溢れるほどの愛おしさ

 首に回された宏武の腕にきつく抱き寄せられる。それと共に繋がりも深くなり、甘く上擦った声が耳に響く。その声に誘われるままに腰を動かせば、そこは少しきついくらいに俺のものを締めつけてくる。それだけで吐き出してしまいそうになるけれど、まだこの身体を味わっていたくてその波を押し止めた。

「宏武、こっち見て」

「ぁっ、リュウっ」

 ボロボロと涙をこぼす宏武は、俺の声にぎゅっと閉じていた瞳を開く。濡れた黒い瞳はいつものような熱っぽさはなく、それどころか羞恥にうち震えている。はくはくと息をする唇が震えて俺の名前を紡ぐと、縋るように口づけられた。
 唇が触れるだけのぶつかるような口づけ。それがまた俺の中にあるなにかをぷつりと焼き切る。貪り尽くすみたいに激しく揺さぶれば、泣き声みたいな喘ぎ声が上がった。それがひどく可愛くて、さらにねだるように突き上げる。

「あっぁっ、んっ、リュウっ、こわ、れちゃう」

「やめる?」

「や、いや、駄目」

「気持ちいい?」

 耳元に囁くように息を吹き込めば、何度も頷きながら肩を震わせた。そして声にならない言葉を表すみたいに宏武の中はうねる。それにはさすがに我慢しきれず、何度目かわからない熱を注ぎ込んでしまった。

「宏武、大丈夫?」

 しがみついていた腕が解けて身体がシーツの上に横たわる。埋めていた熱を引き抜けば、その身体はひくりと震えて力尽きたみたいに動かなくなった。心配になって顔をのぞき込むように身体を寄せると、閉じられていたまぶたがゆっくりと持ち上がる。

「中、掻き出そうか」

「リュウ」

「ん?」

「好き」

 真っ黒い瞳が俺を映し込んでぽつりと小さな言葉を呟く。たったそれだけの言葉がやけに胸に響いてきて、鷲掴まれたみたいに苦しくなる。やんわりと笑みを浮かべた顔が愛おしくなって、なぜだか急に泣けてきた。

「リュウ?」

 俺を見つめた目が見開かれる。そしてまっすぐに手を伸ばされた。触れた手に頬を撫でられて、初めて自分が涙をこぼしていることに気がつく。そうすると込み上がってきたものが止まらなくて、頬に触れる手を掴み、うずくまるように身体を折った。

「宏武」

「リュウ? どうしたんだ?」

「好き、好きだよ。宏武が好きだ」

 掴んだ手を抱き込んで、繰り返し囁いた。何度も何度も繰り返して、その言葉が胸に染み込んでくる。どうしてこんなに愛おしいのだろう。どうしてこんなに胸が苦しくなるんだ。こんな感情いままで知らなかった。
 好きの気持ちが溢れるほどに苦しくなる。心がカラカラに渇いてしまいそうになって、縋りつくように目の前の身体を抱きしめた。

「宏武、宏武、俺だけのものでいて」

 結局は宏武の気持ちよりも自分の気持ちのほうが大きすぎて、それに押しつぶされそうになる。初めて出会った時から心を動かされた。
 あんなに悲しくて寂しくてたまらなかったのに、宏武を一目見た時から惹き寄せられて、隙間が埋められていくような気持ちになった。

 俺のために立ち止まる人は誰もいなかった。それなのにたった一人。宏武だけが立ち止まってくれた。俺のために手を差し伸べてくれた。それだけで俺は救われたんだ。

「もう、リュウだけのものだよ。ずっと、出会った時からずっと、リュウのことしか見えてないんだ」

「宏武、俺は」

「リュウはいまのままでいい。いまのまま愛して。それだけで自分が変われる気がするんだ。全部がリュウで満たされる気がする」

 背中に腕を回されて抱きしめ返してくれる宏武の優しさにますます涙がこぼれた。唯一のものを求めようとする俺に対して、宏武はすべての俺を受け止めようとしてくれる。
 自分の器の小ささを感じてそれがひどく嫌になる。どうして自分には同じことができないのだろう。
 いまも未来も、過去さえ欲しいと願うなら、どんな宏武でも受け止めてあげるべきではないのか。どんな宏武でも愛してあげるべきだろう。

「ごめん宏武」

「なぜ謝るんだ」

「俺は理想ばかりを宏武に押しつけている」

「いまのリュウのままでいいって言っただろ。それに初めての気持ちでリュウに触れてもらえたのは嬉しかった。いつもよりずっとドキドキしたし、いつもよりずっと、その、なんていうか、えっと、感じたし、気持ち、よかった」

 胸元に顔を埋めて小さく呟いた宏武の言葉に、心臓が大きく跳ね上がった気がする。どんどんと早まる鼓動と熱くなる頬。抱きしめる手さえも震えた気がして、思わず深呼吸を繰り返してしまう。そうして先ほどの言葉を何度も心の中で再生する。

「リュ、リュウ? なにか言ってくれよ」

 不安げな声に我に返ると、窺うような眼差しが俺を見上げている。不安をいっぱいためたその視線をまっすぐと見つめ返して、気づけば惹き寄せられるように口づけをしていた。両手で頬を包みながら、たっぷりと唇を味わう。
 うっとり細められた瞳を見つめたまま、何度も深く唇を合わせた。小さな声が漏れ聞こえるのが心地よくて、ねだるように舌先に吸い付く。

