これからもずっと

 人の心を惹きつけて止まない音色。宏武のピアノのあとに弾くのはなかなかのプレッシャーだった。けれど演奏会はその余韻もあってかなり大盛況で幕を下ろした。
 終わったあとは昔からのファンだと言う人たちに囲まれる宏武を救い出して、上手く邸宅を出るのが本当にもう大変で、車に乗って大急ぎで脱出した。

 きちんとグレーテに挨拶ができなかったのは申し訳なかったが、また会える機会はいくらでもあるだろう。久しぶりに人に囲まれた宏武は、緊張のせいかしばらく俺の手を握って離さなかった。
 なんだかそれがすごく可愛くて、車の中でキスを迫ったらフランツに怒られた。

 終演後、宏武を囲んだ人たちは口々にこの世界に戻らないのか、そう何度も問いかけていた。その問いかけに宏武は少し寂しそうに笑いながら、もう戻ることはないと答えた。
 その答えに、もうここは自分の居場所ではない、そんな想いが込められているような気がして、ますます俺は未来への野望を胸に誓ってしまう。

 まだ行ったことのない場所に連れて行きたい。色々な音楽を聴かせてあげたい。そのためにも俺はいままで以上に努力を怠らないようにする。仕事をもっと頑張るし、ピアノの練習だってたくさん、目いっぱい、毎日だって頑張る。

 宏武を言い訳に、少し俺はピアノをおろそかにしていた。それはきっと宏武が望まないことだ。宏武は俺にピアノを続けて欲しいと、俺からピアノを取り上げたくないと泣いた。それを忘れてはいけない。

「リュウ! ちょっと手伝って」

 ぼんやりしていた思考から、宏武の声で我に返る。目を瞬かせていまを確認すると、広々としたリビングに午後の柔らかな陽射しが振り注いでいた。まだ見慣れない室内と手元には中途半端に広げられた食器の数々。
 あれから四ヶ月。季節が秋に移り変わった頃に俺と宏武はあの思い出深い部屋を離れた。新しい家は多分いままでの三倍くらい。広いリビングとダイニング。寝室に書斎にピアノの部屋。
 宏武は広すぎて落ち着かないな、などと言っていたけれど、大きなグランドピアノを見てかなり嬉しそうだった。

「どうしたの、って……宏武、本は引っ越す前にかなり処分したはずだよね?」

「ああ、うん。そうなんだけど」

 声がした書斎を覗いたら床一面に段ボールが広げられていて、その仕分けに宏武が顔をしかめているところだった。元々宏武は持っている本が多かった。仕事の資料や参考書、色々な本がそれはもう山のように。
 けれど前の家を出る時に大半を処分していた。しかし和書に洋書にスコアに、いま目の前にあるこの本の山はどういうことだろう。

「確かに増えてもいいように本棚は大きいのを備え付けたけど。いきなり増えすぎじゃない?」

「わ、悪い。このあいだ本屋に行ったらフェアをやってて、欲しかった本がたくさん入荷してて」

「ふぅん、まあ、いいや。本は俺も読むしね。タイトル順? 作者順?」

「作者で」

「OK! これを片付けたら食事にしよう」

 申し訳なさそうな顔をする宏武に笑みを返せば、少しほっとしたような表情を浮かべた。その顔が可愛かったので今回のことは目をつむろう。
 それにこの段ボール箱に収められている本をすべて収納しても、まだまだ壁面いっぱいの本棚には余裕がある。
 この先また宏武か本を大量に買い込んでも大丈夫なくらいだ。部屋一つ一つに余裕を持たせてよかった。

「宏武、夕飯はなにを食べたい?」

「あ、まだキッチンもそんなに片付いてないだろう? なにか頼もう」

「うーん、そうだね。じゃあさ、ピザにしようよ」

「珍しいな、リュウがそういうの。いいよ、あとで一緒に決めよう」

「うん」

 それから二人で黙々と本の仕分けをして、時折興味を惹かれるものに手を止めたり、ついつい読み込んでしまったり、しんとした中で作業を続けた。けれどそれが三分の二くらい片付いたところで、二人とも腹の虫に負けてしまった。

