穏やかな時間

 その日はいつもよりすっきりと目が覚めた。少しばかり気持ちが先走るようなそんな感覚があったけれど、気分はよかった。寝起きで動きの鈍いまぶたを瞬かせて、目の前を見れば白いうなじが見える。
 いつもなら赤い跡が散っているがいまは真っ白なままだ。誘われるように唇を寄せて、付け根の辺りにきつく吸い付く。本当なら首筋に噛みつきたい気分だけれど、いまはそれを諦めた。

 今日はモーニングコートを仕立て直すために採寸をしてもらう。うっかりその時に噛み痕が見えたら大変だ。
 けれどそんな心配を俺がしているなんて知ったら、フランツにそんなこともできたんですね、って薄笑いされる気がする。
 いつもする時につける俺の噛み痕を見て、DVを疑いましたと真面目な顔をして言われたことがあった。

 最初の頃は宏武も噛み痕を気にして隠していたけれど、慣れてくるとそれが面倒になったのか、平気で襟首の空いた服を着るようになった。そしてそれをフランツに見られることになったわけだ。

 端から見るとあまりにもはっきりとした噛み痕は痛々しく映るようで、ほどほどにしてくださいとフランツに怒られた。まあ、俺でさえ時々宏武に申し訳なくなるくらいだから、それも当然か。

 けれど宏武の白い肌はひどくそそるものがあった。正直言うと見ているだけでもゾクゾクとして興奮を覚えてしまう。
 だからいつも着替えをしている時や風呂に入る時など、その様子をまじまじと見つめる癖がついた。そしてそのたびに湧き上がる噛みつきたい衝動を抑える。それが本当に大変なんだ。

「リュウ、くすぐったい」

 噛みつく代わりにうなじや背中に何度もキスをしていたら、その感触で目を覚ましたのか、宏武が身じろぐ。けれど腕の中から逃れようとする身体を抱き込めば、小さく肩を震わせながら顔を振り向かせる。

 ゆっくりとこちらを向いた黒い瞳は、目を覚ましたばかりでいつもより潤んで見えた。その綺麗な瞳に誘われて、やんわりと目尻に口づける。そしてさらに滑らせて頬に、顎を引き寄せて唇に口づけた。
 まだぼんやりとした様子を見せる宏武は少し色っぽくて、ひどく悪戯心をくすぐられる。

 けれど寝間着の代わりに着ていたバスローブの合わせ目に手を入れたら、目を目開いて俺の顔を見た。まさぐるように手を動かして、胸の尖りをかすめればビクリと身体が跳ねる。

「ちょ、ちょっとリュウ! 朝からなにしてるんだ」

「宏武が色っぽい顔をするのが悪い」

「してない! こら、離せ」

「たまんない、ねぇ、ちょっとだけ」

 抱き込んでいた身体を組み敷いて、俺を突き放そうとする手を掴んでまとめ上げる。無防備になった身体は思わず唇を舐めてしまうほどおいしそうに見えた。

 無理矢理に足を割って開かせると、そのあいだに身体を滑り込ませる。そしてバスローブの隙間から見える胸元に唇を寄せ、乱れた裾から伸びる太ももを撫で上げる。
 舌を這わせて白い肌を撫でれば身体は小さく震え、胸の尖りを撫で転がせば上擦った声が漏れる。それがたまらなくて吸い付くようにしゃぶりついた。

「んっ、リュウ、やめろ」

「ここは全然嫌そうじゃないよ」

 さらに羞恥で赤らんだ顔が見たくて、バスローブの紐を解いて素肌をあらわにさせる。下着を身に着けていない身体に思わずうっとりと目を細めてしまった。けれどそこに唇を寄せる前に部屋の中にブザー音が鳴り響く。
 その音に宏武の身体は反射的に大きく跳ね上がる。そして俺はと言えば、せっかくの楽しみを取り上げられた気分になった。

「フランツ!」

 いつまで経ってものし掛かったまま動かない俺に、宏武が焦れたように大声を上げる。その声は響いて部屋の前に立っている人物にも届いたのだろう。合い鍵を使って部屋の中に侵入してきた。
 ゆっくりとした足取りで近づいてきたその人は、俺の後ろで立ち止まると大きなため息をつく。

「朝からレイプまがいなことはやめてください」

 呆れたようにグリーンアイを細めたフランツは俺を咎めるように見つめる。けれどその言葉に納得のいかない俺はムッとして口を曲げた。

「失礼なことを言うな。恋人同士の営みだ」

「どう見てもレイプ未遂にしか見えませんけどね。桂木氏を離して差し上げなさい」

 肩をすくめるフランツに、渋々宏武から手を離して身体を起こす。すると宏武は慌てたようにバスローブの合わせ目を掴んで引き寄せた。ちょっと乱れた感じがますますそそるが、後ろからきつい視線を向けられているのでその感情は飲み込んだ。

「リュウ、約束の時間は九時ですよ。昨日どうしてもと言うから予定を立てて差し上げたのに、遅刻のあげくに恋人をレイプとか余裕ですね」

「さっきからレイプレイプってうるさいな! ちょっと遅れたくらいで怒らないでよ。まだ九時五分じゃないか」

「私が来なければなにをし始めるつもりでいたんですか? 五分どころではなかったと思いますが」

「ううっ、わかったよ。すぐ準備するから下で待ってて!」

 これ以上ここにいられたらグチグチと文句を言われる。もうしつこいくらいネチネチ言われるんだ。そんなのはたまらないと、俺はベッドから飛び降りて指先を部屋の扉に向けた。じっと見つめ返す俺の顔を見て、フランツは大げさなため息をつく。

