初めての夜

 ホテルに帰り着くと部屋に入るなり宏武を捕まえて、貪るような口づけをした。息をつく間も与えないくらい声を飲み込んで、何度も何度も深く唇を合わせる。そして両手で頬を撫で、結ばれた宏武の髪を解いて掬う。さらさらとこぼれる漆黒の髪はほのかな明かりの中でも美しかった。

「リュウ、リュウ、愛してる。お願いだ。いますぐ抱いて、全部リュウで埋め尽くして」

 うわごとみたいに呟く声が掠れて、俺に縋りついてくる。瞳にいっぱい涙をためて、潤んだ黒い瞳はキラキラと輝く。首元に絡められた腕にきつく引き寄せられ、隙間がなくなるくらい身体を寄り添わせた。

「宏武、俺を見て、俺のことだけを考えて」

 熱に浮かされてスイッチが入ってしまわないように何度も意識を引き戻す。そのたびに必死に俺の言葉に従う宏武が可愛かった。
 少し頼りなげな瞳、羞恥に染まる赤い頬。香り立つのはいつものむせ返るような色香ではなく、清廉さを持つ百合の花のような香しさ。
 瞳を離さず身体に滑らせた手で小さなシャツのボタンを外していく。その先を想像した黒い瞳は戸惑うように揺れて伏せられる。けれど口づけをして意識を引き戻した。

「リュウ、待って。自分で、する」

「駄目、余計なことは考えないで、ちゃんと俺を見てて」

「は、恥ずかしい」

「そうだよ、これから恥ずかしいこと、いっぱいするんだよ」

 シャツを肩から滑り落とすと、今度はスラックスに手をかける。ベルトを外しファスナーを下ろすだけで肩を跳ね上げて、宏武は慌てたように身体を引こうとした。
 けれど腰を抱き寄せてまた口先に口づけてあげると、しがみつくように俺のシャツを握りしめてくる。

 なだめるみたいに柔らかな唇をついばんで、ゆっくりとスラックスを引き下ろせば、すらりとした長い脚が外気にさらされた。インナーと下着のみになるとますます頼りなげな瞳で見つめてくる。

「リュウ、いつもみたいにして」

「駄目、いつもみたいにしたら、気持ちいいことにばっかり意識が向いちゃうでしょ」

「だけど」

「今日はおねだり禁止。ちゃんと俺のことだけ見て、俺だけに感じて。いままでの感覚は捨てさせてあげるから」

 前に一度、宏武は抱き合ったあとにひどく悲しげに呟いたことがあった。身体を重ねるのは嫌いではないし、そうすることは好きだけれど、自分が自分じゃないみたいに感じて少し怖くなる。浅ましい自分がすごく嫌だと、涙を浮かべた。
 そんな風に誰が躾けたかなんて想像が容易い。宏武の初めての男だ。なにも知らない身体に男を喜ばせるよう教え込まれた。
 けれど自分もそんな宏武に溺れた一人。散々その宏武を腕に抱いてきた。いまさら恨みをごとを呟くつもりはない。

「宏武はいまから初めてすると思って、俺も初めての宏武を抱くから」

「リュウ」

「俺が全部埋め尽くしてあげる」

 恨み言を呟くつもりはないが、宏武を縛り付ける男を切り刻んで拭い去ってやりたい気持ちにはなる。宏武の足枷を俺が壊してあげたい。宏武の背中にある大きな翼を束縛する黒い影をすべて消し去ってやりたい。

「宏武、愛してる」

「……リュ、ウ」

「宏武、泣いてもいいんだよ。我慢しないで泣いて」

 瞳を潤ませながらそれをこらえようと唇を噛みしめる、そんな宏武のまぶたに口づけをする。ぎゅっとつむられた目尻からは綺麗な雫がこぼれ落ちた。ほろほろとこぼれ落ちる涙は宏武の淡く色づく頬を濡らす。
 ごめん、そんな言葉を紡ごうとする唇を塞いで、薄く開いたその奥に滑り込む。濡れた舌を絡め取って、余計な言葉はすべて食らい尽くしていく。
 それに応えようとする宏武は初めてキスをするみたいに必死で、小さな声を漏らしながらまた涙をこぼす。