 壁掛けの時計を見れば三時間くらい過ぎていて、顔を見合わせて頷き合うと本を放り出してリビングに向かう。越してきたばかりでチラシなどはないから、タブレットで検索をしてピザ屋を探す。
 お腹が空いているから一番早く届く店を選んで、Lサイズのクォーターピザを頼むことにした。

「宏武なにか飲む?」

「空腹が紛れるものがいい」

「じゃあ、牛乳があるから、甘いココアとかにしようか」

「ああ、うん、それがいい」

 宏武をソファに残しキッチンへと向かった俺は、真新しい冷蔵庫を覗く。中身はまだほとんど空で、ここに来る途中で買った卵と牛乳、バターくらいしか入っていない。
 荷物が片付いたら買い物に行こうと思っていたが、食パンは買ってあるし朝の分は問題ない。今日は行かなくてもいいだろう。

「ココア、ココア、っと、あった。砂糖はいつもより多めがいいかな」

 ミルクパンに砂糖とココアを入れて、少量の牛乳で練る。ペースト状になったものをまた少しずつ牛乳を増やして伸ばしていく。このひと手間でココアはかなりおいしくなる。
 いままでただ溶かして飲むだけだった宏武は、このココアを飲んだ時は大層感動してくれた。なにをしてあげても素直に喜んでくれるから、宏武相手だと本当にやり甲斐がある。

「宏武、広いの落ち着かない?」

 ココアを作ってリビングに戻ると、宏武はソファの上で膝を抱えて小さくなっていた。以前のソファよりも大きくなったのだからもっとゆったり座ればいいのに、なんだかそれがひどく可愛い。
 ローテーブルにマグカップを置いて、隣に座ったら少し安心したような顔をする。その表情にますますたまらない気持ちにさせられて、思わず肩を抱き寄せて頬に口づけてしまう。

「どうしたんだ、急に」

「ううん、なんでもない。ただ宏武が可愛いなぁって」

「リュウはいつも唐突だな」

 けれどそんな風に言いながらも宏武は至極優しい顔をして笑ってくれる。抱き寄せる手に力を込めれば、もたれるように肩に頭を乗せてくれた。その小さな重みは噛みしめてしまうほどの大きな幸せを俺に与える。

「宏武、俺ね。これからはもっと真面目にピアノに向き合うよ。正直言うと、俺はピアノが弾けなくても宏武の傍にいられたら、それでいいって思ってたんだ。けどそれじゃ駄目だよね。宏武は俺のピアノを愛してくれている。その気持ちに応えるためにも、俺はたくさんピアノを弾かなくちゃ駄目だ。そして宏武を世界に連れて行くんだ」

「リュウ」

「宏武は俺の隣でピアノを弾いてくれるだけでいいよ。その代わりに俺が宏武に世界を見せてあげる。宏武が見るはずだった世界は、俺が連れて行って見せてあげるよ。だから二人で一緒に行こう」

「すごい自信。頼もしいな。リュウなら本当にしてしまいそう」

「俺はあの人には負けないよ。いつかみんなの記憶の中にあるものをすべて塗り替える。宏武の隣は俺だけのものだって、みんながそう思うように」

「そんなこと、考えてたのか」

 俺が持つ対抗心は思いがけないものだったのかもしれない。大きく目を見開いて、宏武は俺の顔をじっと見つめる。そして瞳に涙を浮かべた。けれどそれは悲しい涙ではなくて、きっと嬉しいほうの涙。だって宏武は花が綻ぶみたいな笑顔を浮かべた。

「だからずっと俺の隣で見ていて、俺の音を聴いていて」

「ああ、もちろんだ。ずっとずっと、リュウの傍でリュウのピアノを聴いていたい」

「うん」

「んふふ、そっか」

「なに?」

「だから急にまたスケジュールがいっぱいになったんだな」

 柔らかな笑みを浮かべたまま、おかしそうに目を細めた宏武は腕を伸ばして俺の背中を抱きしめた。ぎゅっとしがみ付くように抱きつかれて、思わず固まったように動けなくなる。少し寂しい思いをさせてしまうだろうか。

