だけを見て! アキと宏武が違うように、その人と俺は全然違う」

「……アキ?」

 聞き覚えのない名前に思わず首を傾げてしまう。そんな自分の反応に彼は逡巡するような表情を浮かべる。勢いで言葉にしてしまったものを後悔している顔だ。けれど口を引き結んでこちらを見つめるリュウは、デニムの後ろポケットからパスケースのようなものを取り出した。

 身体を起こして差し出されたそれを受け取ると、そこにはしわしわになってよれた写真が一枚入っていた。写真には太陽のように眩しい笑顔を浮かべたリュウと、朗らかな明るい笑みを浮かべた少年のような子が肩を並べて写っている。
 これがリュウの恋人――アキと呼ばれた子だろうか。真っ黒な瞳と肩先まで伸びた艶やかな黒髪。なんとなく自分に似た顔立ちをしているようにも見えるけれど、自分はこんな風に穏やかな優しい表情は浮かべられない。

 二人を見ているとまた胸が軋んだ。見れば見るほど幸せそうな二人だと思った。写真を見ただけでもその仲がわかるくらいに信頼し合い愛し合う二人――この写真がこんなにしわしわなのは雨に濡れたせいか。
 この写真をなくして彼は雨の中を探し歩いていたのだろうか。それほどまでに大切な人なんだ。

「見た目、ちょっとだけ似てるかもしれない。けど宏武とアキは全然違う。宏武だから好きなんだ」

「似ているからついてきたんだ」

「それは! それはただのきっかけだ。宏武の傍にいて、宏武の可愛くて優しいとこが愛しいなって思った。すごく脆くて弱いところ、それを知って傍にいたいって思った。だから好きになった。宏武だから愛してるんだよ、信じて!」

 腕を伸ばして目の前にある身体を抱き寄せるリュウは縋りつくように必死だ。本当に彼はいま自分を想っているのか。自分は彼の恋人の「代わり」ではないのだろうか。胸の中に微かな期待が湧いてきそうになる。
 けれどどこかで恋人の影を追いかけているんじゃないのかと、そう疑り深くなる自分もいた。

「宏武、アキはもういない。いまの俺の言葉だけ信じて」

「でもリュウは、まだアキを忘れてないんだろう?」

 投げかけた言葉に彼は息を飲み込み、目を見開いた。戸惑うような瞳に、やはり彼が追いかけてるのは自分ではないのだと感じる。
 こうしてまだ写真を持ち歩いているくらいだ。まだ愛しているに違いない。だけどもういないから、愛せなくなってしまったから「代わり」で心を埋めようとしているんじゃないのか。

「……忘れてない。アキは、俺のことを置いていってしまったから」

「置いて、いった? どうして彼は、死んでしまったんだ?」

 目を伏せたリュウの顔にどこかもの悲しい影を感じて、思わず問いかけてしまった。自分の問いかけに彼はなにかを堪えるように唇を噛む。
 まるで大きなものを飲み込むみたいな苦しそうな顔だ。けれどそれをじっと見つめていると、絞り出すような声でぽつりぽつりと言葉を紡いだ。

「アキはアパートメントの窓から飛び降りて死んだ。少し前までいつもと同じ顔で笑っていてくれたのに、なにも言わずにいなくなった。愛してるって言ったら、嬉しそうに頷いてくれたのに」

 感情を押し殺すかのように顔を強ばらせて、唇を震わせながら彼は瞳を潤ませた。けれどそこにはなぜ? と言う感情よりも、後悔が浮かんで見える。終わらせなくちゃいけない運命なんだ――そう呟いた彼を思い出す。
 いままであれはリュウの感情なんだろうと思っていた。けれど本当は恋人が残した想いだったんじゃないだろうか。すべてを捨てなきゃいけないと、そう思ったのは、アキのほうだった。

「……どうして彼がいなくなったのか、わかっているんじゃないのか?」

 自分が投げた問いかけに、リュウはいまにも泣き出しそうに顔を歪めた。

「俺が、アキを愛してしまったから、アキはマモンにひどい仕打ちを受けていた。でも俺は、なにもしてあげられなかった。守ってあげられなかった」

 もしかしたら自分とリュウは同じものを抱えているのかもしれない。愛する人のすべてを受け止めたい――そう思いながらも、自分の想いに相手が苦しむ姿を見てきた。愛おしいという感情はふくれ上がるけれど、その愛では心さえ救ってあげられない。
 大切な人をその手で守ることができなくて、自分自身すらもがき苦しんでいる。お互いがお互いのすべてを愛していたのに、愛するがゆえに愛し方を掛け違えてしまったのかもしれない。だからあの人もアキも最悪な結末を選んでしまった。

 そして自分たちは愛する人への想いを断ち切ることはできなかった。あの映画の主人公のように、愛を手放してすべてがリセットされるなんてことはあり得ない。心があればどうしたって失ったものの大きさに引き裂かれる思いをする。
 だからあのラストに自分は引っかかりを覚えた。でもリュウはアキの気持ちをそこに重ねてしまったのだろう。

「愛したことを、後悔はしてる?」

「してない」

 うっすらと涙が浮かんだ目は揺らぐことなくまっすぐだった。そこには淀みもなくて、強い意志さえ感じる。リュウは本当にアキのことを愛しているんだ。いまも心の中から失われないくらい深く。その想いは簡単に拭い去れるような想いじゃない。