「気持ちいい?」

「うん、ドキドキする」

「そう、可愛いね」

 あどけない表情と赤く濡れた唇のギャップにゾクゾクする。やんわりと目を細めて見つめれば、黒曜石の瞳は期待と不安を混ぜた色を浮かべた。その期待に応えるべく、シャツを握る手を解くとその手を引いてベッドへと誘う。

「嫌だったら嫌って言っていいからね」

「……うん」

 ベッドの端に座らせて、見下ろさないように膝をついて顔をのぞき込む。両手を握って見つめれば、緊張をあらわすように瞳が揺れて手に力がこもった。

「怖い?」

「少し、でも平気だ」

「無理しなくていいよ」

「リュウ、キスし、て……あ、ごめん」

「いいよ、いっぱいしてあげる」

 キスをねだったことを咎められるかと思ったのか、少し顔が強ばって目が伏せられる。けれど俺はそんな宏武の言葉に応えるように唇を寄せた。
 目を瞬かせた宏武は少し安心したようにその瞳を和らげる。そしてゆっくりとまぶたを閉じて唇を押し当ててきた。

 羽根が触れるみたいな小さなキスに思わず口元に笑みが浮かんでしまう。――可愛い。することなすことすべて拙くて、初めて見る宏武に胸が高鳴った。
 いままでの宏武が駄目なわけではない。それも宏武の一部だ。しかし宏武自身その自分に戸惑いを感じているのも確かだった。だからそれを少しでも忘れさせてあげたい。

「リュウ、もっと、して」

「キス好き?」

 頬を真っ赤に染めて頷く宏武はいつもよりひどく幼い。けれどいまをやり直しているのだとしたら、それもなんとなくわかる。気持ちは「あの人」に出会う前。そう思えばますます愛おしくなった。

 優しく手のひらで頬を撫でて、指先で耳のフチを撫でて、ゆっくりと唇を合わせる。髪を梳いて引き寄せれば、唇が遠慮がちに吸い付いてきた。そのぎこちないキスに身を任せていると、舌先がペロリと唇を撫でてくる。
 ちろちろと先を求めるように舐められて、唇を開いてそれを受け入れてあげた。そろりと忍び込んでくる舌はやはり遠慮がちで、ひどく気持ちを煽られるけれど求められるままに舌を絡ませる。

「ん、んっ」

 キスに夢中になっている宏武は可愛らしかった。小さく声を漏らしながら一生懸命に舌を合わせてくる。
 時折応えるようにざらざらとする表面を撫でてやれば、肩を震わせて瞳に涙を溜めた。そして次第に身体の熱が高まってきたのか、もじもじと腰を揺らしているのがわかる。
 手を伸ばして下着の上からはっきりと浮かび上がった熱を撫でてやれば、びくりと身体を跳ね上げた。そしてじわりとダークグレーの下着に濃い染みが広がっていく。

「キス気持ちよかった?」

 いまにも泣きそうな顔をする宏武の下着の中に手を差しれて、熱を吐き出したものをやわやわと揉み込んで指先でこすり上げる。するとそれはまたすぐに芯を持ち始めて、それを恥じらうように宏武は目を伏せた。

「いいよ、もっと気持ちよくなって」

「んんっ、……ぁっ……あっ」

「可愛い、もっと声出してもいいよ」

「ぁっん、リュウ、駄目……また出ちゃう」

 硬く張り詰めだした熱をゆっくりと扱けば、腰が小さく揺れ始めた。噛みしめようとする唇に親指を押し込むと、唾液を零しながら宏武は小さな声を漏らす。
 にじみ出す色気と穢れのない眼差しに、誘われるように首筋に噛みついてしまった。
 その痛みがまた引き金を引いたのか、手の中で熱が弾ける。ドクドクと吐き出される熱。長い余韻に浸る宏武の惚ける顔がたまらなくて、気づけば身体をベッドに縫い付けていた。