「せっかくの休みをゆっくり過ごしたければ急いでください。予定は昨日話した通りです。ラウンジで待っています」

「わかったよ!」

 追い出すように手を振れば、またゆっくりとした足取りでフランツは出て行った。その姿が見えなくなると俺は脱力したようにその場にしゃがみ込んだ。フランツの説教はいつも長いんだ。しかし今日は少し気を使ってくれたのかもしれない。小言も少なめだった。

「宏武ごめん。着替えていく準備をしよう」

「ああ」

 後ろを振り向くとベッドの上の宏武が俺の様子に目を瞬かせている。そういえばあまりフランツとのやり取りを見られることはなかったかもしれない。言い負かされる格好悪いところを見られたが、まあそのうちまた何度でも見られることになるだろう。

「今日はテーラーの工房に行って宏武のモーニングを用意してもらうよ。時間がないから一から仕立ててもらえないけど、既成のものを調整してもらうことになってる。それからランチを食べて、夕方までデートをしよう」

「うん」

「ようやく宏武とゆっくり過ごせるね」

「そうだな」

 やんわりと綻んだ表情を浮かべた宏武にこちらも自然と笑みが浮かぶ。このところ眉間にしわを寄せた宏武の横顔しか見ていなかったから、その顔が可愛くてたまらない。一気に気分がよくなった俺は、クローゼットの服をあれこれ引っ張り出して宏武を着せ替えた。

 フランツの待つラウンジに着いたのはそれから二十分くらい過ぎてから。ちらりと横目で見られて背筋が伸びたが、お小言は言われずそのまま車へと向かうことになった。テーラーの工房は市街地から少し外れた場所にあるようだ。

 恋人のためにならぜひにとグレーテが腕のいい職人を紹介してくれたらしい。工房はいくつもあるが、彼女が勧めるところならば文句の付け所はないだろう。トータルコーディネートもしてくれるようなので、そこ一つでことは足りそうだ。

「お披露目が今回のような小さなお茶会でよかったですね」

「あんまり大きな場所に宏武は連れて行かないよ。宏武は絶対に目を惹くもの」

「確かにそうですね。格好のネタになります」

「リュウ、自分なんかを公にして本当にいいのか?」

「宏武、なんかとか言わない。宏武は最高のパートナーだよ」

 隣で心配げな顔をしている宏武の手を掴むとそれを勢いよく引き寄せる。そして両腕で身体を強く抱きしめた。頬をすり寄せるようにすれば、照れたように目を伏せたのがわかる。なに気ない仕草だけれどそれが初々しくて可愛い。

「パートナーが同性なのも別に珍しいことじゃないし、そこまで気にしなくて平気だよ」

「うん」

「宏武は堂々としていて大丈夫」

 誰が見たって宏武は凜としていて美しい。自分ではまったく意識がないみたいだけれど。しかしこれだけ雰囲気があるのにどうして自分にこんなに無頓着なのだろう。表舞台に立っていたなら多かれ少なかれ賛辞は受けていたはずだ。

 宏武の現役時代はどんな感じだったのかな。賞は獲っていないと言っていたけれど、コンクールに出ていたなら昔の映像とか残っていないのだろうか。もし残っていたら見てみたいな。日本に戻ったらフランツに探してもらおう。

「リュウ、なに笑ってるんだ?」

「ううん、なんでもないよ」

 俺の知らない宏武はどんな音を奏でていたのかな。昔の宏武にも会いたい。昔もいまもこれから先も宏武の全部が欲しい。そんなことを言ったら驚くかな。嫌がられそうだな。それでも空いた隙間はすべて埋めてしまいたいと思う。

「リュウ、宏武、もう少しですよ」

 ホテルを出て一時間半ほどだろうか。窓の外には夏草の揺れる広い草原と羊の群れが広がる。毛刈りを終えた羊はほっそりとしていて、のんびりと草を食んでいる姿になんとなく気も抜ける。

 フランツが運転をする車は細長い小道を走り、石造りの真っ白な家の前で停車した。こんな田舎の町なのに、家の前には車が三台も停まっている。一台は自家用車とおぼしきものだが、残り二台は街からやって来た車だろう。

「ああ! 身体ガチガチ」

 車から降りるとずっと座りっぱなしで硬くなった身体を大いに伸ばして深呼吸をした。ゆったりとした空気が漂うのどかな景色に肩の力も抜けていく。反対側のドアから出てきた宏武も思いきりよく伸びた。

「お疲れ様です。リュウのおかげで少し時間が遅くなりましたので、早くご挨拶しに行きますよ」

「うわぁ、嫌味っぽい」

「最近のリュウは時間にルーズでいけませんね」

 運転席から下りたフランツは満面の笑みを浮かべながらチクチク針を刺してくる。あっさりしていそうな顔なのに、かなり根に持つから後々までうるさいのだ。顔をしかめて舌を出したらため息と共に肩をすくめられた。

「宏武、行こう!」

 俺たちのやり取りを見ながら笑っている宏武の手を取ると、足早に歩き始めたフランツの背中を追いかけた。