可惜夜に浮かれ烏と暁の月

作者
keyboard_arrow_down

著:るしるし、はづき
ほんわり一途な妖と頑固で意地っ張りな男前
まったり田舎暮らし
亡き祖父の家を継いで田舎町へとやってきた暁治は祖父、正治の友人だという少年、朱嶺と出会う。
七十二候二十四節気
一年を巡る日常系和風ファンタジー

  • remove_red_eye 閲覧
    44
  • chat_bubble_outline コメント
    0

目次

詳細情報

カテゴリー
タグ
ページ数
75ページ
文字数
232,640文字
作成日
更新日

コメント一覧

    コメント投稿

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Google利用規約 が適用されます。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.