「んっ、リュウ」

「宏武、ねぇ、もう一回、してもいい?」

「はぁっ、ぁっ、さっきみたいに、して」

「初めてみたいに?」

 恥じらいを浮かべた瞳で小さく頷かれたら、嫌って言うほど甘やかしたくなる。そっと身体をシーツの上に横たえて、最初からやり直すみたいに身体中にキスをした。
 それだけで宏武の熱は涙をこぼすけれど、俺のものでドロドロになった蕾さえも優しく丁寧に開いていく。
 胸の尖りを舐めしゃぶり、白い肌に紅い花を散らす。時折甘噛みするように首筋を噛んであげると、熱い息と共に甘ったるい声が上がった。

「ぁっ、リュウ、どうしよう」

「ん?」

「こんなに、気持ちいいの、初めてで……おかしく、なりそう」

「いいよ。もっと感じて」

 熱を持て余す宏武は腰をくねらせるけれど、その清純さを含む色気に当てられてペースを狂わされる。いつもだったら色香に飲み込まれて暴走してしまうのに、可愛らしく喘ぐ宏武にかしずく下僕になったような気分。
 足先まで丹念に舐めて、一つ一つ宏武に触れることを願い請うてしまう。

「キスしていい?」

「して、もっとして」

 舌足らずな甘えた声を漏らす宏武は赤い舌をちらつかせながら、俺を指先で引き寄せる。女王さまのおねだりに誘われるままキスをして、砂糖菓子のように甘そうな舌にやんわりと歯を立てた。
 それだけの刺激でもたまらないのか、ひくりと身体を震わせて宏武は波に飲み込まれる。
 溺れるように口づけをして、口元が汚れてベタベタになる頃にはとろんとした瞳で俺を見上げていた。

 その目は熱に溺れているけれど、普段見せるような妖艶さはない。そっと鼻先を寄せると、花が綻ぶみたいな笑みを浮かべた。

「なんだか俺、ひどくいけないことをしてる気分」

「あっ、ぁっ、んんっ、リュウ、奥が、むずむずする」

「欲しくなってきた? 俺もすごく宏武が欲しい」

 身体は成熟した色気があるのに、仕草は幼さを感じさせる初々しさがあった。俺の言葉にこくんと頷いた宏武はその先をねだるみたいに見つめてくる。従順なその反応に思わず口の端が上がってしまう。
 にやつく自分に呆れてしまうが、高揚する気分は抑えられない。

 両脚を抱え上げれば、ぽってりと膨らんだ蕾があらわになる。そこに凶器とも言えそうな筋が浮き立った熱を押し込む。ゆっくりと少しずつ広がっていくそこを見ているだけで息が荒くなっていく。

「はぁっ、宏武の中、熱い」

「んぅっ、リュ、ウ、いつも、より、大きい」

「宏武、いまそういうこと言わないで」

 危うくその言葉だけでイキそうになった。腹の底に力を込めてそれを逃すと、少し咎めるように宏武を見下ろす。するとその視線に涙を浮かべた目で、またとんでもないことを言い出した。

「いいよ、好きにして。リュウの好きにして」

「……っ、後悔しても知らないから」

「あぁっ! あっんっ」

 ギリギリまで引き抜いたものを勢い任せにまた奥まで押し込む。それは最奥までぶち当たったのか、宏武はそれだけでイってしまった。中が危ういほどに痙攣して、内壁がぐにぐにと波打ちながら俺のものを刺激してくる。
 それに一気に持って行かれそうになったが、紛らすように腰を掴んで何度も奥へ熱を打ち付けた。ビクンビクンと跳ねる身体はまたイキっぱなしになっているのか、開いた口から唾液がこぼれ落ちる。

 その頬を上気させて惚ける顔がたまらない。快感に浸って少しうつろになっているのに、与える刺激には何度でも身体を震わせる。

「……ぁっ、ぁんっ、ん、リュウ、気持ち、いい」

「俺も気持ちいいよ」

「もう、変に、んっ、なる」

「宏武、すごく可愛い。もっと見せて。うんと気持ちよくさせてあげるから」

 締まらなくなった口から次々とこぼれ出てくる喘ぎ声が甘くて可愛い。シーツにしがみついて快感にうち震えている姿に、ますます息が荒くなる。
 けれど追い詰めるように腰を動かせば、縋るような目が向けられる。そしてまっすぐに腕が伸ばされて、俺を引き寄せようと指先が腕をかすめた。

「宏武、おいで」

 伸ばされた腕に応えるように両腕を広げ、横たわる身体を胸元に抱き寄せる。きつく抱きしめればしがみつくように首元に腕を回されて、耳に甘い声が吹き込まれた。

「宏武もっと声出して、その声たまんない」

 下から突き上げるたびに切羽詰まった声が上がり、その声にさらに律動を早めてしまう。繋がった部分からはぐちゃぐちゃと粘る音が聞こえ、それがまたお互いの興奮を煽る。

「ぁっ……ん、あっんっ、リュウ、リュウ、もう、駄目」

「いいよ。イキな。俺も中にたっぷり出してあげるから」

 快感を追うように腰を揺らめかせ始めた宏武に律動を合わせると、すぐに身体は高みへと上っていく。それに引きずられるように俺も溶けそうなほど熱い中にすべてを吐き出した。

「気持ちよかった?」

 肩で息をしながら俺にしがみつく身体をぎゅっと強く抱きしめる。こうして余韻を二人で分かち合うのは初めてかもしれない。いつも好き放題に抱き潰してばかりで、こんな風に抱きしめ合ったこともなかった。

「宏武、キスしよう」

 泣きすぎて真っ赤になった目に笑みが浮かんでしまう。まぶたにキスをして、頬にキスをして、待ち望む唇にキスをする。遠慮がちに差し伸ばされる舌に絡みつけば、気持ちよさそうに目を閉じた。
 初めて感じる胸の甘い疼き。それに酔いしれるように何度も口づけを交わした。