心にある面影

 なぜだかわからないけれどいつも宏武は自分に自信がなさげだ。思っているよりずっと素敵だと何度も伝えても曖昧に笑う。
 もしかしたらそれは昔、大切だった人を不幸にしてしまったと言っていたことに関係するのかもしれない。もう吹っ切れたと言っていたけれど、それでもまだ消えてなくなったわけではないのだろう。

 愛してるよ――そう言ってくれる宏武のことを疑ったことは一度もない。それでも彼の心に深い傷跡を残すくらい、強い想いを抱いた人に嫉妬してしまう。もうこの世にはいない誰か。一生その人と肩を並べることも追い越すこともできない。

「リュウ? どうした?」

「え? なに?」

「なにって、急に黙るから。どうしたのかと思って」

「ああ、うーん、なんでもないよ。のぼせちゃったかなぁ。久しぶりに宏武とお風呂に入れたから」

 我に返ってみるとそこには明かりに照らされた浴室の天井が見えた。ゆっくりと視線を下ろしてみると、心配そうな顔をした宏武が腕の中から俺を見つめている。
 どのくらいぼんやりしていたかわからないけれど、かなり心ここにあらずという感じだったのかもしれない。

 いきなり恋人が天井を見つめたまま動かなくなったら、心配をして当然だ。しかし俺はそれを誤魔化すように笑って、目の前の身体をきつく抱きしめる。そんな俺に宏武は不思議そうに首を傾げて目を瞬かせた。

「宏武の目はやっぱりすごく綺麗だね」

 長いまつげに縁取られた黒い瞳は艶やかで、その中に自分を映し込むとひどく気持ちが高ぶってくる。
 誘われるように顔を近づければ、瞳は少し泳いでからゆっくりと伏せられた。期待を含んだ反応を見せられると我慢ができなくなる。

 後ろから覆い被さるように口づければ、うっすらと開かれた唇が俺を誘い入れた。それがたまらなくて、貪るように口の中を荒らしてしまった。それでもそれを受け止めて俺に応えようとする。

「ねぇ、宏武。欲しい」

「風呂場は駄目だって、何回言ったら」

「じゃあ、ベッドで、いい?」

 湯に濡れて柔らかくなった肌にやんわりと歯を立てれば、瞳を揺らして恥じらうように俯いた。その仕草にひどく熱を煽られる。

 返事をねだるように首筋を唇でなぞり、抱きしめていた手で太ももを撫で上げた。肩を震わせる背中が可愛くて、跡が残るように皮膚にきつく吸い付く。
 うっすらと赤くなったそこを満足げに見つめてから、小さく背中を丸める身体を抱き上げる。湯船が波立ち、二人の身体からしずくがこぼれ落ちた。

「なんとかは急げって言うよね」

 驚きをあらわにする顔を見つめて笑みを浮かべれば、白い肌が赤く染まっていく。このいつまで経っても慣れきったところがないのが、男の心をくすぐるのだと言うことをわかっていないのだろうな。

「宏武はいままでどのくらいの人と付き合ってきたの?」

「え?」

「んー、純粋な疑問。宏武っていつも初めてみたいな反応するよね。ベッドの上ではやらし、い」

「こんなの初めてなんだから、仕方ないだろ!」

 言葉を続けようとしたら思いきり両手で口を塞がれた。明るい浴室では全身が赤く染まっているのがよくわかる。それを目にしたら、もう顔がだらしないくらいに緩んでいく。
 初めて――これがすべて宏武の初めてだと聞かされると、先ほどまで思い悩んでいたことが吹き飛ばされた。他の誰でもない、俺が宏武にとっての唯一ってことだ。

「宏武、そんな可愛いこと言われると、俺もう我慢できない」

「風呂場は駄目だ! 響くから!」

「じゃあ、急いでベッドに行こう」

「こら! 身体を拭いてからにしろ! 濡れたままベッドに上がったら怒るぞ!」

 腕の中でジタバタと抵抗をする宏武に仕方なく言うことを聞く。ここで機嫌を損ねるとストライキを起こしてさせてくれない可能性がある。いつもはすぐに足を開いてくれるのに、そういう時は意地でも触らせようとしない。何度か失敗をして俺だって学んだ。

「髪、乾かすね」

 いますぐにでもベッドに押しつけて揺さぶりたいくらいなのに、それを押しとどめて丁寧に身体を拭いて髪を梳く。
 肩先まで伸びた宏武の黒髪は、俺の茶色い癖毛とは違い、艶があってまっすぐで癖がない。乾かすと指のあいだをさらさらと滑り落ちる。

 触り心地がすごくよくて、隣にいる時はよく撫で梳いてしまう。まあ、それに限らず、している時に指を絡ませたりするのも好きだけれど。

「はい、出来上がり」

 ドライヤーで綺麗に乾かすとうなじに唇を寄せた。小さく肩が跳ねたのが可愛くて、さらに押しつけて赤い跡を残す。
 宏武の肌は白くて綺麗なのだが、俺が何度もあちこち噛みつくから少し痣になりかけている。
 申し訳ないとは思うものの、跡が残っていると自分のものである証しな気がしてやめられない。

「リュウもちゃんと乾かして」

「うん、宏武、乾かして」

 振り向いた顔に口づけをして甘えると、少し困ったように息をつきながらドライヤーを当ててくれる。
 身を屈めて手が届きやすいようにしてあげれば、優しい手が俺の髪を撫で掬う。宏武に触れられるのが好きだ。いつもやんわりと髪を撫でてくれる。

