すべてが欲しい

 普段は真面目で大人しそうな顔をしているのに、性に対して奔放でいつも驚かされる。初めて抱いた時も宏武は俺に足を開いていやらしく腰を振ってきた。その姿に正直言えば自分のコントロールが効かなくなったくらいだ。
 宏武にこんな一面があったのかと、興奮さえしてしまった。けれどそれと共にほかの男の影を感じて苛立ちも覚えた。

 最初から性欲が強くて行為に後ろめたさを感じないタイプも少なくない。しかし宏武はそういうタイプではないと思う。どちらかと言えば、他人に教え込まれて開花した夜の花。
 それを示すように彼の中でカチリとスイッチが切り替わる。オンとオフで別人みたいにその反応を変えた。

「宏武、だらしない口が俺のを零してるよ」

「あ、いや、駄目。もっと、もっと中に出して」

 熱に浮かされたうつろな目はスイッチが入っている証拠。それはまるで催眠術みたいだ。だけど目が覚めるとなにかが抜け落ちたみたいに清廉さを取り戻す。
 一度でいいからその汚れない彼を抱いてみたいと思う。いまの宏武で満足していないわけではないけれど、自分の手で汚してみたい。あの白さを塗りつぶしてみたい。

「あぁっ、リュウ、中、いっぱい」

「宏武に搾り取られっぱなしだよ。ここ、すごいぐちゃぐちゃって、いやらしい音がする。こんなに注いだら、孕んじゃいそうだね」

「んんっ、もっと頂戴、孕ませて」

「可愛いね。俺のがそんなに欲しいの?」

 涙とよだれでぐちゃぐちゃなのに、腰を揺らしてねだる顔がたまらなく可愛い。縋る声が媚薬みたいに染み込んで熱を疼かせる。もっと俺だけの宏武が見たい。俺以外知らない宏武が欲しい。

「本当に催眠術でもかけてあげようか」

「リュウ、イク、イっちゃう! やっ……あっ!」

「どんな宏武が見られるのか、ちょっとゾクゾクしちゃうね。ほら、ちゃんと下の口だけでイッて」

「んっ……んっ、あっぁっ、リュウっ! クル、あぁっ!」

 可愛くて愛おしくてたまらないのに、宏武を抱いていると酷く扱ってしまう。熱情のままに身体を押し開いて、手当たり次第に噛みついて、その身体を征服したい気持ちになる。
 それは多分、彼の中のすべてを上書きしたいからなのかもしれない。無理矢理に刻みつけて、俺以外では反応できないくらいにしてやりたいと思っている。

「ごめんね、宏武」

 いつも彼の意識が飛ぶまで抱き潰してしまう。もっと優しくしてあげたいのに、自分の中に住む獣がそれを許してくれない。食らいついて血肉をすべて引きずり出して、空っぽになったそこに俺を注ぎ込みたい。

「宏武、好きだよ。こんな感情、生まれて初めてなんだ。自分でも持て余す」

 宏武を知らなかった頃はもっと甘ったるい世界にいた。可愛いアキを愛しい愛しいと大事に腕で抱きしめて、ただひたすらに甘い言葉を囁いて、そんなふわふわとした夢心地な世界に浸っていた。
 だけどいまはもうそんな砂糖菓子みたいな甘い感情に浸っていられない。宏武が欲しくて、欲しくて、飢えたように求めてしまう。

「壊しちゃったらどうしよう」

 いつも意識がない宏武を見下ろして、目が覚めなかったらどうしようかと不安になる。大切にしたいのに、ボロボロになるまでその身体に牙を立ててしまう。甘噛みがわからない頭の出来が悪い犬みたいだ。大事なものを夢中で振り回してズタズタにする。

「宏武、好き。宏武、愛してる」

「リュウ?」

「ねぇ、俺を叱ってよ」

「……どうしたんだ?」

 閉じられていたまぶたが開いて、潤んだ黒い瞳で見上げられるといつも胸が押しつぶされそうになる。だけど優しく伸ばしてくれる手が嬉しくて、その気持ちをなだめすかされた。瞬いた瞳が俺を映し込んで、やんわりと微笑むから許された気になってしまう。

「大丈夫?」

「うん、平気だ」

「身体、綺麗にしてあげる。中も掻き出さないと」

「あっ、リュウ、待って」

「また感じちゃう?」

 いつも眠っているあいだにしてあげるから、スイッチの切れた宏武にしてあげるのは初めてだ。
 戸惑うように瞳を揺らして腕に縋りついてくる。それはいままでにない反応で、それを思わずじっと見下ろしてしまう。

 注ぎ込んだものを掻き出すために指を押し込めば、小さく肩が震えて胸元に顔を埋めてくる。なるべく刺激しないように指を動かすけれど、茹で上げられたみたいに耳や首筋まで赤くした。
 漏らす声はか細くて、必死でこらえているのがわかる。どろりと孔から吐き出したものがこぼれ出るたびに、泣きそうな声を上げてしがみつく。

「ごめんね。すぐ終わらせるから」

 これは俺が見たいと思っていた本当の宏武、だろうか。なだめすかすように頬を撫でると、瞳に涙をいっぱい浮かべた顔を持ち上げる。
 揺れる瞳と羞恥で赤らんだ顔がたまらなく欲を誘う。けれどまたスイッチを入れてしまわないように、やんわりと唇を重ねるだけに留めた。

「もういいよ。身体拭いてあげるから待ってて、シーツも取り替えるから」

 恥じらうように目を伏せる宏武は昼間に見せる清純な顔をしていた。その表情に誘われるままに手を伸ばして、噛みついた傷跡を撫でれば上擦った声が漏れる。けれど自分の声に驚いた顔をして宏武は唇を噛みしめる。