 少し怯えを含む目は俺をまっすぐに見つめる。それをなだめすかすようにやんわりと唇にキスをして、リップ音を立てながら小さなキスを繰り返す。緊張して力の入った身体を優しく撫でれば、震えるように肩を揺らした。

「大丈夫、一緒に気持ちいいことしよう」

 ぐっしょりと濡れた下着を引き下ろせば、また熱が震え出す。視線だけでも感じるのか、潤んだ瞳をまっすぐと向けてくる。その先が欲しいとねだる瞳を見つめて、濡れそぼった熱を口に含んだ。
 すると熱はすぐに硬さを取り戻し、口の中でそれを主張する。

「あぁっ」

 舌でたっぷりと撫で上げて唇で挟んで扱けば、腰がガクガクと震えた。揺れる腰を掴んで喉奥まで飲み込むと、こらえきれないとばかりに甘い声が上がる。身悶えるようにシーツの上で身体をくねらせる宏武は、三度目の熱を喉の奥に吐き出した。

「……リュ、ウ」

「うん、そろそろこっちも欲しいよね」

 熱い息を吐き出しながら縋るような目をする。その目が可愛くて、思わず口の端を持ち上げて笑ってしまう。そんな俺の笑みに宏武は首筋まで肌を赤くした。
 いつもなら自分から脚を拡げてねだるのに、濡れた瞳で必死に訴えかけてくる。唇が小さく震えていて、それがまたそそられた。投げ出された白い脚を抱え上げると、さらされた蕾に舌を伸ばす。

「んんっぅっ」

 むしゃぶりつくようにそこを舐めると抱えた脚が震える。ビクビクと跳ねる脚を肩にかけて、腰を引き寄せてさらに奥まで味わう。そのたびに上がる声がまたたまらなくて、貪るように内側を暴けばそれだけで身体をひくつかせて果てた。

「中だけでイッたんだ。そんなにここ気持ちいい? 中に入れたらもっとすごいことになりそう」

 いつもより感度がいい。唾液で濡れたそこに指を押し込めて、内側を撫でるように抜き挿しをする。それだけで腹に付きそうな熱からだらだらと先走りがこぼれきた。するとそこはもうローションなど必要ないくらいにドロドロになって、くちゅくちゅと水音が響き始める。

「ぁっ……あぁっ、んん、リュウ、リュウっ」

「イッてもいいよ」

「いや、リュウ、リュウが欲しい」

「……うん、そうだね。俺もさすがにもう限界」

 可愛いおねだりに思わずほっと息をついてしまう。ねだるのは禁止だと言ったが、このままだったら俺のほうが暴発しそうだった。ガチガチになって反り返っていた自分の熱を取り出すと、一呼吸つく間もなく目の前の小さな窄まりに押し込んだ。

「ぁっ、あぁっんっ!」

「宏武イっちゃった? 中すご、い、んっ」

 痙攣するように中がうねって、こらえきれずにそのまま吐き出した。どろりと中を満たしたものでさらに滑りがよくなり、そのまま立て続けに腰を動かす。イキっぱなしになっている宏武はシーツにしがみつき泣きながら喘ぐ。
 けれど身体がガタガタと震えているのに気づいて、慌てて律動を止めれば泣き濡れた瞳がこちらを向いた。

「ごめん、宏武」

「や、だ、やめないで。もっとして」

「大丈夫?」

 浮かんだ涙がほろりとこぼれ落ちるが、小さく頷いた宏武は幼い子供みたいに腕を伸ばす。それに応えるように身体を抱きしめれば、追いすがるように抱きつかれた。きつくしがみつく宏武に、少し息をついて頬を寄せる。

「宏武が望むままにしてあげる。ごめんね我慢させて。いいよ、好きなだけ俺をあげる」

 宏武に染み込んだものを上書きしてしまいたくて、そればかりに囚われていた。そんなに慌てて塗りつぶそうとしなくたって、宏武はいなくなったりしない。
 少しずつ、少しずつでいいんだ。宏武を俺だけのものにするのは。だから望むものはすべて与えてあげよう。その欲しがるその感情も宏武の一部なのだから、受け入れてあげるべきだ。
 ようやく冷静になった自分に、呆れてため息がこぼれてしまった。