終演

 電車を降りたら雨脚がさらに強くなった気がする。けれどそんなことなど気にもとめず、足早にマンションへと向かって歩いた。そしていつもの通り道である公園にさしかかる。そういえばここで彼と出会ったんだったと、ふいに懐かしさが込み上がってくる。

 あの日あの時、自分が雨の中に出かけていかなければ彼とは出会わなかった。不精をして外に出るのを先延ばしにしていたら、彼を想って胸を焦がすいまもなかったのだ。感慨深く思いながら公園へ足を踏み入れる。すると公園のベンチに誰かが腰かけていた。
 黒のコウモリ傘を差したその人は、ベンチの前に足を投げ出しじっと座ったまま動かない。こんな雨の中でなにをしているのだろうかと、訝しく思いながら目の前を通り過ぎる。

「宏武」

 その人の前を通り過ぎた瞬間、懐かしい声がした。驚いてその声を振り返ると、傘に隠れていた顔がこちらを向いている。触り心地のよさそうな柔らかな茶色の髪、精巧な人形のように整った美しい顔立ち。
 爪の先まで磨かれたそれはまるで芸術品のような麗しさだ。けれど彼が血の通った人間であることは優しい茶水晶の瞳を見れば一目でわかる。視線が合うと彼はゆるりと口角を上げて笑みを浮かべた。それは忘れることのできない愛おしい人の笑み。

「リュウ!」

 振り向いてその姿を認めた途端に、自分は傘を投げ出しその人に向かって腕を伸ばしていた。広い背中に抱きつくと、彼もまた両手で自分の背を強く抱きしめ返してくれる。
 雨に濡れるのも構わずお互いをその腕に閉じこめた。頬にすり寄ると彼はずいぶんとひんやりとしている。どれほどの時間ここにいたのだろうか。

「宏武、風邪を引くよ」

「それはあんたのほうだ」

 冷たい身体に熱を移すかのようにきつく抱きしめる。けれどザーザーと降りしきる雨の中では二人の身体は少しずつ熱を奪われていく。
 いつまでもこうして抱き合っていては、本当に風邪を引いてしまうかもしれない。彼の冷たい頬を撫でてそこに唇を押し当てた。

「ねぇ、宏武。また俺を拾ってくれる?」

 まっすぐな純真な瞳がじっと自分を見つめる。小さく首を傾げてのぞき込むような仕草をする彼に、誘われるままに自分は頷いていた。

「……いいよ。ついておいで」

 落ちた傘を拾い上げて差しかけてやると、それを受け取り彼はゆっくりと立ち上がった。そして歩き出す自分の後ろをついてくる。まるであの日の再現をしているみたいだ。けれどあの日と違うことがある。
 それは後ろから伸びてきた手に空いた片方の手を握られていることだ。握りしめた手のひらはお互いの熱が移ってとても温かい。確かに彼がそこに存在するのがわかってなんだかとても嬉しくなった。

「宏武、全然連絡くれなかったね」

「悪かった。でもいますごく会いたくて、連絡したいって思ってたんだ」

 さすがに二年は待たせ過ぎただろうか。なんだか会いたいなんて言葉も言い訳みたいに聞こえる。けれど気持ちの整理がつくまでは、想いが中途半端になりそうで連絡できなかった。二年かかってようやくあの人の影を感じなくなったところだ。
 リュウにまた会う時は彼のことだけを考えていられる自分でありたかった。

「もう待てそうにないから、待つのはやめた。今日はそれを伝えに来たんだ」

「え?」

 それはどういう意味だろう。もう待てないから、自分のことは諦めると言うことだろうか。立ち止まって振り返ると、リュウはまっすぐに自分を見つめている。なんと答えを返したらいいのか、言葉が見つからない。ただ黙って彼を見つめていると、繋いだ手を引かれた。

「宏武、またあの部屋で一緒に暮らそう」

 引き寄せられると傘と傘がぶつかって自分の傘がゆるりと地面に落ちる。けれど隙間がないくらいに抱き寄せられて、雨は降り注いではこなかった。
 ポツポツと傘に雨粒が落ちる音が聞こえる。それと共に耳元にほんの少し早い温かな心音が聞こえた。これは彼の音か、それとも自分の音が聞こえているのだろうか。