 大切なものを扱うみたいに、そっと触れられるたびに胸が高鳴ってしまう。こんなことは初めてだ――宏武はそう言っていたけれど、俺もこんな気持ちは初めてだ。
 こんなにも胸が甘く痺れるのは生まれて初めての体験。

 ずっとアキが好きだった。それは間違いないはずなのに、宏武といるとそれを忘れてしまうくらい、胸が騒いでどうしようもない気持ちになる。
 自分の半身はアキ以外にいないとずっと思っていたけれど、宏武に出会ってからそれがどんどんと覆されていった。小さな表情の変化も見逃せないくらい、そのすべてが欲しくなった。

「宏武、まだ?」

「んー、よし、いいよ」

「じゃあ、行こう」

 ドライヤーを片づけるのを見計らい、目の前にある背中を抱きしめた。ぎゅっと強く腰を抱き寄せれば、呆れたようにため息をつく。けれどこちらを見た顔はちっとも呆れを含んでいなくて、それどころかどこか嬉しそうにも見える。

「そうだ、宏武。ドイツって行ったことある?」

「え? ドイツ? いや、行ったことないかな」

「来月、演奏会があるから参加するようにフランツから言われたんだ。それほど大規模なものじゃなくて、個人宅で行う演奏会らしい。宏武も行けるよね?」

 手を引いて寝室に向かう途中で伝え忘れていたことを思い出した。後ろを振り向くと宏武は小さく首を傾げている。その顔をじっと見つめれば、少し考え込む表情を見せた。

「駄目?」

「いや、いまのところ急ぎの仕事も入っていないし、大丈夫だと思う。ついて行くよ」

「やった! じゃあフランツに伝えておくね。詳しい話は明日するよ。いまは、早く宏武のこと食べてしまいたいから」

「……うん」

 ベッドにたどり着く前に我慢できずに口づけをしたら、目を細めた宏武に急くように手を引かれる。その手と先を歩く横顔を見つめれば、熱を浮かべた視線が振り返った。
 どうやら一足先に宏武のスイッチが入ったようだ。それ見た瞬間、ニヤニヤと口の端を持ち上げてしまう。

「宏武、すごくいやらしい顔してる」

 寝室の戸を開けて足早にベッドに近づくと、もつれ合うようにそこへ身体を沈ませた。そして腕が伸ばされて俺を抱き込むように引き寄せる。
 食らいつくみたいにキスをして、唾液でベタベタになるのも構わずに舌を絡ませた。熱に溺れる顔が見たくて、そっと目を開けるとこちらを見ている瞳と視線が合う。
 その瞳は情欲に濡れ、いまは艶めいた炎を宿していた。

「リュウ、早く」

「もう欲しいの? おねだり早すぎだよ。このままじゃ挿れられないから、ローションとって」

 そんなことを言いながら、ふつふつと湧き上がる感情が抑えきれなくなる。身体を起こしてサイドテーブルに手を伸ばした宏武の腰を掴むと、期待を孕んだ後ろの蕾を舌で撫で上げた。
 それに腰を震わせて宏武はベッドに上半身を埋める。そして手にしたボトルをぎゅっと握りながら、その先を請うような目を向けてきた。

「舌でいじられるのと、突っ込まれるの、どっちがいい?」

「……どっちも」

「欲張りだなぁ宏武は、じゃまずは舌でいじってあげるね」

 期待で瞳を潤ませながら頷くその顔がたまらない。両手で尻たぶを掴んで押し開くと、膨らんで熟れた蕾をたっぷりと唾液を含ませて舐める。舌を奥へとねじ込むように挿し入れれば、すすり泣くような喘ぎ声を漏らし始めた。

 もっともっととねだる声は甘く掠れて、揺れる腰がやたらと色っぽい。先ほどまで見せていた清純さと、蕾をぐちゃぐちゃに汚されているいやらしさのギャップに、心は簡単に持っていかれてしまう。

「宏武それ頂戴。欲しいんでしょ? 足拡げて」

 ベッドの上に仰向けて転がすと、両手に握っているボトルへ手を伸ばした。するとおずおずとそれをこちらに差し出してくる。熱のこもった瞳を見つめながら奪い取るようにそれを掴めば、自ら足を抱えて隠れた秘所をさらした。

「リュウ、挿れて」

「気が早いよ」

「お願い」

 ボトルから流れ出る粘液を手に取って赤く熟れた蕾に塗りたくる。フチをなぞるだけでもたまらないのか、耳に心地いい声が聞こえてきた。奥までじっくりと開いてローションを塗り込めれば、焦れた宏武の腰が先の刺激を望むように揺れ始める。

「ぁっ……んっ、ん」

「指だけでいいの?」

「いやだ、リュウのが、欲しい」

 可愛いおねだりの声に口元が緩んで仕方がない。けれどその先をその口に言わせたくて目を細めた。

「どんな風に?」

「あ、……リュウの、挿れて、中、めちゃくちゃにして、いっぱい汚して、溢れるくらい出して」

「うん、可愛い。いいよ。望むままにめちゃくちゃにしてあげる」

 頬を赤らめてこちらを見る視線に、よく見えるように足を担ぎ上げると、突き刺すように反り立った熱を押し込んだ。その瞬間、中が痙攣して宏武は体液を飛び散らせた。

「……ぁっ、あぁっ!」

「宏武、早すぎるよ。もっと俺を味わって」

 ひくつかせる身体を揺さぶれば、きゅっと小さな蕾が締めつけてくる。それを押し広げるように腰を突き入れて、奥へぶち当てるようにすれば悲鳴のような甘い声が上がった。

 縋りつくようなその声にさらに動きを早めると、もだえるように腰を揺らす。その姿に思わず脆弱な餌を前にする獣のような気分になってしまった。