その行く先

 これから先、宏武にどれだけのものを与えたら、彼の想いに報いることができるだろう。いつだってまっすぐに俺のことを愛してくれる。俺のためにすべてをさらけ出そうとしてくれる。
 俺の心にたくさんの愛情を注いでくれたから、それはもう伸びやかに大きく育った。この胸の中にある想いを見せることができたら、それも少しは伝わるのに。

 まぶたを持ち上げたら目尻を赤く染めた宏武が眠っていた。すうすうと小さな寝息が聞こえて、まだ熟睡していることがわかる。
 あれから散々抱き合って、お互い眠りに落ちたのは夜が更けた頃だった。もう無理だと宏武がぐずつかなかったら、俺はまだこの身体を飽きることなく抱いていただろう。
 しかしここに帰ってきたのは夕方近くだったから、それから数時間はしていたことになる。自分の性欲の強さには正直驚く。

 アキと一緒にいた頃はここまでひどくなかった気がする。それが愛情の深さの違いだとは思わないが、なぜだか宏武にはそそられてしまう。黙っていてもなんだか色っぽいから、そこに惹かれるのだろうか。
 どちらかと言えばアキは少年のようなあどけなさがあったから、そういう色気や欲からは遠かったのかもしれない。隣にいるだけで充分癒やされた。
 けれど宏武は抱き寄せて腕の中に閉じ込めてしまいたくなる。触れていないと我慢ができない。

 それはきっと誰かに盗られるのが怖いんだ。アキは子供の頃からずっと一緒だったから、自分のものだって意識があった。それにひきかえ宏武は自由な人だ。俺の世界だけではない彼自身の世界を持っている。
 仕事仲間も友人も、俺はほとんど知らない。ふらりとどこかへ行ってしまったら、俺は探し出すことができなくなる。だから少しでも自分の腕の中において安心がしたいんだ。

「可愛い」

 眠る顔を眺めながら、唇を指先でつついたらちゅっと小さく吸い付いてきた。それが可愛くて何度もふにふにと唇をいじってしまう。すると触りすぎたのか、むず痒そうに唸って顔を俺の胸元へ埋めてくる。
 その仕草にまた胸が高鳴って、額やこめかみに何度もキスを落としてしまった。

「宏武、んふふ。可愛いなぁ」

「いつまで寝ているんですか」

「……っ! え?」

 急に自分以外の声が聞こえてきて、肩が跳ね上がるほど驚いてしまった。慌てて後ろへ顔を向ければ、見慣れたグリーンアイが細められている。
 手にしていたタブレットのカバーを閉じると、椅子に座っていたその人はゆっくりと立ち上がった。自分よりも数センチ背の高い彼に見下ろされるとすごく威圧感がある。

「フランツ! なんで部屋に入ってるんだよ!」

「二人揃って何度呼び鈴を鳴らしても出てこないからですよ」

「そ、それはまったく気づかなかった、けど」

「早く起きて支度をしてください。桂木氏の衣装と靴は引き取ってきました。一時間で準備を終わらせるように」

 厳しい視線が突き刺さる。それを受け止めながら時計に目を向けたら、十一時になるところだった。スケジュールを頭の中で思い返して、慌ててベッドから飛び起きる。
 今日は十三時からお茶会が開かれるのだった。ここからグレーテの邸宅まで四十分ほどはかかる。一時間でもかなりギリギリだ。

「桂木氏はしっかりシャワーを浴びさせてくださいね。その色気を振りまかれたら周りはたまったものではありませんよ」

「宏武の寝顔を勝手に見たの!」

 呆れたような声音で紡がれた言葉に、俺は覆い隠すみたいに宏武を抱き寄せてしまった。しかし睨み付けるように視線を向けるが、フランツはため息交じりに肩をすくめるだけだ。さらに威嚇して低く唸れば、腕時計を指し示しトントンと指先で叩かれた。

「ラウンジで待っています」

「あーもう! フランツの馬鹿!」

 後ろ姿に向けて枕を投げたけれど、あっさりと避けられる。そしてさっさと部屋を出て行ってしまった。あとに残された俺は悶々とした感情を募らせる。

「宏武の寝顔は俺のなのに」

「リュウ?」

 苛立ち紛れに布団を叩いていたら宏武が身じろいだ。小さな声に視線を下ろすと、不思議そうな顔をして俺を見上げている。

「ごめん、起こしちゃった」

「いや、いま何時?」

「あ、十一時」

「えっ! 時間っ」

 俺の言葉に目を丸くした宏武は慌てたように身体を起こす。目を瞬かせる宏武はすっかり日常と変わらないけれど、掛け布団が滑り落ちてあらわになった身体は昨日の情事の跡を色濃く残している。
 身体中のうっ血がいつもよりひどい。噛みつき痕がないだけマシなのかもしれないけれど、その分だけ赤い印が身体中に散っている。しかし首筋に残さなかった自分は褒めてもいい。

「とりあえずシャワーを浴びよう。洗ってあげる」

 身体に吐き出したものはすべて掻き出したが、こびりついた体液は拭い切れていない。のんびりもしていられないので、動くのが辛そうな宏武を抱えてシャワールームへと急いだ。
 それから情事の色が抜けきるまでたっぷりとシャワーを浴びて、髪を整え、衣装を着込んで、ラウンジに下りたのは十二時きっかり。つま先から天辺までフランツに目視されて、頷いたその仕草にほっと息を吐いた。