「一緒に暮らす?」

「そうだよ。二人で一緒に暮らそう。これからは一緒にいよう」

 首を傾げる自分に彼は瞳をキラキラと輝かせながら言葉を紡ぐ。まっすぐで淀みのない綺麗な瞳だ。けれど言葉が思うように飲み込めない。

「……ピアノは? ピアノはどうするんだ?」

 彼の言葉に思わず動揺してしまう。ついこのあいだまで世界中を飛び回ってピアノを奏でていたじゃないか。会えない時間もずっと、リュウを追いかけていた。だから彼がどれだけの人に愛され必要とされているのかも知っている。
 それなのにそれをやめてしまうつもりなのか。一緒にいたいと思ったのは事実だけれど、彼の可能性を摘み取る真似はしたくない。

「契約満了、事務所は辞めた」

「どうして!」

 拾って欲しいと言ったのは連れ帰って欲しい。そういう意味なのだと思っていた。まさかすべてを投げ出して自分のところへ来たいという意味だとは思いもしない。安易に頷いた自分が馬鹿だった。

「宏武の傍にいたいからだよ。俺はあなたの傍でないと生きている心地がしない」

 彼に愛されている。必要とされている。それを思えば喜び勇んで飛びつくくらいでもいいのかもしれない。けれど気持ちは裏腹に沈んでいくばかりだ。胸が苦しくて切なくて、思わず顔を覆い俯いてしまう。涙がこぼれてきた。
 彼から大事なものを取り上げてしまったのかもしれない。取り返しのつかないことをしてしまったんじゃないだろうか。彼を待ち望んでいる人は世界中にたくさんいる。その期待を裏切らせてしまったのか。

「宏武、泣かないで。ピアノはやめない。これからも続けるよ」

「……どういう、ことなんだ」

 泣き出した自分を見つめ、リュウは頬を伝う涙を拭うように口づける。その優しい感触に顔を上げたら、彼は困ったような表情を浮かべていた。そして言葉を探しているのか時折小さく唸る。

「んー、えっと、そう、フリーになっただけ。仕事はこれからも続ける。フランツが一緒に来てくれたから仕事の心配はするなって言ってた。時々は日本を離れるけど、宏武も一緒に行けばずっと一緒でしょ。宏武はパソコンがあればどこでも仕事ができるってフランツ言ってたよ」

 思わぬ答えに顔を上げたまま呆けたようにリュウの顔を見つめてしまった。ずっと一緒にいるということは、彼と世界を回って歩くということなのか。あまりにも予想外過ぎて頭の整理が追いつかない。

 こんな突拍子もないことを彼一人で考えつくはずがない。それに誰もがいま注目している逸材をすんなりと事務所が手放したりもしないだろう。あの背の高い緑目の男――隙のない食えない男だ。けれどリュウの不利益になるようなことはきっとしないだろう。
 いままで以上の儲けを期待できると踏んで独立を後押ししたに違いないからだ。しかし彼がほかのことに気を取られることなく、ピアノに専念できるのならばそれもいいかもしれない。

「宏武の傍でピアノを弾いていたい。傍にいさせて」

 こんなに周到に外堀を埋められては頷くしかほかない。もう彼はここまで来てしまったのだから、突き返すわけにもいかないだろう。それに突き返す理由も見当たらない。彼がピアノをやめずに傍にいてくれるというのだ。
 そして自分に一緒にいるための翼を与えてくれた。これからはまっすぐに彼を愛していける。腕を伸ばして彼の背中を強く抱きしめた。

 しとしと心に降り続けていた雨がようやくやんだ。ポツポツと音を響かせていた雨粒はもうすぐ消えてなくなるだろう。その頃にはきっと自分の中にある曇りは跡形もなく消え去り、澄み渡る青空のような清々しさに包まれているはずだ。
 ずいぶんと遠回りをした気がする。けれどその回り道も、お互いの存在を確かめ合うためには必要な時間だったのかもしれない。離れた分だけ愛おしさが募った。自分には彼しかいないとそう思えた。だからもう後ろは振り返らない。

「リュウ、愛してる。あんたの傍で生きていくよ」

 ようやく紡げた言葉に頬を熱くする自分を、リュウは満面の笑みを浮かべて抱きしめる。地面に放り出された二本の傘が雨粒に濡らされ雨の調べを奏でていた。

雨の調べ/end