「本当に別人みたい」

「え?」

「なんでもないよ。首、ちょっと血が出てる。薬塗ってあげるね」

 ベッドから剥ぎ取ったシーツを丸めて抱えると、口先にキスだけして寝室を出る。ゆっくりと戸を閉めたら、身動きできなくて立ち尽くしてしまった。
 いつもとは違う顔を見て、それを思い出すだけでむずりと熱が膨らんでくる。

 あの宏武が食べたい。そんな感情が湧いてくるけれど、それを振り払うように首を振った。いまはまだ踏み込んでは駄目だ。
 少しずつ、少しずつ近づいていかないと、すぐにスイッチが入ってしまうだろう。それじゃあ意味がない。

「絶対、全部忘れさせる。上書きしてやる」

 だけどこんなことを考えているだなんて知られたら、意識して余計にスイッチが入ってしまいそうだ。
 なにごとも慎重にしなくては。拳を握りしめて意気込むと、抱えたシーツを手に脱衣所に足を向けた。

 シーツは洗濯機に押し込んで洗剤を放り込む。最初の頃は柔軟剤を入れずに洗って宏武に怒られたが、いまは洗濯をするくらいは俺にもできる。
 棚から取り出したタオルを濡らして乾いたものと一緒に用意すると、今度は薬の箱をひっくり返していつも宏武がこっそりと塗っている傷薬を取り出す。

 噛み傷がひどくなることはかなり多いのだが、宏武は手当てをしていることをあまり知られたくないようだった。
 もしかしたら俺が気に病まないようにしているのかもしれない。

「宏武?」

 寝室に戻ると、宏武はタオルケットを引き寄せて横になっていた。眠っているのかと思いそっと傍に寄ったが、近づいた俺の気配に気づいてまぶたを持ち上げる。

「身体、拭くから」

「うん」

 ベッドの端に腰かけてゆっくりとタオルケットを引き下ろすと、しなやかな身体が目に映った。なめらかな白い肌には首筋や鎖骨、胸や腕、太ももにまで赤いうっ血と噛み跡が残っている。
 それの一つずつ確かめながら、汗と体液で汚れた身体を拭いていく。そしてつま先まで綺麗に拭い去ると、傷薬を塗り込めた。

「ごめんね、宏武」

「ん?」

「いつも痛いよね」

「平気だよ。リュウに執着されてるのがわかって、案外嫌じゃないんだ」

 情けなくしょげる俺に宏武は綻ぶように笑った。穏やかで優しい笑顔。そんな風に笑ったらアキに似ているんだろうなってずっと思っていたけれど、その面影はちっとも重ならなかった。
 その笑みを見て思わず唇を寄せてしまう。薄い唇に何度も吸い付き、舌先でその形を辿る。宏武はそれにうっとりと目を細め、両手を伸ばして俺の頬を撫でた。

「リュウ、好きだ」

「俺も好き、宏武が大好き」

「なにか悩んでるみたいだけど、自分はいつだってリュウのことしか考えていない」

「宏武」

 優しい眼差しが俺をまっすぐと見つめる。その目から愛おしい、そんな想いが感じられた。ふいに宏武の気持ちが心に流れ込んできて、自分の勝手な感情を握り潰したくなってくる。
 どんな時だって宏武は俺のことをちゃんとその目に映してくれていた。独占したい気持ちばかりに心を急かされて、それを見落としてしまうところだった。

「宏武、俺は、宏武の全部が欲しい。髪の一筋、涙の一粒も残さないくらい、宏武が欲しいんだ。自分でも苦しくて仕方ない。まだ全部掴めていない気がして、もどかしくて」

「リュウ」

「お願い、こんな俺のこと嫌いにならないで」

「……好きだよ。どんなリュウだって構わない。いまこうして傍にいてくれることが奇跡だって思ってる。飛べない自分に翼を与えてくれたリュウが、誰よりも好きだ。だからもう泣くなよ」

 溢れた涙が宏武の頬にこぼれ落ちる。ボタボタと落ちて柔らかな頬を濡らすけれど、それに少しくすぐったそうな顔をしながら宏武は笑う。そして手のひらで涙を拭ってくれる。

「リュウ、ずっと傍にいて。離れずに傍にいて」

「離れない。絶対に、俺は宏武の傍にいる。誰にも宏武は渡さない。俺は宏武のためにここにいるんだ」

 重たい俺の言葉に少し驚いたように目を瞬かせたけれど、宏武は嬉しそうに瞳を細めた。そして眩しそうに俺を見つめて、好きだって何度も囁いて、引き寄せた俺にキスをくれる。
 触れるだけの小さなキスは胸の痛みを和らげていく。だけど涙だけは降り止まなくて、宏武は声を上げて笑った。

「可愛い」

「馬鹿にしてる?」

「してない。リュウが可愛くて、愛おしいなって思ってるだけ。慣れない場所で一生懸命に頑張るリュウがたまらなく好きだ。そうだ、そろそろちゃんとしたピアノが置ける部屋に引っ越さないか? ここだとリュウは好きな時にピアノを弾けないだろう」

「ううん、いいんだ。ここでいい。俺は宏武と出会ったこの場所でいいよ。ピアノはどこでだって弾ける」

 ここには宏武との思い出がたくさん染みついている。初めてここに来た時のことも、泣きながらここを離れた時のことも、どれも忘れられない。だから離れたくないんだ。
 宏武の持っているピアノでは満足できない俺はここでピアノを弾けないけれど、それでも構わない。だけどそう言ったら、宏武は少し寂しそうに笑った。