 そしてスピードを少し上げた車はなんとか十三時ちょうどに邸宅に到着をする。その到着を随分と待ちかねていたのだろう屋敷の執事は、玄関先でオロオロと俺たちを待っていた。車を降りるなり慌てた様子で近づいてきて、なにかあったのかと心配していたと真っ白い眉を下げる。

 それを笑みで誤魔化して、到着が遅れたことを詫びた。本当なら三十分くらいは前に到着している予定だったので、心配も当然と言えば当然。茶会はすでに始まっているらしく、ゲストも俺たちを除けばすでに揃っているようだ。

「奥様はあちらでお待ちになっております」

 少し足早にゲストが集まるホールへ通される。夜には会場となるそこは想像以上に広く。いまはテーブルに茶菓子やシャンパングラスが並んでいるが、椅子を並べたら優に百席くらいは用意できそうに見えた。
 そんな広間の一角。入れ替わり立ち替わり人が並んでいるそこに、女主人グレーテがいた。近づく俺の気配に気づいたのか、顔をこちらへ向けて彼女はいつものように優しげに微笑む。

「まあ、リュウ。待ちかねたわよ。主役の到着が遅いからうちのヨーゼフが真っ青になっていたわ」

「すみません、ホテルを出るのに少々時間がかかってしまって」

「そう、それは仕方のないことね」

 言葉を詰まらせる俺にグレーテはやんわりと目を細めた。そしてなにかを探すように視線を泳がせる。その視線の意図にすぐさま気づいた俺は、背に隠れていた宏武を一歩前へと促した。するとブルーの瞳を大きく瞬かせて、グレーテは小さく声を上げる。

「まあ、まあ、あなた。ヒロムではなくて?」

「ミセスグレーテ、宏武のことをご存じなのですか?」

 少女のように目を輝かせるグレーテに、思わず首を傾げてしまった。けれど彼女は宏武から視線を離さずに何度も大きく頷く。

「ええ、もちろんよ! まあ、嬉しいわ。またあなたに会えるなんて。あの頃からちっとも変わらないわ」

 少し興奮したように宏武の両手を掴むと、グレーテはその目に涙をにじませる。しかしその反応に宏武は戸惑ったような表情を浮かべていた。

「ああ、ごめんなさいね。あなたに会ったのはもう十年以上前で、一度きりだもの覚えていないわよね。でも私はあなたのピアノを何度も聴いたわ。演奏会に出ると聞けばどこへだって行ったものよ」

「宏武はそんなに有名だったんですか?」

「そうよ! コンクールの受賞歴がないから知らない方も多いけれど、一度ヒロムのピアノを聴いた人はみんな虜になったものよ。独特のリズム感とそれはもう美しい音色で」

「C’est vrai(セヴレ)! 宏武の音は光の粉をふるうような美しい音で、一度聴くと忘れられないんだ!」

 両手を胸に当てて想いを巡らすグレーテに、思わず勢いのままに声を大きくしてしまった。そんな俺の声に彼女は大きく目を瞬かせていたけれど、我に返って視線を合わせるとふっと目元を和らげて笑う。

「そう、いまでもピアノを弾いているのね。嬉しいわ。もうこの世界には戻らないの?」

 まっすぐとしたグレーテの眼差しに、宏武は少し困ったような笑みを浮かべる。そしてしばらく言葉を探すように目を伏せるけれど、ゆっくりと顔を持ち上げて首を横に振った。

「いまは、好きな人の傍で弾くだけで充分です」

「ヒロムはいまが幸せなのね」

「はい、とても」

 はっきりと、そう答えた宏武にグレーテは浮かべた涙を溢れさせる。けれど傍に控えていた執事が慌ててハンカチを差し出すと、それを目元に当てて涙を拭い、至極優しい笑みを浮かべた。そして宏武を両腕で強く抱きしめる。

「将継のことは残念だったわ。けれど、いまあなたが幸せで、本当によかった」

「ありがとうございます」

 二人はしばらくきつく抱擁を交わした。きっとマサツグと呼ばれた男に想いを寄せているのだろう。彼らの中に残るその人はどんな人物だったのだろうか。同じピアニストなのに、俺はその人のことをよく知らない。

 ピアノを始めたのは三歳の頃。けれど俺が自国の外に初めて出たのはちょうど十年前。もうその時には彼はこの世界にはいなかった。
 母親は日本が好きではなかったし、不幸な亡くなり方をしたので、噂にも上がってこないのだろうと言うことは想像できる。
 偉業は風化してその人の姿はもうここにはない。その名を聞くこともほとんどない。けれど彼は人の記憶の中に根付いている。宏武のパートナーとして。

「リュウ? どうしたんだ?」

「あ、ごめん、少しぼんやりしちゃった。グレーテは?」

「もうほかのゲストのところへ行ったよ」

「そう」

 心配そうに見つめてくる瞳を見つめ返して、そっと手を伸ばし目の前の身体を抱き寄せる。なぜだか急に心の中が真っ暗になった気がした。
 これから先、俺はどこを目指していけばいいのだろう。どこへ向かったらこの焦燥から逃れられるのだろう。絡みつくような影に、身動きができない。

 こんなことで不安になるなんて思わなかった。宏武は幸せだって笑ってくれたのに、どうしてこんなに胸が苦しくなるんだ。どうしてこんなに俺は怯えているんだろう。
 不安と焦りの感情ばかりがぐるぐると渦巻いて、胸の中が真っ黒に焼け焦げてしまいそうだ。立っているのが不思議なくらいに視界がぐにゃりと歪んでいく。