「家を空けることが多くなるけど、一緒に行ける時は行こう」

「そうだな。リュウについて行ったらそのうち世界一周できそうだ」

「一緒においしいものも食べようよ」

「それもいいな。なんだか楽しみなことがいっぱいだ」

 胸元にすり寄るように頬を寄せて、背中を握る手に力を込める。そんな些細な仕草にも胸がぎゅっと鷲掴まれる気持ちになるのはどうしてだろう。愛おしさが募って溢れ出すものに溺れてしまいそうだ。

「宏武、キスしたい。顔、上げて」

 ねだるように耳のフチをくすぐれば、埋めていた顔を持ち上げてまっすぐにこちらを見る。相変わらず綺麗な黒い瞳。ゆるりと瞬いて、その瞳の中に俺を映す。
 それだけのことにひどく嬉しくなって、両手を頬に添えて恭しく唇を寄せた。

 やんわりと触れるだけで口元が笑みをかたどって、その先を求めるみたいにまぶたを閉じる。柔らかな唇を優しく食んで、小さなリップ音を立てて味わう。
 キスするだけでこんなに幸せな気持ちになるなんて、初めてだ。

「リュウ、もっとして」

 甘えたようにねだられたら、もう身体はゾクゾクするほど高ぶって、指先に力を込めてしまう。
 きつく引き寄せて、深く唇を合わせてその奥へと忍び込む。それを待ち望んでいた宏武の舌先は俺のものを絡め取り唾液を滴らせた。
 口づけが深くなるほどにしがみつく手に力がこもる。震えてしまいそうなその手に、また愛おしさが増した。

「ねぇ、宏武。俺は宏武を愛するために宏武と出会って、宏武のために生まれ変わろうって思う。俺たちは大きなものを失ってしまったけど、これからの時間いくらでもやり直せるよ。辛い時は手を伸ばして、怖い時は俺にしがみついて。俺は宏武の手を決して離さない」

「……うん、そうだな。まだこれから自分たちはやり直せる」

「そうだよ。二人のためにも、俺たちは幸せにならなくちゃ」

 俺たちは愛した人に死を選ばせてしまった。その罪はこの先一生消えないのかもしれない。けれど俺たちはその分だけ幸せになるべきだ。
 誰よりも幸せになって、遺された命をなによりも輝かせるべきだ。なかったことにしようなんて考えていない。
 愛していたから、愛しているからこそ、すべてを過去にするんだ。

「ねぇ、宏武」

「なに?」

「結婚しようか」

「え?」

 優しく囁いた俺の告白は予想外だったのか、驚きに見開かれた瞳がまん丸になる。それがたまらなく可愛くて、額を合わせてその瞳をのぞき込む。
 俺の言葉を飲み込むのに時間がかかっている宏武は、瞬きを忘れて俺をまっすぐに見つめていた。

「この国を離れるつもりはないから、形だけだけど。どう?」

「……なんて返事を、したらいいんだろう」

「そんなの決まってるでしょ! YESだけだよ」

 じわじわと瞳たまる涙がすごく綺麗だ。それを潤ませて、唇を震わせて、一生懸命に言葉を紡ごうとする。そして極まったように涙を溢れさせると、そっと唇を触れ合わせてきた。

Ouiウィ、喜んで」

「やった! じゃあ、今度の休みは指輪を選びに行こう!」

 俺たちは少しずつ前に進んでいく。いつか過去の思い出を、愛おしい日々だったと語り合えるように。
 そしてこれからもずっと二人で生きていく。毎日が幸せだと笑い合いながら、二人で一緒にピアノを奏でていくんだ。
 その重なり合う音は伸びやかにどこまでも響いていく。二人の明日が輝いていくように。

二つの軌跡/end