死に戻りの皇子は魔法使いの献身でいまを生きる

作者
keyboard_arrow_down

いまを生きる、意味を僕は知りたい
未来で出会ったあなたに会うために

皇帝ユーリル・エルバルト・ウォンオールは建国祭の当日に胸を刺され命を落とす。
しかし死者の門前に佇むユーリルは自身を呼ぶ声に振り向くと、八年前、十七歳まで時間が巻き戻っていた。
生前は体が弱かったはずのユーリルは病名がわかり、特効薬の開発で病気を克服する。
未来とは違ういまを少しずつ知っていく中で、ユーリルは最期の時に自分の名を呼んでくれた人物。
そして時を巻き戻したであろう神獣ドラゴンについて調べ始める。

ユーリルが知った時戻りの真実は意外なもので――

  • remove_red_eye 閲覧
    109
  • chat_bubble_outline コメント
    0
  • favorite_border いいね
    1

目次

詳細情報

カテゴリー
タグ
ページ数
35ページ
文字数
133,281文字
作成日
更新日

コメント一覧

    コメント投稿

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Google利用規約 が適用されます。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.