「けどいまは、宏武のことが好きだ。それはいけないこと? 宏武もまだ忘れていないんでしょう?」

「それは」

 瞳をのぞき込まれて今度は自分が息を飲む。彼と同じように、自分もまだ忘れていないのだということに改めて気づかされる。いまはもう愛おしさではないかもしれないけれど、自分の心にはまだあの人がいる。その存在はなによりも大きい。

 彼がアキを忘れられないのと同じくらい深い感情だ。リュウはあの人に、自分は彼の恋人に、お互いもういない相手に心が焦げ付くような嫉妬をしているのか。そう考えるとなんて滑稽なんだろうと思えてしまう。
 けれど先立つ人の面影は、深く心に刻みつけられてそう簡単には消えていかない。

「宏武、お願い。いまだけを見て」

「わかってる。いつまでも過去に囚われ続けるのがよくないことだって」

「ちゃんと俺の目を見て」

「けど、自分はあんたの恋人みたいに一緒に飛び回ることはできない。ずっと一緒にはいられない」

 過去と決別をしてリュウだけを見て、彼だけを追いかける。それはどれほど幸せだろうかと思う。けれどいまの自分には一緒に飛び立てる翼はない。夢を分かち合いともに歩くことはできないのだ。自分と彼は生きていく世界が違う。
 まっすぐに彼を愛せないもう一つの理由は、傍にいられない。それがわかっているからだ。彼が離れているあいだに気持ちが移ろいでしまうのではないかと不安で堪らない。これから先の未来、彼に愛されている自信がないのだ。

「時間が欲しい」

「……時間があれば、俺のこと信じる?」

「わからない。わからないけど、いまはまだ受け止められないんだ」

 気持ちの整理がまだつかない。リュウの心に恋人がいると思うだけで胸が苦しくなってしまう。時間が経って彼の中にいる恋人の影が薄れたら、この苦しみも消えていくのだろうか。
 けれどそれよりも自分の心にある闇を払拭しなくてはいけないのかもしれない。あの人の影がつきまとう限り、まっすぐにリュウと愛し合うことはできない気がする。いまのままでは過去に囚われて怯えるばかりだ。

 それでもまだ心は揺れ動く。本当に心を癒やしたらあの記憶から抜け出して、後悔の念を断ち切ることができるだろうか。そうしたら少しは素直に心にある感情を受け入れて、彼のことを信じられる日が来るのか。

「待つよ。宏武がその人のことを忘れるまで待ってる」

「離れて会えないあいだも好きでいてくれるのか?」

「うん、好きだよ。ずっと宏武を好きでいる」

 自分を抱きしめる腕が力強くて、思わず両手を伸ばして彼の背中に抱きついてしまう。指先に力を込めてしがみつくように背中を抱き寄せた。彼は首筋にすり寄り頬に口づけ、まるで甘えているかのようだ。けれど確かなそのぬくもりを感じて自分の心が安堵しているがわかる。

「宏武、キスしていい?」

 ふいに真剣な目をしてリュウはこちらを見つめた。いままで何度も口づけてきたのに、今更なぜそんなことを聞くのだろうと訝しく思う。けれど彼の言葉に自分は素直にゆっくりとまぶたを閉じた。するとふわりと優しく唇にぬくもりが触れる。

 ついばむような口づけはなんだかとても甘くて、触れるほどに彼が恋しくなった。あと少しで離れなくてはならないのだから、いまのうちにもっと彼を心に刻みつけておかなければと思ってしまう。
 閉じていた目をゆるりと開けばまっすぐな瞳が目の前にあった。視線が合うとついばむだけだった口づけに熱がこもる。彼の舌先が唇を撫でるたびに甘さが広がっていく気がした。

「宏武、忘れないでね」

「忘れないよ。忘れられない」

 こんなにも心を揺さぶる彼を忘れることなんてできやしないだろう。それよりもこれから先、離れていられるのか不安になる。彼がいなくなった時間を自分は一人で過ごしていけるのだろうか。大きな穴が空いてしまうんじゃないかと心許ない気持ちになる。
 けれどそんな心の内を見透かしたのか、彼はなだめるみたいに髪を優しく梳いて撫でた。

「リュウ、もう一度キスして」

 髪を撫でる手に自分の手のひらを重ねて、綺麗な茶水晶の瞳を見つめた。彼は嬉しそうに微笑むとそっと唇を重ね合わせてくれる。優しい口づけが胸に染み渡るようでなんだか少し気持ちが落ち着いた。

 これからの時間は乗り越えていかなければならないことがたくさんある。自分と向き合って一つずつ答えを出していかなければ、不安や恐れは消えないだろう。自分は早く彼の気持ちに応えられるようしがらみから抜け出さなくてはいけない。
 寂しがっている場合ではないのだ。

「リュウ、いまはこれでさよならだけど、また会える時まであんたのことは忘れない」

 再びキスを交わしたら、部屋の中にインターフォンの音が響き渡った。二人の時間はここでおしまいだ。けれど終末しか訪れないと思っていた未来には小さな希望が見えた気がする。